ドコモへのキャリア乗り換えでこんなにも安くなる理由とは?

01-04

au、ソフトバンクからドコモへの乗り換えを考えたことのある人は多いのではないでしょうか。

ドコモの魅力は他のキャリアと比較して取り扱い端末の種類が多いいこと、信頼と安心のブランド力、そして地域を選ばず回線がつながりやすいこと、でしょう。その一方で、ドコモは割引が少なく高い、ショップがいつも混んでいて長時間待たされる、と言ったマイナスのイメージを持つ方もいることでしょう。

しかし、通信キャリア業界はドコモ、au、ソフトバンクの3社で激烈な競争をしている状況にありますから、他社と同等かそれ以上のメリットをユーザーに提供することができなければ、ユーザーを失うことになりますから、携帯電話時代のような殿様商売などしてはいません。

乗り換えた場合には種々のメリットもあり、ドコモ独自の料金体系やキャンペーンを上手に利用すれば他キャリアへの場合よりも安くお得に乗り換えを行うことができます。

ドコモへ乗り換えた場合にどの程度お得になるか、どんなメリットがあるのかをご紹介します。
続きを読む

ソフトバンクでiPhone6sを!みんなに選ばれる3大ポイント

07-02

日本で最初にiPhoneの販売を始めたのがソフトバンクでした。
その後にauがiPhoneの販売を始め、ドコモが最後にiPhone販売に参入して、現在では大手通信キャリア3社のいずれでもiPhoneを購入することができるようになりました。

3社共にiPhoneの購入には特別なキャンペーン、割引などの優遇条件を用意していますが、3社をそれぞれ見て行きますと、各社のスタンスは微妙に異なっています。

ドコモはXperiaに代表されるAndroidスマホにも注力しており、取り扱い端末の機種も3キャリアで最も豊富なこともあって、iPhoneは選択肢の一つと言えるでしょう。

auはiPhoneを重視しているのと同時に自社独自ブランドのAndroidスマホを販売するなど、iPhoneに主点を置きながらAndroidスマホで保管するイメージがあります。

ソフトバンクはiPhoneが主力機種でAndroidはおまけのようなイメージが強いです。実際問題としてiPhoneの販売歴が最も長いキャリアはソフトバンクになりますから、サポートのノウハウも充実しており安心して購入できると言えます。

ソフトバンクでのiPhone6s購入をおすすめする理由を3つ上げて見ました。
続きを読む

iPhoneのラインデータ移行に関する2つの方法と1つの注意

05-01

日常のコミュニケーションにLINEを使っている方は多いものと考えます。電話でコミュニケーションを取ろうとすると、時と場合によっては相手が電話に出られないこともあるでしょう。

またメールの場合はLINEのようなチャットツールであれば相手のメールアドレスを探す、あるいはコピペする手間がかかります。

LINEであれば登録済みのリストから簡単にトークを始める事ができ、電話・メールよりも優れたコミュニケーションツールと言えるでしょう。

実際に街中や通勤電車の中などでLINE画面を開いている人を見かけることも多いです。
LINEはユーザーに取っては必須のツールですが、スマホの機種変更の時にデータの移行を忘れてしまい、後であわてることが多いのも事実です。

特にiPhoneユーザーの場合は新機種が二年に一回発売されること、Sシリーズを含めると毎年新機種が登場することもあって機種変更をする頻度が高いと考えます。
機種変更後にあわてることがないように、LINEのデータ移行方法と注意点をご紹介します。
続きを読む

簡単お得!auからソフトバンク乗り換えをお勧めする3つの理由

01-02

auユーザーの方で他キャリアへの乗り換えを考えた場合、選択肢はドコモとソフトバンクの二択になりますが、どちらが有利だと考えますか?

安定と信頼のドコモに乗り換えるか?積極的にキャンペーンを打っているソフトバンクにするか?選択肢は二つしかありませんが、悩ましい問題です。

もしコストメリットを第一に考えて、できるだけ安くMNPをしたいと思うのならば、ユーザー側の条件にもよりますが、一般的に言ってコストメリットがあるのはソフトバンクになります。

通信キャリア大手3社はいずれも乗り換え転入の場合には、さまざまな特典を付けてユーザー数の拡大を図っていますが、ソフトバンクの場合はキャンペーンの種類、内容共に他キャリアと比較してお得感の高いものとなっています。

実質ゼロ円は政府の指導で廃止の方向へ向かっていますが、限りなくゼロ円に近いレベルでのMNP乗り換えも可能です。
auからソフトバンクに乗り換えることが有利な理由を3つあげてみます。
続きを読む

ドコモユーザー必見!機種変更なら4つもお得になっちゃう!

16-m

ドコモユーザーの方で機種変更を考えている人はMNPで他キャリアに乗り換えるか、それともドコモで継続するかの二つの選択肢があります。

MNP乗り換えの場合は転入した時はそれなりのメリットを得ることができますが、二年後にはメリットがなくなり再度MNPをしなければ転入時と同じ程度のメリットが得られないこともあります。

ドコモユーザーの方はよほどの不満がない限りは、ドコモに留まって同キャリアで機種変更をすることをおすすめします。
その理由は、ドコモは他のキャリアと比較した場合に、長期契約ユーザーをより重視する方針があるからです。

契約期間が長ければ長いほど有利な契約条件を得ることができますから、現在ドコモのユーザーの人は機種変更の時もMNPで転出せずにドコモに留まり、ドコモのユーザー歴を積み上げて行った方がよいです。

ドコモで機種変更をするメリットを4つあげてみますので、ドコモユーザーの方は参考にしてみて下さい。
続きを読む

お得に機種変更!ソフトバンクiPhoneが選ばれる3つの理由

18-01

ソフトバンクはMNPで他キャリアから転入する場合は、割引、キャンペーンが盛りだくさんで他キャリアと比較した場合にお得な印象を持たれている方は多いと思います。

MNPのメリットは転入した時から二年間継続しますが、その後はどうなるでしょう?二年ごとにMNPを繰り返してメリットを取りに行きますか?MNPを経験した方はご存じでしょうが、ショップへ行かないと手続きができないことが面倒な点です。

MNPでソフトバンクに転入した後に不満、不都合がなければ、大半の方はそのまま同じキャリアで機種変更したいと思うでしょう。

MNPは本質的に現在のキャリアに不満があり、その不満を解消するために行うもので、MNPに割引があるのは感謝の気持ちとしての「おまけ」のようなものです。

不満が解消されて安住の地となるキャリアとなれば、それが最善と考えます。
ソフトバンくの場合はiPhoneが主力機種になりますから、ソフトバンクでiPhoneに機種変更する場合のメリットを3つ紹介して行きます。
続きを読む

格安スマホこう使えばホントにお得!徹底比較ランキング5

20-02

格安スマホ、イコールつながらない、動作が遅い、端末の見た目が安っぽい、などの芳しくないイメージがあり、一部のスマホマニア以外には受けが良くない製品でした。

しかし格安SIM事業者が増えるにつれて、回線がつながらない、速度が遅いと言う欠点も解消されつつあります。
またiPhoneがSIMフリーに対応してからSIMフリースマホに対する印象も変わって来たように感じます。

格安スマホは高性能な端末を求めると格安ではなく、ほどほど安スマホになってしまいます。
たとえ端末本体の価格が5万円を超えてしまっても年単位で見れば考えれば十分にメリットはあります。

また格安スマホは各個人のスマホの使い方で選べば、後悔することなく満足の行く買い物とすることができます。
逆に使い方の合わない性能の格安スマホを選択してしまうと、失敗したとの思いしか感じることができず不満の残る結果になります。スマホの使用方法別にお勧めの格安スマホを5機種紹介します。
続きを読む

解約時の手数料を0円に。賢く、お得なMNP術を伝授します!

03-m

MNPで契約している通信キャリアを変えれば、特典が山盛りで、コスト面でのメリットが大きいことは皆さんもご存じのことと考えます。
しかしMNPをすると転出するキャリアではMNP番号発行手数料と解約料、場合によっては端末分割購入代金の一括清算がコストとして必要になります。

またMNPで転入する場合には事務手数料が発生します。
MNP転出にかかる費用が2000円、解約にかかる解約金が9500円、転入先での事務手数料が3000円、これだけで14500円の費用がかかりますから、MNP転入先での割引が相殺されてしまいます。

これらのコストが必要のない方法でMNPを行うか、下取りや割引でこれらのコスト以上のメリットが得られないと、何のためにMNPをしたのか意味不明になってしまいます。
MNPに伴う手数料を0円、若しくはマイナスにする方法をご紹介します。
続きを読む

ガラパゴス携帯からの機種変更、auのおすすめ3機種がこちら

01-01

ガラパゴス携帯、略してガラケーのユーザーはまだ相当数います。理由はさまざまでしょう。
スマホは高いから、難しそうだから、ガラケーの方がコンパクトだから、バッテリーの持ちがいいから、等々。

またガラケーとスマホの二台持ちの人も多いです。
通話はガラケー、メール、ネットはスマホの使い分けをしている方も多く見かけます。しかし二台持ち歩くよりは一台で済ませた方が楽ですし、スマホは難しいことはありません、お子さんからお年寄りまでスマホを使いこなしています。

特にガラケーからスマホに機種変更をする場合には特別なキャンペーン割引をしてスマホへの移行を促進しているキャリアもあります。

auの場合は「スマホチェンジ割」と言うキャンペーン割引を行っており、機種によって異なりますが、62000円から50000円の本体割引が得られます。

機種が限られるとは言ってもかなり大幅な割引額ですから、ガラケーユーザーの方がスマホに機種変更するなら使わないと損なキャンペーンです。スマホチェンジ割で機種変更できる機種を3種類ご紹介します。
続きを読む

5分で分かりやすく解説!ソフトバンクホワイトプランとは

14-m

ソフトバンクの料金プランと聞くと、まず初めに思い浮かべるのが「スマ放題」でしょう。
通信キャリア大手3社横並びで、定額通話し放題+データ定額パックの料金体系を主流としていますから、そう思うのは当然のことだと思います。

通話定額パックが出るまではソフトバンクの料金プランと言えば「ホワイトプラン」のイメージが強かったですが、最近では「スマ放題」の陰に隠れて存在が目立たなくなってしまいました。

中には「ホワイトプランって昔の料金プランでしょ?
もうそんなプランないんじゃないの?」と思っている人もいるでしょう。
ソフトバンクの正規の料金プランとしてホワイトプランはまだ存在していますし、新規にホワイトプランで契約する人、過去にホワイトプランでソフトバンクと契約して、そのまま料金プランを継続しているもいます。

場合によってはスマ放題よりも有利になることもあります。もう一度ホワイトプランを見直して、スマ放題との違いを見て行きましょう。
続きを読む