app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au ソフトバンク ドコモ 乗り換え

5分で分かるドコモから乗り換えるメリット・デメリット

投稿日:

「ずっとドコモを続けて来たけど、乗り換えた方が良いの?」という疑問をお持ちの方は多いですよね。
料金が安いってドコモから乗り換えるとどれくらい安いのでしょうか。
検討している方でもなかなか分かりづらいドコモから乗り換えのメリット・デメリットを今回はご紹介していきます。長年利用していればこそ尚更お得に利用できるようにドコモから乗り換えていきましょう。
メリット・デメリットを掻い摘んでご紹介していきますので確認していきましょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

メリット:端末代金が安い

乗り換えのメリットはまずは端末代金が安い所です。
機種変更時の端末代金はバカになりません。下取りなどを利用して安くつけたりは出来ますが、それでも月々1000円ぐらいかかってしまう場合も少なくありません。
スマートフォンの場合特に端末代金が高いので、乗り換えの方が圧倒的に安く購入できます。
少し前の端末なら一括0円や端末代金の負担を減らせます。
どの端末にしたいかにもよりますが、他の会社でも出ている端末なら非常にお得に変更できるので非常にメリットがあると言えます。

メリット:料金プラン・サービス

ドコモは現在通話し放題プランのみの提供の為、基本料金が上がるという方も多いのでは無いでしょうか。
他社も同様に通話し放題プランを提供されていますが、同時に以前のプランも提供しています。
また、他社にいく事で固定回線の割引が比較して多くあるなどご利用環境によってもメリットが生まれる場合があります。
通話し放題プラン一つをとっても、例えばauにはドコモに無い料金プランがあります。(3Gプランなど)
そうした使い勝手が他社に移る事で広がり、料金も安く付ける事が可能になります。
乗り換えのメリットは提供サービスの面でも変わってきます。
例えばソフトバンクはドコモと比較してWi-Fiスポットの数が多いです。
初期の頃からiPhoneの取り扱い準備を進めていた事で現状他を圧倒するスポットの数を誇っています。
また、提携会社も様々ですので携帯の支払いで貯めたポイントをコンビニなどで貯めたり利用できたりと生活のサービス面で選べるのも魅力ですね。
14-01

メリット:キャンペーン

こちらが一番のメリットかもしれませんが、乗り換えのキャンペーンが非常にお得です。
乗り換えで契約する事で、月々の割引や下取りなど様々なキャンペーンを利用できます。
端末代金・基本料金と安くなった所に割引などが入るのでこちらも非常に乗り換え需要が高いポイントと言えます。
また、家電量販店・ショップなど店舗によってさらに様々なキャンペーンもしています。
商品券やポイント、現金キャッシュバックなどもあります。
条件などは店舗により異なりますので事前に確認しておきましょう。
機種変更ではなかなか「2万円商品券進呈しています。」無く、やはり乗り換えの専売特許といえるでしょうか。

デメリット:サービスが変わる

乗り換えでのデメリットはやはり、ドコモで無くなることに他なりません。
メールアドレスが変わってしまう、という所から電波状況・ドコモのサービスなどの携帯向けサービスは無くなってしまいます。アドレスが変わってしまって良いのか・他社に同じようなサービスがあるのかはしっかり確認しておきましょう。
スマートフォン利用者はフリーアドレスやPCメールのアドレスを使うなどする事で、連絡先をやり取りしている方に変更伝える手間が省けます。可能であれば普段使うアドレスは携帯会社に影響しないものを選びましょう。
他にも携帯向けサービスでドコモのメールを登録している場合も乗り換え後に変更が必要になります。
電波などもやはりスマートフォンとは言え電話です。電波が入らないと困りますよね。
他社の携帯利用者が近くにいらっしゃれば電波状況などを聞いておくといいでしょう。
11-m

デメリット:ポイント・利用者向け割引サービス

乗り換えてしまうともちろんポイントも無くなってしまいます。
事前に利用をして置きましょう。また、忘れてしまうと失効してしまい戻って来ません。
ポイントを利用しての機種変更も可能なので一度ドコモで見積もりをとって頂くのが最善かもしれませんね。
また、長期利用者向けの割引サービスも乗り換えてしまうと無くなります。
10年以上などでの割引などは事前に確認してどれほどの割引があるのか、乗り換えと比較してどうかを考えておきましょう。
同様に家族割などのサービスもご家族にも影響しますので、家族まとめて乗り換えなどを行わない場合は注意が必要になります。

デメリット:違約金

違約金の存在も忘れてはなりません。
契約タイミングなどによってこちらは内容が変わってきますが、2年ごとの契約になっている方が大多数です。
更新月のタイミング以外では10000程度の違約金が必要となります。
キャッシュバックなどはそういった手数料・違約金などで利用される方が多いです。まずは自身の契約がどうかもドコモに確認して置く必要があります。
もちろん、運よく更新月なら移行時の手数料のみですので2000円程度で済みます。
タイミングを見る必要があるという所も念頭に置いておきましょう。

まとめ

以上がドコモから乗り換えのメリット・デメリットとなります。
まだまだメリットもデメリットもありますので、まず失敗しない為にも事前に乗り換え先・ドコモにて見積もりを取って頂くことを強くオススメ致します。
周りの知り合いや家族で乗り換えた方がいらっしゃれば使用感を聞くのも非常に大事ですね。
しかしながた、月々のスマートフォンなどの通信費用がバカにならないだけに乗り換えという選択は金銭的なメリットが非常にあります。
サービス面についてはご自身でしっかり確認したうえで、失敗のない乗り換えをしてお得に利用していきましょう。

関連記事

ドコモに乗り換える前に知っておきたい!3つの事
絶対得する!ドコモの乗り換えキャンペーン5つのメリット
ドコモからソフトバンクに乗り換え!変える3つの理由は?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, ソフトバンク, ドコモ, 乗り換え

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.