app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマホ 一括0円 新着

「格安」にだまされるな!スマホ購入で損しない3つの知恵

投稿日:

格安スマホというものを、御存知でしょうか?
名前の通り、格安で販売されているスマートフォンになります。
格安と言っても、他製品があまりに高すぎるので、少し安ければ格安に感じるかもしれませんが、実際のところは、全然安くもありません。
スマートフォン販売価格は、現在高すぎるのです。
しかし現在のスマートフォンは、一台あれば何でもできる程の高性能なので、金額相応の商品なのかもしれませんが。。。
それにしても、販売される度に、本体価格にいつも驚きます。
しかし実質0円や、一括0円キャンペーンを実施している店舗が多く、実質は本体価格として設定されている金額を支払うことはありません。
そこで今回は、このような面から考えても、本当に格安スマホが格安と言えるのかについて紹介します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

実は高額な買い物

格安スマホが販売されているのは、主に家電量販店や、小売販売店です。
そもそも格安スマホ端末は、イオンなどの小売販売店が、独自に製造して販売している商品で、性能の面でも、金額に相当している商品なので、一般的に人気を集めているような製品程は、高性能でもありません。
特に最近のスマホでは、高性能のカメラが魅力的ですが、格安スマホのカメラ機能は、性能が他製品よりも劣ります。
そして、まずは機種のみを、購入することになるので、割引などは適用されませんよね。
実質0円や、一括0円スマホが多く販売されて入る中で、スマホだけの購入であれば、当然ながら、0円販売が適用されることは、ありませんね。
そして格安と言われていますが、スマホ端末代金の相場は、だいたい2?3万程度なのです。
金額だけで考えると、なかなかの高額な買い物ですよね。
しかもクレジットカードでの購入の場合であれば、分割支払いも可能ですが、カードを利用しないのであれば、当然一括払いになるわけです。
これは、カナリ痛い出費となります。
ただ、家電量販店のポイントがたくさん貯まっている人であれば、この機会に利用することができるようになるので、実質0円で購入することも可能には、なりますね。
このようにポイントなどの、何も無い状態であれば、格安スマホを購入する方が、他機種を購入するよりも、支払う金額としては、高くなる場合があるのです。
そこで実際にお得な買い物となるのか、見極めることが大切になります。

国内三大キャリアで契約できない

契約に関してですが、気に入った格安スマホがあったので、購入をしたのですが、大三キャリアで契約をしたくなり、キャリアショップへ持ち込んだとします。
キャリアのホームページで見れば、持ち込みOKとの記載があるのですが、いざ持ち込んだところ、契約を結んでくれない場合が、多いようです。
この問題は、よくクレームとしてあがっているようで、頻繁にネット上に書き込まれています。
特に代理店に行くと、「確認してきます。どこのネットに書かれていましたか?」などの質問を繰り返された挙句に、結局契約できないまま終わるようで、時間だけを無駄に使ってしまうような状態になるようです。
こうなると、確かにネットに書き込みたくなる気持ちも、わからなくもありませんよね。
このように、時間の無い時に、普通の契約同様に端末を持ち込んだところで、イライラして帰るだけになるので、あらかじめ契約を行なってくれる店舗であるか、確認をしておく必要がありますね。
そして必ず、電話に出たスタッフの名前を控えておき、その人を目掛けて訪ねていくようにしましょう。

キャッシュバックが無い

スマホの端末を購入するのみであれば、当然ながらキャッシュバックは用意されていません。
そこで、スマホの端末にかかる費用は、全て自分で支払う必要があります。
しかも実質MNP乗り換えとして、SIMカードだけを大三キャリアのものを選んだところで、端末を購入しないことになるので、キャッシュバックは適用されません。
これはMNPの落とし穴とも言えるのですが、MNPは番号そのままで他社製品に機種変更をすることが条件です。
新たに契約をするキャリアで、機種変更をしていないので、もちろんこの条件は満たされていないわけなのです。
となると、スマホ代金は支払う必要があるし、キャッシュバックは受け取ることができないし、損ばかりし続けるような形になります。
よほど気になる端末でもない限り、格安の名前に騙されて購入しないことが、賢いスマホの購入方法です。

最後に

格安スマホについて、少しは理解を深めることができましたでしょうか?
名前だけを見ると、大変お得なように感じるのに、落とし穴だらけですよね。
最近スマホを購入する時によく感じるのですが、もちろん携帯会社も商売なわけですから、落とし穴的な要素が、必ずあるものだなぁと実感します。
携帯は特に、月々の支払いが発生する高額な買い物なので、購入をするときには、まずはデメリット面を把握して、それでもメリットの方が多いように感じるのであれば、購入を考える方が、後悔をせずに購入することができますね。
※タイトル画像:http://goo.gl/8xQySG

関連記事

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマホ, 一括0円, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.