app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

SIMフリー wifi スマホの料金 格安SIM

どんどんあがっていくスマホ料金、安く抑える要点5つをご紹介

投稿日:

スマホユーザーに共通した悩みの種が、毎月の通信料金です。
ガラケーを使っていた時には通信料金など、それほど気にはならなかったのに、スマホに変えてから毎月の通信料金が高いなあと感じていることと思います。
正論を言えばスマホは大量かつ大容量のデータを使用するので、ガラケーと比べて料金が高くなるのは仕方のないことです。仕方がないこととはいえ、何もせずに高額なスマホ料金を払い続けるのはもったいないことです。
いくつかの方法でスマホ料金は安くすることができます。スマホ料金が高いと不満を持たれているなら、これから紹介する方法を試してみて下さい。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.スマホ料金プランの見直し

スマホ料金の体系は、通話料金+データ料金+オプション料金の合計になります。
このオプション料金が曲者です。あれば便利だから、ショップで勧められたから、などと言う理由で加入してみたものの、使っていないオプション、めったに使用しないオプションはありませんか?
特にショップで契約された方は、「後で外せばよいから」と強制的に加入させられたオプションが残っていませんか?
この種のオプションは意外に解約を忘れてしまうものです。
たかが数百円のオプションとは言え、毎月課金されていますから年間では結構な金額になります。
オプションの中に使用頻度の低いもの、なくても困らないものがあれば利用を停止してみましょう。

2.通話料金の見直し

最近スマホを購入した方は通話料金定額パックに強制加入となっていますから、通話料金を下げることはできませんし、逆に通話を使わないと損なのですが、そうでない方は通話料金を節約してみましょう。
03-01
キャリアの通話料金よりも安い料金で通話が可能な方法がいくつかあります。
料金的におとく度が高い方法は、IP電話です。IP電話はオフィスの通信費削減にも使用されており、コストパフォーマンスに優れた通話手段です。
050に代表されるサービスですが、050の場合は電話番号が変わってしまうのが難点です。
電話番号が変わることなく使用できるIP電話サービスもありますから、通話機能をよく使用される方はIP電話やLINE電話、スカイプなどの使用を考えてみましょう。

3.スマホのパケット料金の見直し

スマホ料金の通話料金と並んで大きな比重を占めるのがパケット料金(データ通信料金)です。
定額料金プランにされている方も、そうでない方もパケット料金を見直してみましょう。
ご自宅にWiFi環境がない場合は、WiMaxなどのWiFi契約を検討してみましょう。
月定額で買い放題のWiFiサービスもありますから、WiFi回線を使用すればキャリア回線の使用頻度が下がります。
03-02
その結果パケットの使用量が下がりますから通信料金は安くなります。
特にパケット定額プランの方は、WiFi利用後のご自分のパケット使用料を確認して、加入しているプランが過大であるなら、少容量のプランに変更することで通信料金を下げることができます。
またWiFiを使用しない場合でも過大な定額プランに加入していることもありますから、毎月の通信料金の内訳を確認しましょう。
動画やゲームを頻繁に使用しなければ5GBで十分とも言われています。

4.割引プラン、キャンペーンを利用する

各通信キャリアでさまざまな料金割引サービスが提供されています。
どのキャリアでも同じ内容の割引プランが用意されていますから、条件が合えば申し込んでみましょう。
ご家族に同じキャリアのスマホを使用している方がいれば「家族割引」が適用できます。
キャリアの光回線をご自宅で使用していれば、光回線との「セット割引」、利用者かご家族に25歳未満の方がいれば学割が適用されるなど、キャリアを問わずに割引サービスが適用されます。

5.格安SIMへの変更

「キャリアに拘りはない、とにかく通信料金を安くしたい」とお考えの方にお勧めなのは、格安SIMにキャリアを変えてしまうことです。
通信料金を安くする究極の手段と言えるでしょう。
大手3キャリアの料金プランは、どこも各社横並び、割引サービスもほぼ同じですが、格安SIMは各社ごとに料金、サービス内容が異なります。
05-05
通話とパケットが別体系になっていますから、通話プランなしでパケットのみでも契約ができ、大手キャリアとの比較では劇的に安い料金でスマホを使用することができます。
ただし格安SIMは大手キャリアのような手厚いサポートはありませんし、スマホの種類によっては機能が制限されることもありますから、SIMフリースマホと格安SIMの特性を十分に理解した上で実行しましょう。

まとめ

スマホ料金を安くする方法をいくつかあげてみましたが、スマホの料金プランを最初に決める時は、概して過大なプランにしやすいものです。
容量を超過したら困る、付帯サービスもあった方が安心、と思って過大な料金プランにしてしまいがちです。
料金が高いと思いながらも我慢して使い続けるのが普通かと思います。
ただし今回ご紹介したように、料金を下げる方法はいくつもありますから、これを機会にご自分の料金プランを見直してみたらいかがでしょう。

関連記事

スマホ料金下げるなら!これは外せない節約ポイント5選
気になる毎月のスマホ料金に!節約効果ランキングベスト3
下げるぞ!ドコモスマホ料金プラン比較!使い方5パターン

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-SIMフリー, wifi, スマホの料金, 格安SIM

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.