app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

【購入前必読!】ドコモiPhone6sの価格と月々の料金まとめ

投稿日:

アップル社から発売されているiPhoneシリーズは、日本でもシェア率が最も高いとされているスマートフォンです。
2015年9月に発売されたiPhone6sも、記録を更新する売れ行きとなっています。主要キャリアとされている、ソフトバンク、au、そしてドコモの3社すべてから発売されているiPhone6s。
ドコモで購入した場合の価格は、どのようになっているのでしょうか。毎月の支払い料金を知っておくと、購入する際にも安心です。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

自分に合った料金プランを選択する事

iPhoneを購入する際に、ドコモの料金プランで契約をします。ドコモにある料金プラン、自分にあったものを選ぶ事が大切です。
今までドコモを使っていた人も、iPhone6sを購入する際には、プランの見直しをしてみましょう。毎月支払いをする料金プランの価格。少しでも下げる事が出来れば嬉しいですよね。

通話がし放題の料金プラン

今まで携帯料金の価格を高くしていたのは、通話料金でした。通話料金がお得になるためには、ドコモ同士であること、あるいは家族であることなど条件があるものがほとんど。
通話をする機会が多い場合、なかなか価格を下げる事が出来ませんでした。
19-01
しかしドコモのカケホーダイのプランの場合は、24時間通話が無料で行えます。ドコモ同士はもちろん、他社への通話や固定電話への通話も無料で行えます。通話料金が価格を上げていた場合、大幅な節約に繋がるのではないでしょうか。
最新のiPhone6sであっても、カケホーダイの場合、月々の価格は基本使用料が2,700円。どれだけ電話をしても、価格が上がらないので安心です。
さらにライトプランの価格は、毎月1,700円。通話時間が短い場合さらにお得な価格でiPhone6sが使えます。

データ容量を選ぶ

カケホーダイプランの特徴は、データ容量を選ぶ事が出来る点にあると思います。今までのドコモは、パケットし放題の料金プランが定番でした。
しかしパケットし放題にしておく必要があるほど、データ容量を使わない人もいます。データ容量を小容量から大容量まで、適したものを選ぶ事で価格を節約できるのです。
iPhone6sを使う際に、Wi-Fiに接続して利用する場合。
キャリアの通信ではなく、Wi-Fi回線がメインになる場合は、小容量でも毎月快適に利用することが出来ると思います。iPhoneを小容量の2GBにした場合、毎月の価格は3,500円です。
ドコモの場合、家族でシェアすると30GBまで利用可能。価格は22,500円と高額になりますが、iPhone6sの他ドコモを利用する家族で分け合うと思えばとってもお得です。
19-02

パケットし放題の料金プラン

選べるデータ容量とはいえ、ドコモを単身世帯で利用している場合。
iPhone6sで通話をする機会がほとんどない場合、通話し放題の料金プランへの加入はためらってしまうと思います。まだまだパケットし放題の料金プランは人気です。
パケ・ホーダイフラットの場合月々の価格は5,200円。iPhone6sでのインターネット通信や、アプリを快適に楽しむ事が出来ます。

通話料金を節約する工夫

ずっとドコモを愛用しており、料金プランの変更をしていない場合。通話をする機会が少ない場合、ときどきする通話の価格が節約をするうえでポイントになってきます。
iPhone6sで通話をする際の価格を無料にするには、アプリを活用することが有効です。お互いにLINEユーザー同士であれば、LINEを使って通話が出来ます。
また050+であれば、初期費用が掛かるものの固定電話などへの通話価格を抑える事が出来るのです。

キャンペーンを活用してお得に

ドコモでiPhone6sを購入した際、多くの人がその場では料金の支払いを行いません。iPhone6sの端末そのものも、分割した価格を毎月の料金プランとともに支払いをしていきます。
そのため、端末価格を下げる事で毎月の支払いを抑える事も可能なのです。
ドコモではiPhone6sが対象となる、さまざまなキャンペーンが行われています。こうしたキャンペーンで端末価格を下げて、月々サポートとして利用可能。
ドコモのiPhone6sの端末価格を、下げる事が出来るのです。
05-m

下取りで端末価格を下げる

ドコモを愛用していて、iPhone6sへ機種変更する場合はもちろん。他社から乗り換えでiPhone6sを購入する場合も、今まで使っていた端末を下取りすることが出来ます。
下取りした価格は、新しく購入するiPhone6sの購入代金に適用されます。そのため毎月の支払い価格も下げる事が可能。自宅で使わなくなった端末を眠らせておくのではなく、下取りで有効に使いたいですよね。

他社からの乗り換えでお得に

他社からドコモへ乗り換えてiPhone6sを購入した場合、のりかえボーナスとして最大10,000円を貰う事が出来ます。
のりかえボーナスは、iPhone6sの端末価格に適用されます。毎月の支払い価格が下がるのでお得です。
乗り換えの際には、タイミングが重要です。2年縛りという言葉が生まれる程、スマホの料金プランは2年単位となっています。
そのため途中で解約した場合は、解約金として9,500円が必要なのです。
せっかくのりかえボーナスがあるのに、解約金は支払いたくないですよね。契約更新月に乗り換えをするようにタイミングも大切です。

iPhone6sのデータ容量も自分に適したものを選ぶ

iPhone6sには、データ容量が3種類あります。16GB、64GB、128GBそれぞれから自分の使い方に適したものを選ぶようにしましょう。
もちろん大容量の128GBの方が、価格は高額になるので容量選びも重要です。
今までiPhoneを使っていた人は容量も選びやすいですが、初めての場合はドコモショップで相談してから容量を決める事も大切だと思います。
メイン画像: http://goo.gl/zOqxvD

関連記事

2年縛りは怖くない?ドコモ違約金に関する、超耳よりな情報!
ドコモiPhoneが欲しいなら、絶対に知るべき価格と料金一覧
ドコモiPhoneにするなら知っておくべき容量別価格一覧

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.