app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

Android iPhone 格安SIM

スマホの料金が高い理由に隠されてた知らないと損する秘密

投稿日:

スマホを維持する上での料金は高い。
高いからこそ、少しでもお得に運用ができるようにしたい。
そこで節約を考えるわけです。
しかし、実は節約を考えて行なった行動により、かえってスマホの料金を高くしてしまうことだってあります。
今回は節約を考えるのであれば、簡単にでも頭に入れておきたい事柄という内容とともに、スマホの料金が高い理由に隠されてた知らないと損する秘密についてご紹介していきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

格安SIMのプランは使い方を間違えると損をする

月々をお得に維持できる格安SIMでのスマホ運用。
基本料金を、1,000円以下にまで下げることだってできるそうです。
しかし、格安SIMを利用したがために、キャリアで運用していた頃よりもスマホ料金が高くなってしまったということだってあります。
最近では通話機能SIMでも、定額プランにて運用できるようになりはじめ、より運用しやすくなっています。
ただし、どこの会社のSIMが定額プランを利用でき、更にどこで手続きをすれば良いかと言う情報まで調べて、足を運ぶ必要があります。
17-05
会社によってはネット上で契約を行うこともできるようですが、実際にプラン内容などの細かな面まで話しを聞いてから契約をすることがおすすめなので、あまり格安SIM自体の知識に乏しい人の場合はとくに、ネットでの契約はおすすめできません。
そこで、実際に細かなところまで調べた結果、普段行動をする範囲内で契約できる会社はきっと絞られてくることでしょう。
またその絞られてきた会社の中で、スマホのプランを出している会社がヒットすれば良いのですが、現実的にはこれが難しい人もたくさんいて、結局は月額料の安いプランにて契約をしてしまいがちです。
しかしここで注意しておかなければいけないのが、格安SIMにてたとえ月額料を安くしたとしても、月々の通話利用料が多い人なのであれば、キャリア契約にて定額プランで運用した方が安くついたなんてケースも出てくるということです。
格安SIMにて月額料のお得なプランで契約することを考えるのであれば、実際にスマホを使用する使用量も少なくしてこそ節約に繋げることができるケースも多々あるというわことになります。

格安SIMでの契約は問題あり!なケースも

キャリアSIMを利用していた人が急に格安SIMを利用した場合、品質が低下したと感じて、すぐに解約をして他社での契約を行いたいと考えてしまうそうです。
全てのSIMで品質の低下を感じるというものではないそうですが、実際のところ三大キャリアのSIMを利用して三大キャリアの回線を利用する場合、大変良い環境にて通信が行えているのだそうです。
格安SIMを利用した通話の場合、雑音が入ったり、音飛びをしたり、急に切れてしまうなんてことが出てくるケースもあると言われています。
またネットの場合であれば、接続スピードが遅くなったり、急にページが読み込めなくなったりなどの問題が出てくるケースも。
しかしながら、格安SIMも最近では1年縛り契約などを実施しているところもあり、解約を行なう時には解約手数料をとられてしまうケースもあるそうです。
品質面で問題を感じるから他のキャリアに変更したいと考えても、一回ずつ解約手数料の支払いを求められてしまったのでは、もはや三大キャリアで契約をしていた方が良かったということも。
キャリアの選定が難しく、自分に合ったSIMをなかなか見つけられる自信がないという人なのであれば、無難に三大キャリアでの契約をおすすめします。

格安スマホって実際はそんなに安くない?

実は格安スマホって、とっても安いと思われていますが、やはり格安であるからこそ機能面も少し絞られていることが一般的です。
しかし、高額な費用で販売される最新機種は、やはりその価格に見合ったものでなければいけません。
スマホ本体の装飾から、強度や機能の充実に至るまで、あらゆる面において開発費用をかけこだわり抜かれていると言えるでしょう。
13-x
しかしながら、スマホは今や5万円以上の端末が販売されていることも珍しくない世の中で、2万円前後で購入できることも珍しくない格安スマホは、大変お得度が高いように感じます。
ただし、格安スマホを購入する場合は、家電量販店などで端末を購入しなければいけないことで、とくに家電量販店のポイントなどを保有していない人の場合は割引などが実施されにくくなります。
対してキャリア端末であれば、前の機種を下取りに出すなどして高額割引が実施されたり、期間限定の独自の割引サービスが利用できたりと、お得に購入できるケースも目立ちます。
これらをフル活用していくことにより、高額な機種を格安スマホと同等の金額で入手できることだって、珍しくはありません。
このような背景をもとに、必ずしも格安スマホがお得に購入できるかどうかについての判断は、難しくなってくることでしょう。
『キャリア端末だから高い!格安スマホだからお得!』ということは、決して言えないのが現状です。

まとめ

今回は、スマホの料金が高いことで節約を考えた結果、逆効果になることもあるという情報をお届けしました。
格安SIMや格安スマホを利用することで、スマホの維持費を安くできると考えられがちですが、決してそのようなことはないのです。
では今回の『スマホの料金が高い理由に隠されてた知らないと損する秘密』について、簡単に内容を振り返ってみましょう。
◎格安SIMのプランは使い方を間違えると損をする
格安SIMプランを利用したとしても、定額プランを利用しなければ、スマホ利用量の多い人の場合はキャリア契約よりも高額な請求を求められることもあります。
格安SIMを利用しているから、必ずしもスマホの料金が安くなるというものではありません。
◎格安SIMでの契約は問題あり!なケースも
格安SIMは、三大キャリアSIMと比較すると、著しく品質が低下してしまうこともあると言われています。
しかし最近では契約縛りが発生することもあり、頻繁にキャリアの変更を考えるようになるのであれば、三大キャリアで契約をしていた方がお得であると考えることができます。
◎格安スマホって実際はそんなに安くない?
キャリア端末は高く、格安スマホは安いと考えられていますが、必ずしもそんなことはありません。
また高級な機種であるからこその魅力も兼ね備えていますし、キャンペーンなどを利用すれば格安スマホと同等の金額で入手することもできることでしょう。
いかがでしたか?
スマホ事情に詳しい人でなければ、無難にキャリア契約にて節約を考えることがおすすめです。
格安スマホにて契約をしてみたものの、自分の考えていたようなものではなかったと感じても、違約金が発生してしまう契約のもとでは簡単に他社のSIMを利用しにくくなります。
スマホ料金が高いことには理由があり、また本当に節約を考えるのであれば、いかに賢く節約することができるかまで考えた上で、行動にうつすようにしていきましょう。

関連記事

スマホの料金って高い?安く抑える方法ベスト5教えます!
スマホ料金が高い原因は自分?1か月辺りの料金を見直そう
上級者向け。維持費や月額料金が高いスマホランキングTOP3

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-Android, iPhone, 格安SIM

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.