app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone ドコモ ドコモの最新スマホ・人気スマホ

最新?定番?ドコモのスマホ、おススメ人気機種勢ぞろい!

投稿日:

2016年5月11日にドコモの夏モデルスマホが発表されました。スマホ5機種、タブレット1機種、モバイルWiFiルーター1機種が新たに製品ラインアップに追加されましたが、1シーズン前の春冬モデルやiPhoneシリーズまで含めると選択肢が多く、迷ってしまいます。
最新の夏モデルは現時点(2016年5月)でいずれも予約受付のみでまだ販売されていませんが、これらも含めて買って後悔しないハズレのない機種をご紹介してみます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

Galaxy S7 edge SC-02H

GalaxyシリーズはS6 edgeがドコモから販売されていましたが、その後継機でGalxyシリーズのフラッグシップに位置づけられるモデルです。
ディスプレイは5.5インチとより大型になりましたが、背面にカーブが付けられ手にフィットする作りになっています。
S6 edgeで不評だったバッテリーは3,600mAhの大容量になりバッテリー性能が向上しています。
edgeスクリーンの表示幅がより広くなりアプリアイコンをedge部分に表示できるようになりました。
実機を持ってみると、やはり5.5インチは大きいですし、バッテリー容量が増えたためか重量も感じます。
ただサイズが大きい割には持ちやすいので、大きさは余り気になりません。
更に待望の防水防塵機能も搭載されて、先進機能と使い勝手が両立された機種となっています。

Xperia(TM) X Performance SO-04H

ドコモの定番になっているソニー製スマホXperiaシリーズの最新モデルです、発売予定は2016年6月とされています。
02-01
ソニーお得意のハイレゾオーディオ機能が搭載され、クリアな音質で音楽を楽しむことができます。
デザインは従来のXperiaシリーズに特有の角ばったデザインから、なめらかに丸みを帯びたラウンド形状に変更されています。
ディスプレイは5.0インチHD、カメラはZ5と同様のアウトカメラ2300万画素、ただしZシリーズの4K動画機能は搭載されていません。Xシリーズの独自機能として、インカメラのオートフォーカス、タップしないで電話操作ができる「スグ電」機能などが搭載されています。

AQUOS ZETA SH-04H

こちらもドコモのスマホラインアップではおなじみになったシャープ製AQUOSスマホの新製品です。
02-02
液晶は省エネ性能に優れた5.3インチハイスピードIGZOディスプレイ、カメラは2260万画素に手ぶれ補正機能も搭載。シャープ製スマホの独自AIの「エモパー」も進化バージョンが搭載され、健康維持に役立つ情報を伝えてくれます。
またデザインは従来のシャープ製スマホの角ばったデザインから変更され、角が丸みを帯びたiPhoneに近いデザインとなっています。

arrows SV F-03H

格安スマホの代名詞となってしまった感が強いarrowsですが、格安スマホとして販売している機種とは異なり、機能に妥協をしていないハイエンドモデルです。
02-03
富士通お得意の公表バッテリー持続3日間とスタミナは十分で、ボディカラーは3色あり、それぞれの色に合わせた鉱石のイメージで高級感を持たせた高級感のある仕上げとなっています。
防水防塵はもちろんですが、特筆すべきは、米軍の調達基準を満たす耐高温、耐塩水、耐衝撃性能を誇り、タフな使用にも十分耐えられるとなっています。

iPhone SE

この原稿を書いている時点では未だそのキャリアも在庫なし、量販店もほとんど在庫なし、予約をしてもいつ購入できるかわからない、と言う困った事態になっているiPhone SEですが、iPhoneシリーズは定番として外すことはできません。
02-04
現時点ではiPhone6sかSEかの二択になると思いますが、コストパフォーマンスの点でiPhone SEとしました。
デザイン、サイズはiPhone5sと同じですが、小さな4インチ液晶ボディにiPhone6sと同じA9プロセッサを搭載、TouchIDまで搭載されていて、5万円から6万円台で購入できます。
他のスマホは大型化が進んで持ちにくい傾向があるので、楽に片手持ちができて高性能のiPhone SEは定番中の定番と言えると思います。

まとめ

ドコモ冬春モデルのXperia Z5(premium、compact)なども紹介すべき機種だと思いますしXperiaシリーズでは旧モデルとなるA4などもお買い得と言う点でおすすめできる機種ですが、新商品発表直後ですから新商品にターゲットを絞ってご紹介しました。
ドコモに限らず最近の大手キャリアは新機種の点数を絞り込んで販売する傾向が続いていますのでハズレ機種を掴まされる心配はないでしょう。

関連記事

これがおすすめ!知ってトクするドコモのスマホ5種はこれ!
あなたにぴったりの1台を!モデル別ドコモの人気スマホ紹介
どれが一番?ドコモのスマホ絶対おすすめ新機種まとめ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, ドコモ, ドコモの最新スマホ・人気スマホ

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.