app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au MNP ソフトバンク 乗り換え

びっくり…ソフトバンクからau乗り換えでそんなにお得なの?

投稿日:

ソフトバンクは割引キャンペーンの種類が豊富で料金的には通信キャリア大手3社の中で最もお得な印象があります。
しかし割引キャンペーンやキャッシュバックなどを得られて優遇されるのは、MNPでソフトバンクへ転入する場合で、従来からのソフトバンクユーザーが機種変更する場合には大きな割引を期待することはできません。
新機種が発売された場合や、今まで使っていた携帯が経年劣化して買い替えざるを得ない場合にはソフトバンクでの機種変更よりもMNPで他のキャリアに乗り換えてMNPの特典を受けた方がお得になります。
auの場合、MNP割引(auに乗り換え割)は廃止されてしまいましたが、その他の割引プランや下取りプラン、au独自のサービスなどもありますから、新しい携帯を購入する場合にはauへのMNP乗り換えを考えてみたらいかがでしょう?

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

機種によっては通信料金が安くなる

20-01
iPhone SE限定のキャンペーンですが、スーパーカケホ+データ定額料金(1GBの場合)+インターネット使用量の合計額が割引されて、二年間に渡って月額1980円の通信料金となるキャンペーンを実施しています。
しかも対象となる機種は入荷してもすぐに在庫がなくなる人気機種のiPhone SEですから、予約をしてでも手に入れて安い通信料金のメリットを十分に満喫できれば、かなりのお得になります。
二年間しかキャンペーン割引は適用されませんが、2年もすればiPhoneのバッテリーは劣化して買い替え時期になりますから次のiPhone新機種が出るまで通信料金の割引が適用される訳です。
データ定額1GBは少なすぎると感じる方もいるでしょうが、WiFiを主に使っていればデータ定額パックは小容量で十分です。
不安であればより大きなデータパックとしても通信料金はソフトバンクに留まる場よりも安くなります。

スマートバリュー加入で割引適用

20-02
auの光回線やWiFi回線と携帯通信回線とのセット割引が「スマートバリュー」ですが、スマートバリューに加入すれば月々の割引額が増加されます。
スマートバリューの対象はau光回線だけではなく、J-COMなどのケーブルテレビ局のインターネット回線も対象になります。
スマバリバリキャンペーンではスマートバリュー加入の割引に加えて、データ定額パックの容量を1年間限りですが2GB増量してくれます。
5GBプラン以上での適用になりますが5GBで契約して7GB使えることになり、通信制限を気にせず、安心してインターネット回線を利用することができます。
5GBで契約しておき、プラス2GBが加算されている一年間の間にインターネット回線を光にシフトして行き、より小容量のデータパックに変更するのも良い方法かも知れません。

下取りプログラムが利用できる

20-03
ソフトバンクで使用していた旧携帯を下取りしてもらえるプログラムです。
下取り価格は対象の機種によって異なりますが、iPhoneの場合で最大27000円、Androidスマホの場合で最大32400円、ガラケーの場合で8640円が下取り価格となります。
下取り割引は新しく購入する本体価格からの割引か毎月の通信料金から二年間に渡って割引を受けるかの選択になります。
本体価格からの割引を受けるにはショップ店頭でMNP手続きと新しい端末購入、下取りの同時手続きが必要になります。
下取り方法を「後日郵送で下取り」を選択した場合には、下取り対象品が到着し、検品後にポイント付与の形で還元されることになります。他のキャリアの下取りプログラムと同様に、正常に動作する端末のみが下取りの対象です。

オプション利用料金が安い

20-04
有料のオプション4種類にセットで加入すると4つのオプション合計が毎月300円で利用できます。
更に初めの三ヶ月間は無料で利用できます。
対象のサービスは「留守番電話」、「待ち歌」、「三者通話」、「迷惑電話撃退」の4種類で、いずれも加入しておいて困るようなサービスではありません。
特にスマホの場合は留守電オプションは必須ですから4つまとめて加入できることはメリットとなります。
これら4つのオプションを個別に申し込んだ場合のオプション費用は700円になりますから、留守電オプションを付けるついでに加入しておけばよいでしょう。

auスマートパスのメリット

auスマートパスもオプション契約ですが、ビデオ、音楽、電子書籍(これらは別料金が必要)、アプリのダウンロードが月額定額で利用できるサービスです。
このサービスの中で特に重宝するのがアプリのダウンロードです。月額372円でスマートパスにアップロードされている有料アプリが取り放題になります。
ユーテリティ系の有料アプリも数多く登録されていますから、数本ダウンロードすれば元は取れると思います。
iPhoneの場合にはアプリはアップルストアで管理されているため、スマートパスの対象にはなりませんが、その代わりに修理が必要になった場合の修理代金を最大10000円、各二回までサポートしてくれる特典が付きます。

まとめ

ソフトバンクと比較して、他の通信キャリア2社(au、ドコモ)は割引やキャンペーンが劣るように思っていたのではないでしょうか?
auの場合は「乗り換え割」が廃止されてしまい、乗り換えをするメリットがなくなってしまったように思われていました。
しかし実際には手を変え品を変えMNPの優遇策を実施しており、乗り換えメリットは十分にあると言えるでしょう。
ソフトバンクに乗り換える時ほど高額ではありませんが、代理店や家電量販店ではキャッシュバックを付ける所もあります。
ソフトバンクから乗り換えるならauを乗り換え先として考えて見ましょう。

関連記事

3人家族ならお得になるソフトバンクからauにする秘密
今こそガラケーを!auからソフトバンク乗り換えで3つの節約
ソフトバンクから au に機種変更する5つのメリットまとめ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, MNP, ソフトバンク, 乗り換え

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.