ソフトバンクからドコモへ乗り換え!お得な3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

【どこよりもお得にiPhoneへ乗り換えるならこちら!】

01-01

ソフトバンクのユーザーからドコモに乗り換えるケースは意外と多いかも知れません。

今まではソフトバンクで問題なくスマホ、携帯が使用できていたのに、引っ越しや転勤で地域が変わって電波の状態が悪くなった場合、ドコモの製品に魅力的な機種があった場合、ソフトバンクショップが近くになく、ドコモショップの方が近い距離にある場合などなど、さまざまな理由でドコモへ乗り換えることあると思います。

au、ドコモからソフトバンクに乗り換える場合は乗り換えキャンペーンや割引が豊富でお得な感じが強いのですが、逆にソフトバンクから転出してドコモに乗り換える場合にメリットはあるのでしょうか?

各通信キャリアにとってMNP転入は喜ばしいことですから、それぞれに特典やキャンペーンを用意しています。ドコモへ転入した場合のメリットを紹介してみます。

旧端末の下取り

09-01

ソフトバンクのiPhoneを使用していている方であれば、最大30000円で下取りが可能です。
下取り額はiPhoneの機種によって異なり、ドコモショップの店頭で乗り換えと同時に下取りを申し込んだ場合には新しい端末の本体価格に充当ができます。

後日の郵送下取りとしてしまうと、郵送した旧端末が到着し検品完了後にdポイントで下取り金額相当が付与されることになります。
また郵送の場合は、ショップ店頭の下取りよりも1200ポイント少ない額となりますから、下取りを考えている方はショップで即時下取りを申し込んで新規端末の購入代金に充当した方が有利です。

なお、2016年6月から、下取りできる端末は一人につき一台と台数制限がありますから、この点に注意が必要です。それ以前は台数制限なし、なおかつジャンク品でも下取り対象としていましたが、一人でジャンク品や安く購入した中古品を複数台売りさばく事例が多発したため、下取りの基準が厳しくなった模様です。

ドコモに限らずに言えることなのですが、下取りの利用は中古買取りの場合と比較して金額的に下取りが有利な場合に利用し、中古買取り価格の方が有利であれば中古買取り店へ持ち込むことをお勧めします。

家族で複数台乗り換えれば割引適用

09-02

料金パックなどに一定の条件はありますが、家族複数人でドコモへの乗り換えをすれば一人当たり5184円の割引が適用されます。

二人なら二倍、三人なら三倍の割引適用となりますから、ドコモへ乗り換えるのなら家族まとめて乗り換えると他の通信キャリアと比較してもお得になります。

家族に既にドコモのユーザーがいて、機種変更をする、または家族に新規でドコモの契約をする場合にもこの割引は適用されます。

要するに乗り換えのタイミングに合わせてドコモでまとめて契約すれば家族まとめて割が適用されることになります。

家族まとめて割の適用条件は、家族契約としてシェアパックかシェアオプションのいずれかに加入することですから、不利な条件を押し付けられることもありません。

シェアパックは契約したデータ容量を家族で共通に使う料金パックですから、高齢の方で余りデータ通信を利用しない方がいれば、使い勝手のよいパッケージとも言えます。

「月々サポート」による割引

09-03

ドコモはドコモが指定する機種を指定した料金プランで契約した場合に「月々サポート」と言う割引を得ることができます。
機種によって割引額は異なりますが、Androidスマホの場合で、30000円から60000円が本体価格から割り引き、iPhone6sの場合は60000円超が本体代金から割り引されます。

現在の新しい機種は端末性能が上がることに伴って価格も上昇し、10万円近い端末も珍しくありません。
月々サポートで端末本体の代金が万単位で割引されますから、新規購入ユーザーにとってはうれしい割引制度です。

ただ機種によって月々サポートの金額は大きく異なるのでお気に入りの機種が決まったら月々サポートがいくら適用されて、端末の実質価格がいくらになるのか確認することをおすすめします。

機種別の月々サポートの金額は、ドコモオンラインショップで該当する端末機種を選択すれば、端末の本体代金と月々サポートの割引金額、割引後の実質価格が表示されていますので誰でも簡単に知ることができます。

今年の5月までは「学割」対象者(25歳以下)は月々サポートの増額がされたのですが、現在は学割制度がなくなったため、年齢による割引額の差はありません。

まとめ

この他に光回線とのセット割引で通信料金の割引やdポイントの付与、オンラインショップ限定のdポイントキャンペーンなどもありますから、乗り換えを決めたら事前にオンラインショップのキャンペーンを確認しておいた方がよいです。

ドコモは他の通信キャリアと比較して長期契約のユーザーをより優遇してくれますから、一度転入したら4年以上の継続利用で月々サポートが増額されたり、「ずっとドコモ割」が適用されてパケット料金の割引も得ることができます。

ドコモへ転入後に再度MNPをする場合にも契約期間が長いほど、「MNP引き留めポイント」がでやすかったり、多くの引き留めポイントを付与されたりするケースも多いです。
長期契約者優遇がされていますから、一度ドコモに転入したらメリットを十分に活用して見て下さい。

関連記事

ドコモからソフトバンクに乗り換え!変える3つの理由は?
ドコモからソフトバンクへ乗り換える時に気をつけるべき所
ドコモからソフトバンクに乗り換えるメリット・デメリット

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

スマセレクト

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 月額0円スマホを選べる
  • SIMが豊富

デメリット

  • 海外で使用できない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket