app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

ドコモ 乗り換え 解約金・違約金

【お得】解約金0円でドコモに乗り換えるための3ステップ

投稿日:

携帯回線をのりかえたり解約したりする場合には解約金がかかってしまうのですが、できればこの解約金はかからない方法でのりかえや解約を行いたいですよね。
今回の記事では、大手通信会社ドコモに利用解約金0円でのりかえるための方法を3ステップにわけて紹介していきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

解約金とは…

他キャリアからドコモにのりかえる場合は、解約金(9500円:税抜)とMNP転出料金(2000円~3000円:税抜)、ドコモ側で事務手数料(3000円:税抜)がかかります。
のりかえする場合は、基本的に転出料金と事務手数料は必ずかかります。
ただ、この【解約金】はかからずに変更できる場合があります。

【更新月】での解約

更新月での解約は、一番シンプルな解約金がかからない方法です。
では、更新月で解約(のりかえ)をする方法を3ステップで紹介していきます。

ステップ1:更新月を確認する

更新月とは【二年縛り】と言われる契約期間中に一か月だけ訪れる期間です。
基本的には契約した期間から25か月目が更新月という扱いになります。
この一か月間を逃してしまうと、解約金の9500円が丸々発生してしまうので、この更新月をしっかり把握しておきましょう。
以下が解約金のかからなら更新月をショップに行かずに確認する方法です。
・電話での確認
auとソフトバンクの場合お客様センター(157番)に発信すると、解約更新月を確認することが可能です。
解約更新月以外にも現状利用しているキャリアを解約するにあたり不明点がある場合、その場で聞けるのはメリットです。
ただ、電話回線での問い合わせは混み合うことが多く待ち時間も長いことが多いので急ぎで確認したい方は電話での確認はおすすめしません。
・ネットで確認する
auの場合【auお客様サポート】、ソフトバンクの場合【My softbank】での更新月の確認が可能です。
電話とは違い24時間好きなタイミングで確認することが可能ですし、待ち時間もないのでネットで確認する方法がおすすめです。
20-m

解約金がかからない契約の場合もあり。

解約金がかからない契約も実はあります。
それはau・ソフトバンクで解約金がかからないプランはかけ放題プラン(カケホ・スマ放題)の二年契約をせずに利用している場合は解約金がかかりません。
ただ、二年契約をしている場合としていない場合では、1500円毎月の金額が変わるので基本的にはみなさん二年契約に加入されています。
ただのりかえなどをすぐ検討している場合は二年契約に加入せずに利用した方が解約金がかからずお得に変更できます。

ステップ2:予約番号の取得

上記で説明した方法で、更新月を確認したらその更新月期間にドコモへ乗り換えする際に必要になる【MNP予約番号】を取得しなくてはなりません。
予約番号は先ほどお伝えした157番で取得が可能ですので、更新月を確認し更新月が問題なければそのままとってしまいましょう。
ただ、MNP予約番号には有効期限があり、取得日から二週間が期限になっていますので更新月が問題ないからといってすぐ予約番号をとってしまい二週間が過ぎてしまった場合は予約番号を再取得しないといけないのでご注意ください!
また、予約番号を取得するという事は解約意思があるということになるので、予約番号をとる電話でオペーレータの方も抑止をしてきます。
抑止する際に機種変更に使えるポイントなどの案内もありますのでドコモでの乗り換えとポイントを利用した場合の金額を比較してみるのもありです。
ただどうしてものりかえをする意思が強い方は、はっきりと断るとスムーズに予約番号の発行ができます。
14-03

ステップ3:更新月内にドコモへのりかえる

では、これで最終段階です。
MNP予約番号をとったからといって解約したことにはならず、ソフトバンクやauからドコモへ回線が切り替わった時点で、解約が成立します。
なので更新月内に解約を行いた場合は、更新月内にドコモへ切り替えないといけません。
切り替えはショップですることももちろん可能ですし、オンラインショップからすることも可能です。
ただショップでのりかえ作業をする場合、1~2時間ほど時間を要しますので、筆者はオンラインショップからの変更をおすすめします。オンラインショップから申し込めばショップに比べて時間を拘束されずに済みます。
ただ、切り替え時には端末が必要になりますので、到着時間を考えて早めに申し込みをしましょう。

まとめ

今回紹介した、以上の3ステップで切り替えが完了すれば、解約金がかからずにドコモへ乗り換えることが可能です。
せっかく毎月の料金が安くするためにのりかえるのであれば、解約金もかからずにお得にのりかえないと意味がないですよね!
せっかく料金節約するためにのりかえるのであれば上記の3ステップでお得にドコモへのりかえましょう!

関連記事

知らないと後で後悔!ドコモの解約金、金額と発生条件まとめ
2年縛り、ショップのみ、違約金・・・ドコモ解約時に気を付ける点
一体いくら?ドコモを解約するときにかかる費用とは

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-ドコモ, 乗り換え, 解約金・違約金

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.