app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

一体いくら?ドコモを解約するときにかかる費用とは

投稿日:

電話番号を変える事なく、キャリアの乗り換えが可能なMNPが開始され、新しい機種を購入する際にキャリアを気にしない人も増えています。特にスマートフォンが普及している今、コミュニケーションを取るのもLINEなどのアプリが中心に。またGmailもアプリで気軽に使える事から、キャリアのアドレスを使用する機会が減っています。
だからこそ、電話番号さえそのままであれば気軽に乗り換えが出来てしまいます。しかし乗り換えをする際には、ドコモなどを解約しなければいけません。ドコモ解約時の費用とは。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

解約時のタイミングが重要

ドコモを解約する際に注意したいのは、タイミングです。2年縛りという言葉を聞いたことがある人も多いのでは。基本的に契約プランは2年単位。ドコモのスマートフォンなどをお得で使える料金プランも、最低でも2年間使う事が条件となっている場合がほとんどです。この2年間の途中で解約をすると、解約金が発生してしまいます。
解約金は、9,500円と高額です。解約金が発生しないのは、契約更新月の1か月間です。ドコモの料金プランを、解約前に確認することが大切です。
05-01

2年以上使っている場合も注意

2年以上ドコモを利用している場合は、いつ解約しても良いと思いがち。しかし注意したいのは、契約プランは自動更新だという事です。
ドコモの2年間の料金プラン。2年間が過ぎたタイミングで解約や料金プランの変更がなかった場合は、自動更新となっています。再び2年間の料金プランなので、解約金が発生してしまいます。契約更新月の1か月間に解約することがポイントとなります。

出来れば月の早い内に

ドコモを解約する際の、最後の月の請求。ほとんどの場合が日割り計算となっています。日割りの場合は、月の早い段階で解約に行く方がよりお得になります。
また新しく契約するキャリアの場合は、日割りではなく契約月単位の請求となります。そうした点からもなるべく費用を抑えるために、契約更新月のなるべく早い段階で。ドコモを解約した方が、費用を抑える事が出来るのです。

端末の料金の残額に注意

ドコモでスマホを購入した場合、ほとんどの人がその場で支払いをしていないのでは。それはドコモの月々サポートを受けながら、端末料金も分割で支払いをするからです。そのため解約の時期によっては、端末その物の支払いが残っている場合があります。
またドコモを解約するとなれば、月々サポートが受けられなくなる場合も。割引されていない金額を、一括で支払いするとなれば高額になる可能性もあります。ドコモのスマートフォンを購入して、すぐの解約の場合には特に注意が必要です。
05-02

キャリアが打ち出す新しい機種変更の形

ドコモを解約して、新しく契約したキャリアがソフトバンクの場合もauの場合も。次の機種変更時に、キャリアが端末料金の残額を負担してくれるプランがあります。
スマートフォンは次々に新しい機種が販売されています。アンドロイドの機種は季節の変わり目に、iPhoneなどは1年ごとのペースで新型モデルが発売されている今。2年間を待たずに、新しいスマートフォンが欲しいと思う人も多いのでは。
キャリアの打ち出す新しいプランは、2年以内に機種変更が出来るというもの。新しいスマートフォンへ機種変更した場合、端末料金の残額はキャリアが負担してくれます。新しいスマートフォンに興味を持ちがちの人は、プランに加入しておくのも良いのでは。

乗り換えの際には手数料が必要

ドコモを解約して他社に乗り換えをする場合、手数料が発生するので注意をしておきましょう。まずはドコモを解約した際に発生する手数料が、MNP転出手数料として2,000円です。その後新しく契約するキャリアで、新規契約事務手数料として3,000円が必要です。
解約するドコモの最後の請求。新しく契約したキャリアの最初の請求に、手数料はそれぞれ上乗せされるので頭に入れておくと良いのでは。

手数料はキャンペーンで補える

ドコモを解約した際の手数料や、新しく契約するキャリアへの手数料。これらは乗り換えで契約した人を対象とした、キャンペーンの金額で充分に補う事が可能です。
ソフトバンクやauに乗り換えをした場合、契約する料金プランに応じた割引があります。自分に合った料金プランで契約することも可能ですし、毎月の支払い料金がお得になるのは嬉しい事ですよね。
05-03

タイミングに注意して解約を

ドコモを解約しての乗り換えは、タイミングに注意が必要です。契約更新月に解約をして乗り換えをすれば、さまざまなキャンペーンを活用してお得に新しいスマートフォンを購入することが出来ます。
またドコモを解約した際の端末は、それぞれのキャリアで下取りをしてもらう事も可能です。下取りされた料金は、新しく購入したスマートフォンの代金から割引されます。下取り時には初期化してすべてのデータが消去されます。こうすることによって電話帳などから個人情報の流出を防ぐ事が出来るからです。
しかし新しく購入したスマートフォンなどに電話帳などのデータを移行しなければ、使う事が出来ません。ドコモを解約する際には、きちんとバックアップを取っておきましょう。まだドコモを解約しておらず通信が出来る状態のうちに、アプリなども引き継げる状態にしておくことが大切です。SNSのアカウント、ゲームなどのアドレスなどの入力、解約前にチェックしておくことも大切です。
またドコモを解約する前には、有料コンテンツに加入していないかもチェックしておきましょう。明細をチェックして、解約することも大切です。

関連記事

解約するタイミングがズレると損?ドコモ他各社の違約金
ドコモを解約して他社へ!違約金が発生しないか確認を!
ドコモの解約金が想定外…チェックすべきだった3つの項目

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.