5分で分かりやすく解説!ソフトバンクホワイトプランとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

ソフトバンクの料金プランと聞くと、まず初めに思い浮かべるのが「スマ放題」でしょう。
通信キャリア大手3社横並びで、定額通話し放題+データ定額パックの料金体系を主流としていますから、そう思うのは当然のことだと思います。

通話定額パックが出るまではソフトバンクの料金プランと言えば「ホワイトプラン」のイメージが強かったですが、最近では「スマ放題」の陰に隠れて存在が目立たなくなってしまいました。

中には「ホワイトプランって昔の料金プランでしょ?
もうそんなプランないんじゃないの?」と思っている人もいるでしょう。
ソフトバンクの正規の料金プランとしてホワイトプランはまだ存在していますし、新規にホワイトプランで契約する人、過去にホワイトプランでソフトバンクと契約して、そのまま料金プランを継続しているもいます。

場合によってはスマ放題よりも有利になることもあります。もう一度ホワイトプランを見直して、スマ放題との違いを見て行きましょう。

ホワイトプランとは?

10-01

ホワイトプランは基本使用料(通話)が月額934円でソフトバンク同士の通話が1時から21時まで無料、それ以外の時間帯と他キャリアへの通話は30秒20円。

SMSはソフトバンク同士と他キャリアからの受信は無料、他キャリアへの送信は3円となります。料金体系はホワイトプラン基本使用料+パケットし放題フラットまたはパケットし放題+S!ベーシックパックの合計になり、通信料金合計は毎月3000円から7000円程度になります。

ホワイトプランは二年契約が前提の料金プランですから、二年の契約期間の途中に解約すると解約金9500円か発生します。

スマ放題は通話し放題で月額の通話料金2700円、この他にスマ放題ライトがありますが、大きく分ければソフトバンクと契約をする場合には、スマ放題(スマ放題ライトを含む)かホワイトプランのいずれかを通話パックとして選択することになります。

ホワイトプランのメリット

10-02

ソフトバンクとの契約ではホワイトプランとスマ放題の二つから通話プランを選択することとなりますが、通話の使用頻度が高い人は「スマ放題」、通話使用頻度が低くスマ放題の料金の2700円分も通話を使わない人や通話はするがIP電話を主に使用している人ならば、ホワイトプランが有利でしょう。

スマ放題の最も安いプランはスマ放題2700円+データパック2GBで3500円になり、合計6200円になります。

ホワイトプランの場合は通話934円+パケットし放題フラットの場合で6600円程度とホワイトプランの方が若干高額になりますが、データパック2GBで契約する人は少ないと思いまく大半の方は5GB以上のデータパックで契約するでしょうから、ホワイトプランの方が月々の料金的には有利と言えます。

パケットし放題フラットでなく、通常の「パケットし放題」プランですとホワイトプランの最安料金は月額3000円弱になります。

ただし「パケットし放題」の料金はほとんどデータ通信を使用しない場合は安いですが、パケット使用料が従量制のため、普通にメールやネットを利用しているとあっと言う間にデータ使用量が跳ね上がり、結果として「フラット」の方が安くなります。ホワイトプランで契約する場合は「パケットし放題フラット」を選択しましょう。

ホワイトプラン、スマ放題のメリット、デメリット

10-03

ホワイトプランは通話をあまりしない人、通話をしたとしても相手が同じソフトバンクユーザー向けの場合には通話料金でもメリットがありますが、通話の相手先が他社キャリアの携帯や固定電話が多い場合には、従量制で通話料が加算されますから、スマ放題の方が有利になります。

ホワイトプランはデータ通信の使用頻度と使用量が多い人にはメリットが大きいのですが、逆に通話が大半の使用方法でデータ通信をほとんど使わない人の場合もスマ放題の方がメリットがあることになります。

またスマ放題もホワイトプランも二年契約のプランですが、スマ放題の契約期間中にホワイトプランに契約を変更すると違約金9500円が発生します。

逆にホワイトプランの契約期間中にスマ放題に変更する場合には違約金がかかりません。
ただし一度スマ放題に変更してしまうと再度ホワイトプランに戻す場合でも違約金が発生しますので、注意が必要です。

まとめ

ホワイトプランはネットを中心にそれも毎月のデータ使用量が多い人にはメリットがあります。

通話の使用頻度が低ければホワイトプランが有利になるのですから、通話を主に使用している人でスマ放題を契約している人はスマ放題の契約期間中にIP電話に変更したりLINE電話に変更、あるいはコミュニケーションの方法をメールやチャットに変更して行き、契約期間が満了しした時を見計らってホワイトプランに契約変更をするのもよいでしょう。

ホワイトプランで不都合があれば、いつでもスマ放題に変更することができますから試して損はないです。新規契約や契約更新の時にはホワイトプランの良さをもう一度考えて見て下さい。

関連記事

ソフトバンク・ホワイトプラン、発表から10年も人気継続
ソフトバンクのホワイトプラン、裏ワザ教えます
ソフトバンクの通話料をもっとお得にするホワイトプラン

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket