SIMフリー端末と呼ばれるスマホを御存知でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

『SIMフリー端末?そんなに難しいこと言われてもわからない。』
そのように思う人もたくさんいることでしょう。

実はこのなんだかよくわからないと思われがちなSIMフリー端末を使用することにより、とってもお得にスマホを維持できるようになるんですよ。
今回はスマホユーザーにおすすめの新常識!SIMフリー端末でお得にスマホを維持できる方法についてご紹介していきます。

スマホの新常識(SIMフリー版)1:SIMフリー端末はとっても安い?

iPhoneのSIMフリー端末は、キャリア端末と比較すると高い。
しかし、これは有名ブランドであるapple社が出している商品だからと言えるでしょう。

SIMフリー端末は、三大キャリアの端末よりも、たくさんのキャリアの中から自分で選んで契約を行うことができるという、自由さがあるのです。
その為、スマホの知識に富んだ人からすると、SIMフリー端末の方がスマホでできることの範囲も広がることでしょう。

ちなみにSIMフリー端末には、上記のように高値で販売されているものもあれば、この逆で有名ブランドのスマホを購入するよりもとってもお得に購入ができる、格安で販売されている格安スマホと呼ばれるスマホもあります。

スマホの販売価格は、今や5万円をくだらない時代!
しかし、格安スマホであれば、1万円や2万円で新しいスマホを購入することができるんです。

格安スマホと呼ばれるものは、国内三大キャリアで取り扱われている商品とは異なり、大手ショッピングモールを運営するイオンなどの、小売販売店などで取り扱われているスマホを指します。17-05

格安スマホと呼ばれるスマホを販売する業者は、まだまだスマホ含む携帯の取り扱いを開始してからの期間が短く、スマホの端末名称を耳にしても『そんなスマホあるの?』と思われてしまうことも少なくはありません。
スマホの名称に至る浸透率も、国内三大キャリアで販売されているスマホよりは低くなってしまいます。

しかし、格安スマホは安い機種であるにも関わらず、価格以上の働きをしてくれる機種が多いため、スマホのヘビーユーザーでもなければ、この機種で十分であると話す人もたくさんいるほどです。

一部を除けば、大変お得に購入できるスマホ!
それが格安スマホなのです。

格安スマホを購入することにより、スマホの購入費用をぐっと抑えることができるので、たとえ2年間に渡る分割を組んで購入をして、通信費に端末費用がプラスされたとしても、月々の請求なんて数百円程度であるため、とってもお得にスマホを維持できるようになるんです。

スマホの新常識(SIMフリー版)2:格安SIMにて通信費を節約できる

au端末はauで、ソフトバンク端末はソフトバンクで、ドコモ端末はドコモでと言うように、キャリア端末と呼ばれるスマホは、決まったキャリアでしか契約ができないようになっています。

しかしSIMフリー端末であれば、国内三大キャリアで契約をすることも、その他のキャリアで契約を行うことも可能になるので、お気に入りの機種でお気に入りのキャリアにて契約できるようになるんです。
※全ての格安スマホが三大キャリアで契約できるわけではありません。

国内三大キャリアで契約を行う場合は、高品質な通信契約を行うことができるかわりに、ブランド価値なども合わさり少し割高な契約となってしまいます。

対して格安SIMと呼ばれるSIMを利用して他社で契約を行う場合は、プラン設定などを上手く行なうことができれば、月々の維持費を三大キャリアで契約する1/3程度まで抑えることができるようになるなんてことも。

月々の通信費って余分な部分を削っても、定額制度が定着しつつある今、節約に繋げることが少しずつ難しくなってきています。
その為、通信費の節約を考えてスマホの料金を抑えたいと考えるのであれば、格安SIMを利用したスマホの運用もおすすめです。

スマホの新常識(SIMフリー版)3:下取りに出すことも可能!

SIMフリー端末だから、下取りに出せないわけではありません。
一度SIMフリー端末を購入して、格安SIMにて運用をした後、国内三大キャリアに乗り換えともなれば下取り対象機種から外れてしまい下取り不可となることもあります。

しかし、家電量販店や中古販売を行なう業者をあたれば、スマホの状態や人気度合いに合わせた価格にてスマホの引き取りを行なってくれることでしょう。

SIMフリー端末だから、格安スマホだから下取りに出すことができない。
このようなことは決してありませんので、次回機種変更時に現在のスマホを下取りに出そうと考えている人にも、問題なく購入して頂けることでしょう。

スマホの新常識(SIMフリー版)4:実質0円にて端末を購入できる?

スマホを実質0円にて販売することは、NGになったことを御存知でしょうか?
あまりにも高額なキャッシュバックを出しスマホを販売する業者に対して、総務省が勧告を出したことにより、スマホ市場の公平化を行なったことによるものです。

その為、現在は高額なキャッシュバックを出して契約に繋げていた業者も、高額なキャッシュバックを出して契約に繋げることができないようになってしまったのです。

しかし、格安スマホ含むSIMフリー端末は、小売販売店や家電量販店などで販売されているものです。
貯まった商品券や、その店舗独自のポイントを活用すれば、実質0円にてスマホの本体を手に入れることができるようになります。

04-01

なかなか商品券を上手く使用できずに、溜め込んでしまっている。
このような人は、是非新しいスマホを購入する時に役立て、お得に新しいスマホを手入れましょう。

まとめ

今回は、なかなか上手く節約ができないスマホの維持費を、SIMフリー端末にてお得に維持できる!そんな情報をお届けしました。
では今回の『SIMフリーで○万円お得!?スマホユーザーにおすすめの新常識4つ』について簡単に振り返ってみましょう。

◎スマホの新常識(SIMフリー版)1:SIMフリー端末はとっても安い?
SIMフリー端末の格安スマホは、1万円や2万円で購入をできるほど、とっても安価な価格で発売されています。
とってもお得に手に入れることができるスマホです。

◎スマホの新常識(SIMフリー版)2:格安SIMにて通信費を節約できる
SIMフリー端末を格安SIMにて運用する場合、キャリアで契約を行うよりも1/3程度まで抑えることができるなんてことも!
節約を考えるのであれば、格安SIMにて通信費を節約しながら運用することもおすすめです。

◎スマホの新常識(SIMフリー版)3:下取りに出すことも可能!
格安スマホだから、SIMフリースマホだから、下取りに出せないということはありません。
三大キャリアでの下取りは難しくなるかもしれませんが、家電量販店などではスマホの状態や端末の人気度合いにより、下取りに出せる可能性は高まることでしょう。

◎スマホの新常識(SIMフリー版)4:実質0円にて端末を購入できる?
家電量販店などで購入をすることになる、SIMフリー端末のスマホ。
家電量販店のポイントや、溜め込んだ商品券などを使用することにより、実質0円にて購入することも可能となるケースが!

いかがでしたか?
SIMフリー端末の購入を考えることにより、キャリア端末を購入するよりもお得に維持できるようになる可能性が高まります。
スマホ事情に詳しくないからと諦めてしまわず、スマホショップのスタッフにいろいろと相談をしてみてSIMフリー端末に対する知識も深め、今までの数倍お得にスマホを維持することを考えていきましょう。

関連記事

【格安スマホ+SIMフリー】一番お得な組み合わせトップ3
はじめてのSIMフリー 格安スマホ比較・おすすめ機種4選
【SIMフリー+格安スマホ】本当にお得な組み合わせ3選

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket