app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマートフォン 新着

スマートフォンランキングベスト3

投稿日:

価格.COMによる、ランキングベスト3までの3機種を紹介します。
基本性能と合わせて、スマートフォンの魅力をお楽しみください。
3機種は全て2014年秋冬モデルで、まだまだ最新作です。
購入時の比較データとして利用してください。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

№1. ?XperiaTM Z3 Compact SO-02G(docomo)


基本性能
・2014年11月12日発売
・2014年冬春モデル
・製造元:SONY
・本体価格:68,688円
・最大待受時間(静止時):3G 約800時間、LTE 約650時間、GSM 約620時間
・連続通話時間:3G 約700分、LTE 約990分、GSM 約650分
※海外では3GかGSMしか対応していません。
GSMは、3Gよりも前の世代の通信方法で、3Gよりも通信速度や質は劣ります。
しかし地域によっては、3Gも対応していないため、GSMという通信方法を用いて携帯を使用します。
・充電時間:約155分
・急速充電
・内蔵メモリー:ROM 16GB、RAM 2GB
※ROMは、OSや、購入時にインストールされているアプリが使用している容量です。
RAMは、携帯使用者が自由に使える容量です。
・最大128GB microSDXCメモリーカード対応
・画面サイズ:4.6インチ(1280×720ピクセル)TFT液晶
※TFT液晶により、均一でムラのない表示が実現できます。
・データ通信:Xi(クロッシィ) Or FOMAハイスピード
※Xiは、超高速データ通信(基本プランとは別に契約が必要)
FOMAハイスピードは、FOMAハイスピードエリア内であれば、特に別料金をとられることなく使用できる、高速通信です。
(通信速度は、ネットワークの混雑環境により変化します。)
・デザリング対応
・背面カメラ:2070 万画素
・インカメラ:200万画素
・防水機能搭載
・防塵機能搭載
・4K撮影対応可能
※鮮明な映像を撮影することができます。
・ワンセグ
・HML対応
※スマートフォンの映像を、マイクロUSBで接続して、テレビやPCで見る事ができます。
・おサイフケータイ機能搭載
・ハイレゾン音源対応
・幅:65mm、高さ:127mm、厚み8.6mm、重量:129g
・カラー:Orange、White、Black、Green
魅力
・海外電波対応
・コンパクトサイズなのに高性能。
・前シリーズより9g減の軽量ボディ。
・薄いので持ちやすい。
・高性能カメラ。
※最大ISO感度12800に対応。
IOS感度は、光の量を調整し、適切な明るさの画像になるよう、光を増やしてくれる機能です。
光を増やす幅を数字で表しています。
ISO感度を搭載したことにより、暗いところでも鮮明に撮影できるようになりました。
※走りながらでも少しのブレで撮影できる、インテリジェントアクティブモードが追加されました。
・ハイレゾン音源再生対応です。
※ハイレゾン音源は、高解像度の音源です。
CDを圧倒的に上回る解像度の音源を指します。
・スピーカーには、最大約98%の騒音をカットするデジタルノイズキャンセリング機能搭載

№2. ? Xperia Z3 SO-01G(docomo)


基本性能
・2014年10月23日発売
・2014年冬春モデル
・製造元:SONY
・本体価格:67,392円
・最大待受時間(静止時):3G 約750時間、LTE 約640時間、GSM 約570時間
・連続通話時間:3G 約810分、LTE 約1080分、GSM 約740分
・充電時間:約155分
・急速充電
・内蔵メモリー:ROM 32GB、RAM 3GB
・最大128GB microSDXCメモリーカード対応
・画面サイズ:5.2インチ(1920×1080ピクセル)TFT液晶
・データ通信:Xi(クロッシィ) Or FOMAハイスピード
・デザリング対応
・背面カメラ:2070 万画素
・インカメラ:220万画素
・防水機能搭載
・防塵機能搭載
・4K撮影対応可能
・ワンセグ
・フルセグ
・おサイフケータイ機能搭載
・GPS機能搭載
・ハイレゾン音源対応
・幅:72mm、高さ:146mm、厚み7.3mm、重量:152g
・カラー:White、Black、Copper、Silver Green
魅力
・海外電波対応
・高性能カメラ。
※最大ISO感度12800に対応。
※インテリジェントアクティブモード搭載
・ハイレゾン音源の再生対応です。
・スピーカーには、最大約98%の騒音をカットするデジタルノイズキャンセリング機能搭載

№3. ? ASUS ZenFone 5 16GB SIMフリー


JAN_CODE=0886227900725
基本性能
・2014年11月8日発売
・製造元:ASUS
・本体価格:26,800円
・最大待受時間(静止時):3G 約395時間、LTE 約180時間(16GB)
・連続通話時間:約1230分
・充電時間:約150分
・内蔵メモリー:ROM 16GB、RAM 2GB
・最大128GB microSDXCメモリーカード対応
・画面サイズ:5インチ(1280×720ピクセル)IPS液晶
※IPS液晶は、視野角の広さを特徴とし、パソコンの液晶に主に使用されています。
・デザリング対応
・背面カメラ:800 万画素
・インカメラ:200万画素
・幅:72.8mm、高さ:148.2mm、厚み10.34mm、重量:145g
・カラー:ブラック、ホワイト、レッド、ゴールド
魅力
・LTE対応SIMフリー
・シンプルで質感が良い
・一般的なスマートフォンと同じように、イヤホン、microUSB、ACアダプター付属
・手にピッタリとフィットするフォルム
・光沢感のある前面で高級感漂う
・指紋や汚れがつきにくい
・ガラス組成により、傷や割れに対して耐久性がさらに向上
・ロック画面の解除なしに、カメラ、メール、電話を使用できる
・豊富なカメラ機能
※シーンセレクト機能の幅が広い
バリエーション豊かなカスタム設定項目
ロライトモードで撮影することにより、静かで明るさを抑えながら通常約400%、コントラストを約200%アップさせ、暗闇でも鮮明に撮影可能
・カメラ使用時のISO感度の変更も可能
・手袋モードONにすると、普通の手袋でも操作が可能
※一部対応していない種類あり

最後に

今回は3機種でしたが、お楽しみ頂けましたでしょうか?
№1、№2ともにXperiaでした。
Xperiaシリーズといえば、本質もよくSONY製品ということで、過去製品も大変人気の高いものでした。
新作が出る度に、ランキング上位へ浮上し続けています。
今回はdocomoのXperiaシリーズが№1,2ともにランクイン。
そして№3はSIMフリーの格安携帯でした。
価格以上の質の良さで、この製品も大変人気が高くなっています。
いかがでしたでしょうか?
春といえば新作が出る時期なので、今後のランキングにも目が離せません。
※タイトル画像:?http://goo.gl/2dp607

関連記事

スマートフォンの料金比較、ここに注目!5大ポイント
スマホとガラケー、どっちが得?携帯料金を比較する5ステップ
iPhoneの料金を比較できる!お得が分かる5大サイト
au のスマホの売り上げが比較的上位を占める理由が判明
既存キャリアと何が違うの?今話題の格安スマホ徹底比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマートフォン, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.