app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone iPhone6s iPhoneの料金 ソフトバンク 新着

これが本気!ソフトバンクが iPhone6 にかける情熱

投稿日:

iPhone が日本で普及し続ける中で、iPhone 初代の頃からのユーザーか、ずっとソフトバンクユーザーだった人にしかわからないような、情報を入手しました。
今回はソフトバンクの iPhone6 についての情報と、簡単な iPhone の歴史を見ていきましょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

知ってた?ソフトバンクと iPhone の関係

まずは、ソフトバンクとiPhoneの歴史から紹介しましょう。
ドコモでも取扱いが開始となった iPhone ですが、実は日本で初めて売り出したのは、ソフトバンクということを、御存知でしょうか?
故にソフトバンクが、日本で iPhone 旋風を巻き起こしたのです。
そして現在、iPhone無しではもう考えられなくなってきている、と言っても過言では無い程、iPhone は爆発的にユーザーを獲得しています。
そしてiPhone6 の登場により、ネット環境も安定して、利用速度も今まで以上に上がり、更なる進化を遂げているのです。

ソフトバンク iPhone のみ、取扱いが特別な印象を受けるのは、私だけでしょうか?

まず第一にソフトバンク iPhone のみ、SIMフリーではないことです。
他キャリアであれば、SIMフリーとして、キャリア契約を解約後も、電話機能に至るまで、格安SIMなどで使えるようになるのですが、ソフトバンク iPhone はそれができません。
その為もしもソフトバンクでの契約を解約したのならば、Wi-Fi 環境のもとでインターネットのみ利用でき、電話機能は利用できなくなるのです。
他にも新しいアプリは使用できなくなるので、インターネット閲覧程度の利用範囲となってしまいますね。
やはり現在、ソフトバンク iPhone がSIMフリーでは無いのは、一番最初に導入した会社なので、顧客を独占できるように、アップルが配慮してのことなのでしょうか。
まぁおそらく、iPhone 初代を発売した頃には、SIMフリーの存在なんて無かったのかもしれませんが。。。
どちらにしても、この情報は iPhone6 購入に向けて、知らなければ損をする大きな情報となるのでは無いでしょうか?

iPhone6 購入時の下取りに関する正しい知識を紹介します!

iPhone6 をお得に購入するには、前機種を下取りに出して、購入する方法が一番良いとされていますね。
前機種は持っていても、どうせ使わずに眠ってしまうわけですから、それなら売ってしまったらいいのでは?という考えの方が多いからです。
実際はキャリア契約を解除しても、LINE などは生きているので、利用することはできるのですが、よほどの場合を除き、2台も持ち歩くことは無いでしょう。
そしてもしもキャリア契約をせずにもう一台持つのであれば、前機種が iPhone5 の場合であれば、迷わずに下取りに出してしまい、新しく数千円のスマートフォンを購入する方が、金額的にはお得になります。
また iPhone5 を下取りに出す時ですが、ソフトバンクでの下取り基準は甘く、実際は下取りに出したものの、アップルへ引き取りをお願いした時に、アップルでの査定が厳しい為に、自宅へ配送されてきて下取りしてもらえないケースがある!との情報が有名ですね。
しかし実際のところは、ソフトバンクが最終段階としてアップルへ本体の引き取りを依頼することは無いようです。
では何故そのような誤解を招くことになったのでしょうか?
まずソフトバンクショップへ iPhone を下取りに出します。
そこで店舗スタッフにより、傷の具合などの確認を目視で行ないます。
しかしこの時の目視確認は、かなり簡単に終わってしまうため、水漏れの有無や、本体に電源を入れて起動するかなどの、細かなところまでは確認をしないのです。
となれば、検品漏れが出てきても仕方が無いことですよね。
外見がいくら綺麗でも、ホームボタンが使えないことや、電源が入らないことはよくあることです。
店舗にもよるようですが、この辺りをしっかり行なわないことにより、実際はソフトバンク本社へ送った時に、結局引き取ることができませんでした。と言われるようです。
しかしながら、もちろんフタを開けてみないと、わからないこともたくさんありますね。
例えば、水漏れのサインですが、店舗での確認方法は、水漏れのセンサー部分に、マイクロSDの様な物を入れて、パソコンへ繋がるか(電気を通すか)を確認する仕組みのようで、実際に本体の水没反応がでているかまでは、確認されないのです。
そこで本社で検品にかけられた時に、実際は本体内部で水没反応を示していた!ということもあるようで、この様な点からも、誤差が生じてくるのだと、ソフトバンクスタッフが話していました。

次に iPhone6 にまつわる情報を紹介します!

iPhone6には、購入時にイヤホンが付属されていますよね。
しかしこのイヤホン、実はもっとグレードの高い物が、アップルストアでは販売されていたのです。
その価格は、驚きの11,000円です。
イヤホンに11,000円高すぎる。。。
ついそう感じてしまいますよね?。
しかし、先日までソフトバンクでは、新規かMNPによりiPhone6を購入した場合は、このイヤホンを特典としてつけてくれていたのです。
このキャンペーンは、3月31日で終了してしまったのですが、毎年 iPhone は出続けているので、おそらく次のiPhone販売時もこのようなキャンペーンを実施するのではないかと、予想しています。
iPhone新商品を購入する場合は、特典などの面も考慮して、一番良い条件だと思う時に、購入することをオススメします。

最後に

ソフトバンク iPhone の豆知識とも呼べる情報は、いかがでしたでしょうか?
ソフトバンクはやはり、iPhone の販売に力を入れていますね。
間もなく発売される、アップルウォッチの販売促進に向けても、おそらく動き始めるはずです。
今後もソフトバンクの動きに、注目することにしましょう。
※タイトル画像:?http://goo.gl/pWd5Cx

関連記事

Phone6 ソフトバンクにMNPしておトクに契約する方法
【iPhone6価格】ソフトバンクへお得に機種変更する方法!
ソフトバンクのiPhone6を『賢く』予約する3つの方法を公開!
ソフトバンクiPhone6の料金を月4000円安くする方法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, iPhone6s, iPhoneの料金, ソフトバンク, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.