app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

wifi ソフトバンク 新着

ソフトバンクのプラチナバンドを利用する3つの意義とは何?

投稿日:

ソフトバンクのプラチナバンドを利用する3つの意義とは何?
スマートフォンが普及した今、主要キャリアと言われているソフトバンク、au、docomoのユーザー獲得に向けた競争はますます激しくなっています。正直、料金プランの内容は似ている。人気の端末であるiPhoneもすべてのキャリアから発売されている。
MNPを利用すれば、番号を変えることなくキャリアの乗り換えが出来る。だとすれば、キャリアを決めるポイントとなるのは一体何なのでしょうか。快適に使える通信環境が整っていることは、大きなポイントと言えるのでは。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

プラチナバンドの特徴とは

ソフトバンクのプラチナバンドという言葉を、耳にしたことがある人も多いのでは。やはりプラチナバンドの特徴が、魅力のポイントです。ソフトバンクのプラチナバンドとは、具体的にどのような特徴が挙げられるのでしょうか。
電波が遠くまで届きやすく、障害物を回り込んで伝わるといった特徴を、ソフトバンクのプラチナバンド、プラチナバンドLTEは持っています。このため携帯無線通信において最適な周波数帯域といわれているのです。価値の高い帯域という意味で、プラチナバンドと呼ばれています。その名の通り、価値の高い特徴を持っているソフトバンクのプラチナバンド。
繋がりやすくなるためには、ポイントがあります。エリアが拡大されるので、ソフトバンクのプラチナバンドはより遠くまで電波が届きやすくなります。また室内にいても、電波が入りやすくなります。回り込んで届くという特徴を活かして、障害物を回り込みビルの陰などでも電波が届きやすくなっているのです。
ソフトバンクのプラチナバンドでは、これまでカバーできていないエリアもカバーが可能になります。繋がりやすく快適な通信サービスの提供が可能になったのです。

対応している機種の豊富さ

ソフトバンクから発売されている、高性能なスマートフォンたち。そのほとんどが、プラチナバンドに対応しているので安心です。
プラチナバンドLTEに対応している端末が、iPhone6、iPhone6Plus、iPhone5s、iPhone5c、iPadAir2、iPadmini3、iPadAir、iPadmini2、XperiaZ4、Galaxy S6 edge、AQUOS Xx、AQUOS CRYSTAL 2、DIGNO® U、AQUOS CRYSTAL X、シンプルスマホ2、Xperia™ Z3
AQUOS CRYSTAL、AQUOS Xx 304SH、AQUOS PHONE Xx mini 303SH
AQUOS PHONE Xx 302SH、ARROWS A 301F、Disney Mobile on SoftBank DM016SH(別ウィンドウで開きます)GALAXY Tab4、Pocket WiFi 303ZTとなっています。
プラチナバンドに対応している端末が、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s、iPhone 4、iPad Air 2、iPad mini 3、iPad Air、iPad mini 2、iPad Retinaディスプレイモデル、iPad miniとなっています。
高速で快適に通信が楽しめるソフトバンクのプラチナバンド。対応している端末が多いのも、魅力のポイントではないでしょうか。

より快適に提供できるように工夫されている

日本でも人気の高いiPhoneシリーズを、最初に販売を開始したのはソフトバンクでした。ソフトバンクは、iPhoneによって、多くのユーザーを獲得しました。しかし、電波の不安定さに関する意見が多く出ていたこともあります。そんな中、ソフトバンクが打ち出した打開策が、プラチナバンドというものです。
以前から800MHz帯を利用していたdocomoとauと比較して、ソフトバンクは1.5GHz帯と2GHz帯という高い周波数しか持っていませんでした。しかし携帯電話で利用するのには、800MHz帯や900MHz帯が適しており、必要だと考えたソフトバンクが最初にプラチナバンドと呼び出します。2012年7月から、総務省の許可を受けて900MHz帯の電波サービスをソフトバンクも開始しました。この際に何度もCMで繰り返された、プラチナバンドという言葉を覚えている人も多いのでは。
ソフトバンクのプラチナバンドは、スマートフォンの進化にも対応しています。LTEが供給されるようになれば、基地局から離れた場所や建物の影でも、LTEが繋がりやすくなるのです。更には、LTEを提供する電波が増えることによって混雑が緩和すると考えられています。iPhoneの発売を受け、より通信環境は安定している事を求められるようになりました。iPhoneのみでなく、アンドロイドのスマートフォンも進化を続けています。そんな中でも、ソフトバンクのプラチナバンドは常に繋がりやすさを工夫しているのです。
ソフトバンクは、docomoやauと比較して、通信環境が不安定で出遅れているといわれてしまうこともありました。しかしプラチナバンドのエリアは、徐々に拡大していっています。山の上など基地局から離れてしまうと、繋がりにくいとされていましたが基地局も増え、通信環境も徐々に安定しています。
ソフトバンクの公式ホームページから、プラチナバンドのエリアを確認することも出来ます。自分が住んでいる地域も、きっとプラチナバンドの対象となっているのではないでしょうか。繋がりやすく快適に使えるのは、やはり嬉しいですよね。
障害物を回り込み、安定した電波を届けることが出来るソフトバンクのプラチナバンド。今後ともエリアはますます拡大していくと思います。旅行に行っても、ソフトバンクのプラチナバンドを利用すると快適にインターネットなどを楽しめるのではないでしょうか。
ソフトバンクのスマートフォンも、安定した通信環境で利用することが可能です。ナビや調べ物、場所を問わずに快適に使用出来るのは嬉しいですよね。キャリアを決める際には、通信環境を考えてソフトバンクを選択してみるのも良いのでは。
※タイトル画像: http://goo.gl/3scHWZ

関連記事

プラチナバンドLTEでソフトバンクの通信速度が倍になる
今後が期待されるソフトバンクの4G!期待が高まる3つの理由
検証!Wi-Fi選びはやっぱりdocomo?選ばれる3つの理由

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-wifi, ソフトバンク, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.