スマホって高い!?いえいえ スマホ料金が安くなる裏技5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

「スマホ料金が高くて…」と困っていらっしゃる方は多いと思います。
事実、スマホ料金の高さを懸念して日本政府側からも是正指導が入りましたよね。

では、スマホ料金は「高いもの」と思って諦めて使うべきなのでしょうか?
いえいえ、ちょっとしたことでスマホ料金は安くできます。

今回は、そんな高いスマホ料金を安く抑える裏技を5つご紹介します。
少しでもスマホ料金を抑えて、お得なスマホライフを送るきっかけとしていただけたら、うれしいです。

1. 料金プランを見直す

ショップで言われるままにとりあえず料金プランを決めたという方、その料金プランは本当に今のご自分の使い方に合っていますか?

ドキッとした方は、もしかしたら変更することでスマホの利用料金が安くできるかもしれません。
現在の一般的なスマホ料金プランは、以下のような構成になっています。

(1)基本料金(かけ放題プラン含む)
(2)データ通信サービス(通信容量)・データ通信基本料金(各社税込¥324)
(3)オプションサービス(端末の保証サービスなど)
(4)料金割引サービス(固定インターネット回線との連携サービスや月々値引)

まず(1)と(2)についてですが、この2つは各キャリアで複合して設定していることが多いです。
最初に、電話を1ヶ月に何回かけるか、1回の通話で何分話すかを振り返り、かけ放題プランにするかしないかを検討しましょう。

ここを見直して、かけ放題プランの基本料より月々の電話代の方が安ければ、かけ放題プランを廃止した方がスマホ料金を安くできます。

11-01

ただし、通話時間は短いけれど電話する回数が多いという方は、かけ放題のライトプランがおすすめです。
5分以内の通話であれば定額料金の範囲におさまるからです。

次に、データ通信をどれだけ行っているか確認しましょう。
各キャリアで料金お知らせアプリが用意されているので、そこから毎月の通信量を調べることができます。
直近半年間の通信量を平均した容量が、おすすめの通信容量です。

(3)は、スマホが故障した時に保証してくれるサービス(以下修理保証)や購入時に加入が必須だった有料コンテンツを指します。
修理保証は万が一に備えて加入を続けておいた方が無難ですが、有料コンテンツは料金を割高にしている原因と言えますので、使っていなければ解約しましょう。

その分だけでも安く抑えられます。ただし、一部の有料コンテンツは解約によって端末割引額を減らしてしまう場合があるので、ショップにて料金診断してもらった上で解約検討することをおすすめします。
なお、(4)については3.および4. にて説明します。

大手キャリア3社の料金お知らせアプリは、以下の3つです。
これらのアプリからも料金プランやオプションサービスの変更ができますので、ぜひインストールしておきましょう。

My docomoアプリ https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/appli/index.html
My Softbank プラス http://www.softbank.jp/mobile/service/mysoftbank-plus/
auお客様サポートアプリ http://cs.kddi.com/support/apuri/pr/

2. IP電話を使う

スマホは通信料金も高いですが、通話料も気になるところですよね。スマホでは、キャリアの回線を使った通常の電話だけでなく、インターネット回線を使ったIP電話ができるという大きな特徴があります。

IP電話は通常の携帯電話通話料よりも割安になっており、これを利用することで通話料を安く抑えることができます。
また、SkypeやLINEなどではアカウントを持っている人同士の通話料が無料となっていますから、さらに安く抑えられます。

ただし、IP電話で電話する場合は以下の3点に注意が必要です。
(1)現在の携帯番号とは異なる電話番号を取得しないと利用できない場合がある
(2)通話品質は一般的な電話より不安定になりやすい
(3)災害など緊急時には、回線パンク防止のため使用を避けた方がよい

3. ご家庭のインターネットを見直す

現在、あなたのご家庭ではどのインターネット回線をご利用ですか?昔契約してから変えていない…という方は、これも見直すとスマホ料金も安くすることができます。

現在、大手キャリア3社ではそれぞれ光回線プランを提供しており、スマホのキャリアと光回線の契約会社を同一にするとスマホ料金を割引してくれるサービスがあります。

06-01

ドコモとソフトバンクは対象回線が1つのみ(それぞれドコモ光・Softbank光のみ)ですが、auの場合は、自社回線の他に地域の電力会社より提供されている光回線や、ケーブルテレビ会社のインターネット回線でも適用対象としています。

皆さんが加入されているケーブルテレビ回線もしくは地元のケーブルテレビ回線が対象となっているか、確認してみるとよいでしょう。
auの料金割引サービスが適用される回線は、以下のとおりです。
(ただし、ケーブルテレビ会社は一部抜粋)
・auひかり ・auひかりちゅら ・コミュファ光 ・eo光 ・Pikara
・MEGA EGG ・BBIQ ・J:COM各社 ・UQ WiMAX(ルーター)

なお、割引額については各社以下のようになっています。
料金プランに応じて割引額が変わるキャリアもありますので、その点を注意しながら見ていただければと思います。

ドコモ https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/
ソフトバンク http://www.softbank.jp/ybb/special/setwaribiki-03/
au http://www.au.kddi.com/mobile/charge/usage-fee-discount/smartvalue/

4. 料金サポートが入っている端末へ機種変更する

これまでは、現在お使いの端末をそのまま利用する前提でスマホ料金を安く抑える方法をご紹介してきましたが、ここでは機種変更することでスマホ料金を安く抑える方法をご紹介します。

それは、スマホの購入代を実質的に安くする目的で作られた、月々の値引制度を活用する方法です。
月々値引の制度は、実は端末を一括購入しても利用できます。

一般的には端末を分割で買っても一括で買っても2年間の総負担額は変わらないとされていますが、時々ショップの販促企画によって端末の一括購入価格がグッと下がることがあります。

このタイミングが狙い目です。ここで端末を一括購入し、月々値引をスマホの利用料金に充てれば、最大2年間安く運用することができるのです。

現在のスマホの割賦代金が残っているとその分も加算されてしまうので負担が増えてしまいますが、スマホの端末代を払いきっている方にとっては利用しやすい方法です。

5. 格安SIMキャリアへ乗り換える

最近では少しずつ市民権を得てきた「格安SIM」。大手キャリアとは異なり、自社で基地局を持たない分、利用料金を安く設定しています。この格安SIMキャリアへ乗り換える方法も、スマホ料金を安く抑える方法の1つです。

登場初期は、データ通信のみのプランしかありませんでしたが、SMS付きプランや音声通話プランも登場し、現在では定額通話のプランもあります。

MNPも音声通話プランであればほとんどの格安SIMキャリアで可能となっていますから、電話番号はそのままで乗り換えできます。

ただし、これまで使っていたキャリアメールのアドレスは使えなくなります。
乗り換え前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアカウントを作っておき、ご家族・ご友人にあらかじめお知らせしておきましょう。

まとめ

今回ご紹介した裏技は、正直な話をすれば「劇的に料金が安くなる方法」とは言えません。
しかし、今回ご紹介したような「ちょっとした工夫」で、高いと思われがちなスマホ料金は安く抑えることができます。

これまで「スマホ料金が高い」と思っていた方は、もしかしたら使い方が設定プランに見合っていなかったのかもしれません。
その状態をあきらめて放置しておくのは、もったいないです。
これを機にスマホの料金プランや使い方を見直してみては、いかがでしょうか。

関連記事

どんどんあがっていくスマホ料金、安く抑える要点5つをご紹介
なるべく安く!スマホの料金プランを見直すポイント5つ
知りたい情報がわかる!スマホ料金を1円でも安くする方法

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket