app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマートフォン スマ放題 新着

スマートフォンとタブレット、似た様で違う賢い使い分け方!

投稿日:

スマートフォンとタブレット、似た様で違う賢い使い分け方!
ここ数年でスマートフォンがかなり普及し、かなりわたしたちの生活に大きな影響を与えたことは言うまでもないでしょう。
また、近年ではスマートフォンに並びタブレットも登場し、持っていない方は逆に少ないのではないのでしょうか。
電車やオフィス、喫茶店などいまではパソコンよりもタブレットを見かけることも多いはず。
ですが、皆さん気になったことはないでしょうか。
スマートフォンとタブレットの違いってなんなのか。
画面の大きさが異なるだけで、扱えるアプリケーションはほとんど同じでしょうし、メールやネットサーフィンあもちろんテレビやニュースなども見ることはできます。
はたして、スマートフォンとタブレットに違いはあるのでしょうか、はたまた使い分け方などあるのでしょうか。
ここまで読んで気になった方も多いはずです。
誰かに聞こうにも、いまさら聞きづらいでしょう。
今回は、いまさら聞けなかったり、聞きづらいスマートフォンとタブレットの違いとその使い分け方をご紹介していこうかと思います。
では、まずご存じの方が多いでしょうがスマートフォンとタブレットについて簡単におさらいをしておきましょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

スマートフォン、タブレットとは

まずは、タブレットからおさらいしていきましょう。
タブレットは、パソコンに近い存在です。
だいぶ前からタッチパネルを搭載したタブレットはありましたが、これが源流ではありません。
いまのタブレットは、言ってしまえば画面が大きく通話ができないスマートフォンといったところでしょうか。
一方、スマートフォンは皆さんもご存じであるように携帯電話です。
昔からある携帯電話が年々進化を遂げ、アプリケーションができたり、ボタンからタッチ操作になったりと進化を遂げてきた電話です。
ともに、タッチ操作を取り入れている共通点はありますが、違う部分ももちろんあります。
たとえば、スマートフォンには電話機能がありますが、タブレットには電話機能はありません。
また、画面サイズも違っており、スマートフォンはいま現在は最大5インチで、タブレットはいま現在は7インチから12インチまで存在いたします。
そして、多くは、スマートフォンとタブレットで同じアプリケーションを使用することができます。

スマートフォンとタブレット、それぞれのメリットとデメリット

互いのメリットとデメリットを把握し、使いこなしていきましょう。
スマートフォンのメリットは携帯性と常時ネット接続があるというこの2点が大きいでしょう。
常に持ち歩けるサイズでありながら、いつでもどこでもネットに繋がっている点は生活で一番活きる可能性があります。
反対にデメリットは当然ユーザーの利用用途によっては画面が小さいことでしょう。
それと、シングルタスクが基本であることでしょう。
複数の処理を同時に行おうと思うとやはり厳しいものがあります。
では、タブレットはどうでしょうか。
メリットは、感覚的な操作と閲覧性でしょう。
携帯性という面では、どうしてもスマートフォンよりは劣るが、パソコンほど大きくもないので持ち歩くことも可能である。
そのため、パソコンと比べると優勢であろう。
感覚的にタッチパネルで操作ができる点はスマートフォンより断然に便利で使いやすいことでしょう。
では、一方でデメリットですが、入力がタッチパネルであることから非効率である点と、利用目的が人によってバラバラであるという点でしょう。
そのため、各メーカーでは外付けキーボードを開発しインプット作業もできるよう、目的に合わせて複数のサイズを販売するなど対応を見せていますね。

賢い使い分け方

スマートフォンとタブレットのそれぞれが得意な領域を把握し利用することが賢い使い方でしょう。
たとえば、簡単に説明してみるとスマートフォン領域はインプットの即効性、タブレット領域であればすぐに参照できるデータストレージや閲覧限定などが得意領域となります。
それぞれの領域を把握し、いくつか便利なアプリや機能を用意することでオーバーラップする領域の穴埋めを行ってやることでそれぞれの得意分野を活かしてやることができます。
まずは、領域やアプリ含めそれぞれの得意分野を意識してデバイスの使い分けを行うことが良いでしょう。
これにプラスして、パソコンのことも考慮してやるとかなり有効的な利用が行うことができます。
また、データの種類で保存先を考えて利用することも賢い使い分けでしょう。
たとえば、メモや音楽であればスマートフォンを利用してやるのがベストでしょう。
動画や本、雑誌などはタブレットを利用するのが良いでしょう。
画像の閲覧はタブレットが最適でしょうが、編集はパソコンで行うなど使い分けができるとより良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
スマートフォン、タブレットそれぞれのメリットとデメリットを把握することでそれぞれの得意分野が見えてきたはずです。
そうすることで、活用するべきシーンも決まってくるはずです。
スマートフォンとタブレットの両方を持っている方は、ぜひ使い分けて活用しましょう。
※タイトル画像:http://goo.gl/cHJj7r

関連記事

ビジネスでも家庭でも使えるアンドロイドタブレット5選
今すぐソフトバンクのスマ放題で通話し放題を楽しんじゃおう!
試して納得!ソフトバンクの新料金が、3倍得する理由

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマートフォン, スマ放題, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.