app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au ソフトバンク ドコモ 乗り換え

次はどれ?スマホの乗り換え、絶対おすすめの最新機種!

投稿日:

今では新発売機種が絞り込まれているとは言え、スマホは定期的に新製品が発売され各キャリアで独自の魅力を持ったスマホが次々に発売されています。
ちょうど時期的に2016年の夏モデルが発表され、実機がキャリアショップや家電量販店の店頭に並び始めていますから実機を手に取って見た方やモックに触れたりした方もいるものと思います。
どのキャリアのどのメーカーの機種もそれぞれに魅力的ですが、その中から乗り換えて後悔しない、おすすめ機種を各キャリアごとに紹介します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

ドコモ、Galaxy S7 edge SC-02H

ドコモの夏モデルスマホは5機種で、Xperia、Galaxy、AQUOS、arrows、Disney mobileが発売されました。
どのモデルも気になりますが、その中から一台、と言われればGalaxyのフラッグシップモデルであるS7 edgeかと考えます。
S6 edgeまでは防水機能がなく、防水機能を持つGalaxyはナンバリングシリーズとは別路線で製造されたゴツくて持ちにくい製品しかありませんでした。Galaxy S7 edgeは待望の防水機能が搭載されました。
17-m
またS6 edgeの難点であったバッテリー容量も2600mAhから3600mAhと容量の増加が実現され、スタミナの不安は解消されています。
ディスプレイのサイズはS6の5.1インチから5.5インチへと大型化されましたが、S6よりも幅を狭くし縦長のデザインとしたことで、グリップ感は向上して大型でも手になじんで持ちやすくなりました。
S6 edgeにも搭載されていた急速充電機能が引き続き採用されており、大容量のバッテリーでも110分でフル充電をするができます。
店頭で実機を見たことのある方は誰でも「でかい」と言う印象を持つと思います。
大容量バッテリーを搭載したことで実際「でかくて重い」です。
しかし手に持ってみると違和感なく持つことのできるスマホです。
フィット感はiPhone6sよりも良いと感じられました。大画面でバッテリーを気にせずスマホを使いたい方には一押しの機種です。

au、Qua phone PX

au夏モデルのスマホは7機種、その内、Galaxy、Xperia、AQUOSはドコモと同一機種ですから実質4機種。
その中ではau独自のブランド「Qua」シリーズの二台目となるQua phone PXをおすすめします。
先代のQua phoneと同様にQua tab PXとの同時発売でスマホとタブレットの連携が簡単に実行できるようになっています。
Qua phone PXとQua tab PXはカラーも同じ3色展開でスマホとタブレットをお揃いのカラーで楽しむことも可能です。
07-02
Qua phone PXのカメラ機能は画素数1,610万で、マニュアル撮影も可能、Qua tab PXとの写真データの連携ができます。
ディスプレイサイズは5.2インチと大型の部類に入りますが、本体の厚さは7.5mmと薄く、重量も5インチ超のスマホでは軽量の127kgで、サイズの割には持ちやすい製品です。
薄型軽量である半面バッテリーは3000mAhの大容量でスタミナは十分、また急速充電にも対応しています。
Qua phoneのシリーズは決してフラッグシップの端末ではなく、どちらかと言えばミドルレンジに位置づけられる製品でコストパフォーマンスを重視しています。
現時点では価格は未定ですがフラッグシップ端末のような8万円台の価格よりはかなり下の水準になるものと思われます。

ソフトバンク

ソフトバンクの夏モデルスマホは機種を絞って3機種です。Xperia、AQUOS、DIGNOですが、ドコモ、auでも発売されているXperia Xを紹介します。
と言うのも端末の完成度と言う点で、どこのキャリアで買っても後悔しない端末であり、外すことのできない機種だからです。
冬春モデルで登場したZ5 premiumは4K対応スマホがウリでしたがXperia Xは4K対応ではありませんが、カメラはZ5と同等の2300万画素、フロントカメラも1320万画素と、現在発売されているスマホの中ではトップクラスの高性能で、一眼レフデジカメと比較しても遜色のないレベルです。
07-03
サウンドはSONY製スマホ独自のハイレゾオーディオ対応で音や画像に拘る人には最適な機種と言えます。
更に特徴的なのがバッテリーで、通常スマホのバッテリーは上手に使った場合で二年が寿命と言われていますが、この機種に搭載されているバッテリーは二年を超えて使用しても劣化がしにくいとされています。
このスマホも急速充電対応ですが、特筆すべきは急速充電の時間が45分で済むことです。
充電時間が45分で済むならば、朝起きてバッテリー残量がないことに気がついても、出かけるまでに充電を済ませることができます。

まとめ

大手キャリア3社の中から1台ずつおすすめ機種をご紹介しましたが、その他にも各キャリア共通で販売しているiPhone SEをおすすめしたいところです。
発売以来相当の期間が経過しているのに在庫が入荷しないと言う困った状況にありますが、コストパフォーマンスでは最強のスマホと言えます。
ディスプレイサイズは4インチと今では小型の部類になってしまいますが、ユーザーの手の大きさや性別に関係なく使えるのが一番の特徴ですし価格が安いからと言って機能面での妥協はありません。
どのキャリアでも販売していてしかも各キャリア共に iPhone購入特典が付いてきます。在庫に問題がなければ真っ先におすすめしたい機種ですが、いつ入荷するかもわかりませんし、入荷量が少ないのか、入荷しても数日でなくなってしますので、今回のおすすめからは除外しました。

関連記事

意外と簡単!他社乗り換えでいつでもスマホ最安値運用!
ソフトバンクにスマホ乗り換えで、一番お得に契約するための10ルール
3月が本当の最後!プロ乞食が教える、ソフトバンクにスマホに乗り換え前に絶対に確認すべき10ポイント

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, ソフトバンク, ドコモ, 乗り換え

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.