app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマホ スマ放題 ソフトバンク ソフトバンクオンラインショップ 新着

特色あるソフトバンクのスマホ料金

投稿日:

ソフトバンクのスマホには特色のある料金プランが用意されています。
他社も似たようなプランを用意しているのですが、ソフトバンクに特有な料金プランが用意されています。
Iphoneとアンドロイドでまた微妙に違うプランを設けているようなのですが、特徴のある料金プランは次の通りです。
ホワイトプラン、スマ放題、アメリカ放題です。
ざっと試算すると7000~10000の間に収まり、負担する金額としては他社とあまり大きな差はありません。
ただ、使用する条件についてはオトクとなることがあります。
今回はその特色のあるソフトバンクのスマホの料金プランについて述べていきたいと思います。
また、料金プラン以外にもソフトバンクのサービスの特色にも触れていきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

ホワイトプラン

WS000010
基本料金が一番かからないプランです。
契約するデータ通信の容量(2GB,5GB、7GB)にもよりますが、月額6000~8000円程度になると思います。
あまり通話をしない方向けの料金プランになっています。
この料金プランの一番の特徴は“無料通話”が一切含まれていないことが挙げられます。
通話料は20円/30秒となり、使った分だけ請求されます。スマートフォンが普及してから、LINEやスカイプなどの無料通話アプリが広く使われるようになってきました。
スマートフォンは通例、インターネット利用料金が定額となっているので、インターネット回線利用料はいくら使っても料金は同じ、事実上ゼロ円となります。
LINEやスカイプなどの無料通話アプリはインターネット回線を利用するものであり、
ほとんどの方が電話利用を避けてこの無料通話アプリを使用する傾向が高まりつつあります。
このように無料通話アプリへのシフトが目立つようになり、スマートフォンにおいては電話回線のニーズは一時的に薄まってしまいました。
このホワイトプランというものは、そういった電話をあまり使わないユーザー層向けに設定されています。
電話はほとんど使わないという前提なので、無料通話は一切ありません。
ただソフトバンク同士の携帯であれば、限られた時間帯で通話料金が無料になるので
身近な仲間がソフトバンクの携帯やスマートフォンを使っているのであれば、あまり気にすることはないでしょう。
しかし、固定電話へかけるニーズは未だ排除しきれないと思います。
そういった場合は、“050プラス”というアプリで補うといいかもしれません。
050プラスはNTTが提供している通話アプリで、月額300円で一分あたりの通話料金が
半額から3分の1程度安くなるサービスです。ホワイトプランに加入しつつ、
通話料金が気になるようでしたらホワイトプランと050プラスを併用してもいいかもしれません。
このホワイトプランは2014年11月で新規受付を終了する予定だったようですが、
現在もなお受付を行っているようです。
一度終了予定としたくらいですから近いうちにまた終了してしまうかもしれません。
終了予定は改めてソフトバンク公式HPで告知するとのことです。
このホワイトプランのような電話よりもインターネット通信に特化したサービスはおそらくないと思います。
通話は全てLINEやスカイプで済ませちゃうよ、というような方はこの料金サービスを選択するのがベストでしょう。

スマ放題

WS000011
ホワイトプランが月額930円なのに対して、スマ放題は月額2700円で電話し放題になるプランです。
月額料金は非常に高くなりますが、通話料金20円/30秒ですと一分で40円、10分で400円となってしまいます。
以前のガラケーの時代のことを考えるとこの設定は非常に高額かと思います。
例えば一番下のクラスの契約でもたいてい、無料通話というものが1000円分ほどついていたもので、1000円分までであれば基本料金の中で吸収できていたかと思います。
例えばこんな場面を想定してみてください。
出先で家族宛てにご家庭の固定電話に電話するケースはありませんか?
実家の両親宛てに、固定電話へ電話することはありませんか?
“元気にしてるか?”とか“今から帰るから、夕食を用意しておいてくれ”
という他愛のないやりとりをするだけでも、一か月に30分程度は通話しないでしょうか?
30分の通話料金となると1200円になります。
もちろん050プラスとの併用でもいいのでしょうが、計算上は45分以上の通話をするような場面であればスマ放題のほうがコスト的に遥かにメリットが出ます。
また、月あたり5GB以上のデータ容量の契約をしている場合は、余った容量を翌月に繰り越すことができるようです。
例えばMAX5GBですが、2GBしか使わなかった場合は翌月のデータ容量制限は5GB+3GB=8GBとなります。
一か月あたりに使うデータ容量にバラつきのある方にとっても、メリットのあるサービスと言えます。
もともとソフトバンクにしろauにしろdocomoにしろ、携帯電話をベースのビジネスを展開していました。
ホワイトプランのように電話代が高額になると、ユーザーからの電話離れが加速してしまい電話業界の衰退に繋がり兼ねない事態となります。
一人暮らしをしている若者は固定電話を持っていないことが多いでしょう。
そんな中でスマートフォンで電話を使わない環境を作り出してしまうことは、巡り巡って電話会社自身の首を絞めかねないことになるでしょう。
このようなスマ放題のようなプランの登場は、電話業界にとってより健全な動きであることが言えます。
尚、計算上は一か月あたり45分以上通話するのであればホワイトプラン/ホワイトプラン+050プラスの併用よりもコストメリットがあります。
一か月あたり固定電話などに45分以上の電話をされる方は迷わずこのスマ放題のプランにしたほうがよさそうです。

アメリカ放題

WS000012
スマ放題の発展系で“アメリカ放題”というプランがあります。
どうやらiphoneに限定されるようですが、アメリカ国内で受ける着信及びアメリカ国内から日本向けの発信は電話かけ放題になるというものです。
海外から日本に向けて電話をする場合は通話料金を気にかけてしまいます。
パソコンなどでスカイプを使うのが主流かもしれませんが、やはり固定電話にかけたいというニーズも上述した理由からあるものと思われます。
そのような場面においてこのアメ放題というプランは効果を発揮します。
月額900円程度の追加で、このプランに切り替えることができるようです。
アメリカへの長期滞在の際は考えてみてもいいのではないでしょうか?おそらく、日本にいる家族や友人に連絡をとるときに活きてくるサービスだと思われます。
海外へ渡航の際は特に日本と事情が異なり、いつ何があるか分からないという部分もあるので連絡手段の幅を広げる意味でも加入しておいたほうが安心でしょう。
スマートフォンでスカイプなどに頼っていると、いざというときに固定電話へかけようと思ったときに、費用が高額になってしまうケースも想定されます。
短期間の渡航であれば、さほど気にすることはありませんが周囲(ご家族など)から安心してもらうためにも、長期間の渡航の場合はアメリカ放題へ切り替えられるのであれば切り替えたほうがいいでしょう。
一種の保険とお考えください。

Tカードとの連携

WS000014
上述したような“かけ放題”プランは他社にも似たような料金体系で存在します。
既に業界内で電話へのニーズが改めて見直されているということになります。
ただ、softbankの場合、他社と明らかに差別化を図っているのはTカードと提携しており基本使用料に対してT?ポイントを1点/200円で付与している点にあります。
Tカードはツタヤのレンタルの際に使うものでしたが、最近では様々な会社と提携を行っております(コンビニ、ホテル、家電量販店、ガソリンスタンドなど)。ソフトバンクもこのTカードと提携をしております。
200円あたり1ポイントですから、比較的大きな買い物でないと相当数のポイントが付きません。
しかしこのように携帯料金に付与されることで、ポイントは早く貯まっていくことになります。
また契約3年目以降は付与ポイントが倍になるというメリットもあります。
Tカードを持っている方は一度softbankを検討してみてもいいかもしれません。
支払う料金としては他社と変わりがなくても、このようにポイントで還元される部分が非常に大きいものと思います。
Tカードをうまく使えば、TSUTAYAのレンタルの際に現金を一切使用しなくても済むようになるかもしれません。
基本使用料やオプションの部分の合算が6000円と仮定すると、一か月あたりに付与されるTポイントは6000÷200=30ポイントとなります。
4か月で120円となりますから、100円レンタルであれば4か月あたり無料で一本の映画がレンタルできる計算になります。
参考になりますでしょうか。

オプションサービス

WS000013
メインとなる料金プランを紹介しましたが、そのほかにも細かいオプションサービスについて説明していきます。
まずは“スマホとくするパック”です。月額500円、初月無料となりますが“Yahoo!プレミアムのクーポン使い放題!”となります。
具体的にいうとロッテリア・ケンタッキー・牛角・BIG ECHOなどのYAHOO JAPANが提供するクーポンが使えるようになります。
またGYAOが提供する動画サービスも配信期間中であれば何度でも見放題となります。
そのほかにも単体で契約すると別途月額料金が発生するようなコンテンツが利用できるようになります。
詳細はソフトバンクのHPを参照ください。次に“あんしん保証パック”というものがあります。
これも月額500円です。これは例えば万が一スマートフォン本体を破損してしまった場合に修理を割安で受けられるサービスです。
一種の保険のようなもので、全損となった場合や盗難被害に遭った場合でも新しい機種を会員価格で購入することができるようです。
また“スマホとくするパック”に入っていれば新品のスマホを買う時に会員価格からさらに1万円の値引きがされます。
もしものときを考えたら併用しておいたほうがいいかもしれません。

まとめ

総じていうと、“ソフトバンクはここが凄い!”と一際光るような料金サービスはないかもしれません。
ただホワイトプランなどのように電話よりもインターネット通信に特化したサービスやTカードと連携している点は他の携帯会社にはないオリジナリティと言えるでしょう。
各社、契約年数に応じたポイントなどで還元しておりますがTカードのように様々な場面で使えるポイントに還元されるなどの仕組みは出来上がっていません。
少々判断に迷うのがホワイトプランにするか、スマ放題にするかという選択です。
“まったく電話なんて使わない”と最初から割り切っていれば断然、ホワイトプランでしょう。
しかし日常生活について“電話を絶対にしない”という場面はなかなか考えにくいかと思います。
配達業者などに連絡をするときも携帯電話だったり固定電話だったりします。
“たった数十秒の世界だから”と思っていても、細かくつきつめると電話をする場面は結構あるかと思います。
実際、多くの企業は固定電話を使用しています。
050プラスを併用してもいいのですが、050プラスそのものも月額300円が発生しますので、さらに判断に迷うことでしょう。
ただサービスそのものは途中で切り替えが可能です。050プラスも2か月間は無料ですので、実際に試しながら使用頻度実績に応じて判断をしてみるものいいかもしれません。
どのプランを選択するのがオトクなのかは電話の使用実績に左右されるので、数か月間の実績をベースに考えてみてください。
 
画像引用元:http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/iphone/white-plan/
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/iphone/sumahodai/
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/options/
http://www.softbank.jp/mobile/point/t-card/
ソフトバンクへ乗り換え!お得過ぎる必須キャンペーン3選
発表!ソフトバンクのMNPキャッシュバック高額ランキング
機種変更で後悔しない!iphone6の知っておくべき6つの特徴
必見!ソフトバンクオンラインショップの長所・短所を比較
iPhone6 ソフトバンクにMNPしておトクに契約する方法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマホ, スマ放題, ソフトバンク, ソフトバンクオンラインショップ, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.