app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

ドコモiPhoneにするなら知っておくべき容量別価格一覧

投稿日:

アップル社から発売されているiPhoneシリーズ。日本でソフトバンクが発売を開始して、多くのユーザーを増やしました。その後はauでも発売が開始。少し遅れてドコモもiPhoneの取り扱いを始めて、ますます人気が高まっています。
それと同時にキャリア同士のユーザー獲得に向けた競争も激しくなる中、ドコモの安定した電波環境などに魅力を感じている人も多いのでは。ドコモでiPhoneを購入する場合、どういったポイントに気を付けておけば良いのでしょうか。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhoneの容量はどれくらい必要か

アップル社が2015年9月に発売したiPhoneの最新モデルiPhone6s。ドコモでも発売されており、記録を更新する売れ行きになっています。カラーバリエーションも、ローズゴールドが新色として追加。
スペースグレイ、シルバー、ゴールドと4色展開に。新色は人気が高く在庫切れの店舗も多いです。ドコモで購入する際には、カラーによって価格に変化はありません。見た目が同じiPhoneでも容量によって価格が違うのです。
15-01
まず自分がどの程度の容量が必要なのか考えましょう。ドコモであっても他社であっても、今までiPhoneユーザーであれば容量の目安は付きやすいですよね。16GB、64GB、128GBの3パターンがiPhone6sでは用意されています。
映画などの動画を多く保存している場合、アプリを多く使いたい場合は128GBの大容量がオススメ。今まで16GBを使っていて、容量不足を実感していた人は64GBが。
必要最低限の利用や定期的にバックアップをしてデータを多く持ち歩かない場合は、16GBでも充分です。
128GBのiPhoneの方が、もちろん価格は高くなります。きちんと自分に合った容量を選んで、使うようにしましょう。

ドコモのキャンペーンを利用してお得に

iPhoneは高額だというイメージを抱いている人も多いのでは。しかしiPhoneは、ドコモが実施しているさまざまなキャンペーンの対象に。こうしたキャンペーンを利用すれば、端末価格をお得にすることが可能です。

下取りキャンペーン

ドコモでは、iPhoneを購入する際に今まで使っていた端末の下取りを行っています。自宅で使わずに保存しておくよりも、下取りでお得になるのは嬉しいですよね。下取り価格は、iPhoneの端末料金に適用されます。
端末価格は、分割で料金プランの基本使用料などとともに支払いをします。iPhoneの価格が割引されると、必然的に月々の支払いをお得にすることが可能です。
15-02
下取りをする前に、下取りの対象となる端末のバックアップをしておく必要があります。iPhoneにデータを移行するための準備が必要です。初期化してすべてのデータが消去されてしまう前にバックアップしておきましょう。

乗り換えボーナス

他社からMNPを使ってドコモに乗り換えをして、iPhoneの購入を検討している人も多いのでは。ドコモではiPhoneの購入時に、その場でのりかえボーナスがもらえます。最大で21,600円も価格が割引されるキャンペーンは嬉しいですよね。

乗り換え時のタイミング

乗り換えの際には、下取りやのりかえボーナスによって価格を抑える事が出来ます。せっかくキャンペーンで価格が安くなるのであれば、できるだけ費用は抑えたいですよね。タイミングに注意してドコモへの乗り換えを行いましょう。
現在の料金プランは、安く使える代わりに最低でも2年間利用しなければならないものが多いです。2年縛りとも言われており、途中での解約は解約金として9,500円が発生します。契約更新月の1か月間にドコモに乗り換えをすれば、解約金は必要ありません。
せっかくキャンペーンで価格がお得になるのであれば、契約更新月の乗り換えがオススメです。契約プランの内容を確認してみましょう。

通話し放題の料金プラン

現在ドコモでは、24時間通話がし放題の料金プランが用意されています。今まで通話をする機会が多い人は、なかなか月々の支払い価格を抑える事が出来ませんでした。しかし新しいカケホーダイプランは、24時間通話が無料。ドコモ同士はもちろんの事、他社や固定電話への通話も無料なのはお得ですよね。

データ容量はどうするか

ドコモのカケホーダイプランの特徴は、データ容量が選べるという点にもあります。今まではパケットし放題が主流でした。パケットし放題であっても、月の使用量が7GBを超過すると通信制限になります。
データ容量をフルに利用する人もいれば、必要最低限しか利用しない人もいる。選べるデータ容量で、自分にあったデータ容量で契約することが価格を抑えるうえで大切なポイントとなります。
もちろん小容量の方が、価格は安くなります。小容量のプランで価格を抑えて、Wi-Fi回線で利用する人もいます。大容量を家族で購入して、家族でシェアすることも可能です。

キャンペーンで価格を抑えて賢く購入

ドコモでは、iPhone購入時に価格をお得にするキャンペーンが充実しています。これらのキャンペーンを活用することで、端末価格を抑える事が可能に。月々の携帯料金も安くなるので、安心して使う事が出来るのではないでしょうか。
ドコモの電波環境は、繋がりやすいといった口コミが多いです。災害時の対応などでも、好意的な口コミが多いドコモ。人気のiPhoneと、ドコモの電波環境。さらに充実したキャンペーン。価格などすべての面で満足できるのでは。
メイン画像: http://goo.gl/54eN27

関連記事

なるべく得したい!iPhone買取に関する重要情報7選
おすすめはやっぱりドコモ?1番お得なスマホを手に入れよう
ソフトバンクのあんしんサポート20件で快適なiPhoneライフを

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.