app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

MNP予約番号 ドコモ ドコモオンラインショップ 新着

ドコモを解約して他社へ!違約金が発生しないか確認を!

投稿日:

世の中の大多数を占める身近な携帯機器。その中でも圧倒的なシェアを占める『スマートフォン』ですが、沢山の種類が存在しますよね。
その中で決定的なものになるのはなんでしょうか。
『値段』『デザイン』『機能性』・・・様々な理由があると思いますが、その中でいつも躓くのが『キャリア』の存在ですよね。
今はこれを使っているけれども新発売されたあれが欲しい、でもキャリアが違う・・・。
あるあるだと思います。
その際気になるのはやはり『違約金』の存在です。
中途解約するための違約金はするのかしないのか、するとしてどれだけかかるのか。
気になるところです。
というわけで今回は大手キャリア『ドコモ』から他社にうつった時のお話をさせて頂きたいと思います。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

違約金のかからないタイミング

ドコモを解約する際に一番注意しなければならないのが『違約金のかからないタイミングで解約すること』、です。
ドコモの場合は契約満了月という表現で公式から確認することができます。
しかしドコモの契約満了月は『違約金のかからないタイミング』ではないのです。
ではいつがかからないのでしょうか。
それは、
『契約満了月』の『翌月』です。
ドコモの言う契約満了月というのはマイドコモ(ドコモのマイページです)で確認できますし、勿論電話でも確認できます。
ドコモの場合はその言葉通り『契約が満了する月』であって、2年縛り契約の最後の月ということになります。
なので、2年縛りの契約の無い期間が違約金(解約金ともいいます)の発生しない期間となるので、その月は違約金が発生してしまうわけです。
つまり、翌月ということなのですね。
ではこの契約満了月を調べる方法の1つとしてインターネットで料金明細やプラン変更などができるサービス、マイドコモで調べることができます。
スマートフォンは勿論パソコンやタブレットからでも見れますのでいつでも利用できますよ。


ログインをして少し下にスクロールさせると『ご契約内容確認・変更』という項目が見つかると思います。
(ドコモオンライン手続きの辺りですね)
すると契約の詳細が複数ページに渡って表示されるのですが、1ページ目にある
『端末利用期間 XX年XXヶ月(次回更新日 20XX年XX月XX日)』
と表示があるかと思います。
この表示は「契約満了月」ではないので気をつけてください。
「次回更新」と書いてあって「20XX年XX月XX日」と年月日まであると、それが違約金のかからない月なのかと見間違えますよね。わかります。
次回更新月というのはこの項目の表示が更新される月であって、違約金や2年縛りの項目とは全然違います。
そのままページ最下部にある「次へ」または「2」あたりを選択して画面を切り替えます。
契約によって2年縛り契約の該当する項目が異なると思いますが、月々の基本料金を割引する「ファミ割MAX50」「ひとりでも割50」あたりが該当する方が多いのではないでしょうか。
例を下記に上げると・・・。

「ファミ割MAX50?ひとりでも割50」
ご契約中
ご契約期間は2014年3月で22ヶ月目となりました。
契約満了月は2014年5月です。

と表示がされると思われます。
一般的に2年縛りと呼ばれていますが、このような割引オプションに紐づいているので、この割引オプションの項目を確認しなければならない訳ですね。
そしてようやく出てきました「契約満了月」の表示。
冒頭でも説明しましたがこの「契約満了月」と書かれた5月に解約をすると「9,975円」の違約金発生です。
上記の例の場合は「5月で2年縛りという契約が満了となり、6月からは違約金が発生しませんよ」ということを意味しています。
実はdocomoの公式サイトにもちゃんと書いてあるのですが、auやソフトバンクの表示とタイミングが違ったりしていて理解しにくいですよね。
余談ですが、auの場合は「次回更新年月」という表現で、こちらは表示上そのままの年月が違約金のかからないタイミングとなります。
中にはdocomoとauを間違えてしまい、auを解約するときに翌月になってから解約したら、しっかりと9,975円x複数台の違約金を取られてしまったというとっても痛い経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
間違えて・・・という意味では、docomoの場合は表示の翌月なので、間違えても少し待てば更新月となるので安心です。

マイドコモって?

先ほど『My docomo』(以下マイドコモで表記します)の利用について触れましたが、まだマイドコモを利用したことがない方は簡単な初期登録が必要になります。
マイドコモの登録にはインターネットが使える環境であれば、スマホでもタブレットでも、パソコンからでも登録できます。
しかし、登録を完了させるための最後のステップである「登録確認メール」がドコモの携帯・スマホ宛に発信されそれを確認する必要があるので、端末なしで登録することはできません。
※最近、携帯・スマホなしでもマイドコモに登録することができるようになりましたが、あくまで登録ができるだけで、契約内容などを参照することはできません。当たり前ですが。
ちなみに余談になりますが、ドコモからauやソフトバンクなどの他社キャリアへMNPする際に必要となる『MNP転出予約番号』の発行も、このマイドコモからできます。
auやソフトバンクでは電話をかけて、説得を払いのけてまでしてこの「MNP転出予約番号」を取得する必要があるのですが、ドコモはマイドコモから一発。
お得にスマホを利用し続けたい方にはとても有難いサービスです。
ちなみに、キッズケータイなどもマイドコモから『MNP転出予約番号』を取得できます。
ソフトバンクでは子供向けの携帯だけは電話でやりとりが必要となるのですが、ドコモはキッズもWebでいけます。
便利ですね。

まとめ

さていかがでしたでしょうか。
今回は『ドコモから他社にうつる場合の違約金』についてお話させていただきました。
やはり欲しい携帯を手に入れたいですし、その際無駄にかかるお金なんかは排除したいものです。
ドコモだけは違約金のかかる月が変わりますのでそこらへん注意していただきたいですね。
ではよいケータイライフを。
※タイトル画像:http://goo.gl/H33ybd

関連記事

ドコモの解約金が想定外…チェックすべきだった3つの項目
docomo解約時に解約金が0円になるたった一度のチャンス?
ドコモの通信料を更に安く抑えるために必要なこと5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-MNP予約番号, ドコモ, ドコモオンラインショップ, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.