app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

wifi スマホ 一括0円 新着

上級者向け。維持費や月額料金が高いスマホランキングTOP3

投稿日:

上級者向け。維持費や月額料金が高いスマホランキングTOP3
スマートフォンをどのように使うのか。使い方は、人それぞれだと思います。スマートフォンそのものの性質もそれぞれ違います。またスマートフォンに保存しておけるデータの量も、スマートフォンによって違いがあります。
違いがあるのは、スマートフォンだけではなくもちろん月々の利用料金も違いがあります。自分のニーズに合ったスマートフォンを選び、料金を抑えることが出来れば嬉しいですよね。維持費が高くなってしまうスマホとは。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

大容量のiPhone

発売前から新型に関するたくさんの噂がネットなどで出回り、発表されると話題になるiPhone。発売日前日から大行列となり、発売日当日の携帯ショップは大盛り上がりです。主要キャリアと言われている、ソフトバンク、au、docomoすべてから発売されていて発売元のAppleからもSIMフリーiPhoneまで発売されます。
そんなiPhoneですが、見た目が同じでも容量に違いがあります。iPhoneに保存できる容量が大きいほど、料金も高くなります。スマホの中に保存したいデータ量がどの程度なのか、意識しておく事が大切です。必要が無いのに大容量を買ってしまえば、スマホの料金が高くなってしまうだけなのです。
今発売されているiPhoneの中で最新モデルがiPhone6とiPhonePlusです。これらのスマホの容量は、16GB、64GB、128GBの中から選べます。スマホに入っているデータ量によってどの容量を選ぶか決める必要があります。
スマホに入っているデータは、電話帳や写真、動画などさまざまです。またスマホの特徴であるアプリも、容量に関係してきます。またアップデートを繰り返すアプリは、そのたびに容量が大きくなっていく場合がほとんど。空き容量がなければアップデートが行えない可能性もあります。
こういった点も考慮して、自分に合った容量を選ぶ事が大切です。特にiPhoneは3社すべてから発売されていて、対象となるキャンペーンも豊富。高いと感じないように、キャンペーンを活用する事も大切です。

ドコモの夏モデル

夏になると、新しいスマホがそれぞれのキャリアから発売されました。夏モデルのスマホは、高性能なものが多く発売されています。Xperiaなどは3社すべてから同じモデルが発売されていますが、基本の価格設定に違いがあるようです。
ドコモのスマホは、端末料金が高いと言った意見が多いです。同じシリーズのスマホを比較してみても、10,000円ほど高い場合があります。Xperiaの夏モデルのスマホを機種変更で購入する場合の支払総額は、ドコモの場合93,312円、auだと84,240円となっていてドコモの料金が高いです。
こうした点から、ドコモのスマホは料金が高いと言われてしまうことが増えています。しかしこの料金は、キャンペーンを何も利用しなかった場合の料金です。スマホを対象にした割引キャンペーンで、料金を下げる事が出来ます。

ソフトバンクのAQUOS CRYSTAL 2

ソフトバンクから発売されているAQUOS CRYSTAL。前作も大きな話題となっており、この夏発売されたAQUOS CRYSTAL2も話題となっています。
しかし新作だからこそ、料金は高くなっています。支払い総額は10万円に届かないほどの金額。総額を比較してみると、スマホの中でも高い料金設定となっています。

キャンペーンを使って料金を下げる

多くの場合、スマホの支払いは分割になっていると思います。スマホを購入した際に、その場で何の支払いもせずにお店を出れるのは、スマホの端末料金も毎月の通信料と共に支払いをしていくからです。
分割での支払いの場合、2年間で支払いをすることがほとんどだと思います。それは契約プランも、最低でも2年間利用するものがほとんどだからです。スマホの契約プランは2年縛りという言葉が生まれてしまうほどで、2年間使う事が条件となり安くなっている場合が多いです。
2年間のスマホの支払いは、月々サポートやキャンペーンによって割引された金額となります。スマホの総支払い金額を見ると、高いと感じてしまう人もほとんどだと思います。しかし分割での支払い、キャンペーンの活用によって料金を抑えることは可能です。

一括0円と実質0円

スマホは高いイメージがあるのも事実ですが、店舗ごとにさまざまなサービスが実施されています。携帯ショップの店頭で実質0円や一括0円と掲げられているものを、見た事ある人も多いのでは。ちょうど新しいスマホの購入を検討していたのであれば、店舗で行われているキャンペーンはより魅力的に写りますよね。
この際に注意しておきたいのは、本当にお得なのは一括0円という表記だと言う事です。実質0円の場合は、0円でスマホを購入するための条件がある場合がほとんど。2年間の契約プランに入るので、解約する際は高い解約金が発生してしまいます。
0円と表記されているのであれば実質ではなく、一括0円を選ぶようにしましょう。高いスマホも、少しお得になるのでは。
高いと感じるスマホの料金。毎月少しずつ工夫する事によって、料金を抑えることが出来るのではないでしょうか。スマホを購入する際には、乗り換えや機種変更によって料金に違いがないかなど、チェックしておくと安心です。
※タイトル画像: http://goo.gl/Lo0Qto

関連記事

月額料金で決める!iPhoneがお得なのはここ!おすすめ3選
Wifiを使った通信料節約術。Wifiスポット契約でもっと節約
目指せ月々5000円未満!携帯料金を安くする5つのポイント

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-wifi, スマホ, 一括0円, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.