app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

Android wifi ソフトバンク

徹底解明!ワイモバイルスマホのいろいろ、聞いてきました

投稿日:

ソフトバンクのお父さん犬に対抗して猫をキャラに使ったCMやポスターが特徴的なYモバイルですが、特徴が今一つよくわからない人が多いのではないでしょうか?
前身のイーモバイルの時代はモバイルWiFiルーターがメインで特徴がわかりやすい通信事業者だったのですが、Yモバイルになってからスマホ、ガラケー、PHS、ルーターと取り扱い商品が増え、ソフトバンクとの違いもよくわからなくなった印象が強いです。
イーモバイルとウィルコムが合併してできた通信事業者ですから前身2社の取り扱い商品であったルーター、PHSまでは理解できるのですが、そこにスマホとガラケーが加わったことで難解な会社になってしまいました。
大手通信キャリア3社(ドコモ、au、ソフトバンク)との商品違いは何?料金はどう違う?と言った疑問を中心にYモバイルのスマホについてご紹介します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

Yモバイルってどんな会社?

先に述べたように、前身はウィルコムとイーモバイルの二社で、イーモバイルがウィルコムを吸収合併、さらにソフトバンクグループ企業内で合併し、社名がソフトバンクとなり、Yモバイルのブランドが存続してソフトバンクの通信事業の一部としてYモバイルを運営すると言った非常に分かりにくい構図になっています。
「Yモバイル」と言う会社はなく社名は「ソフトバンク」、「Yモバイル」はソフトバンクの別ブランド、と言えば少しはわかりやすいかも知れません。
またYモバイルはMVNO(格安SIM)事業者のように思う方もいるかも知れませんが、ソフトバンクの一部ですからMVNOではありません。

Yモバイルの特徴1.通信料金

16-01
通信料金のプランがわかりやすく、シンプルなことが特徴の一つです。
大手通信キャリア3社の通信料金は「通話料金」+「データ使用料金」+「インターネット使用料金」+「オプション契約料金」の合計で、それぞれに複数の種類があって、その組み合わせによって料金合計がさまざまに変化します。
これに対してYモバイルの料金プランは通話とデータ使用量がセットになっており、種類もスマホプランの場合ですと、S、M、Lの3種類だけで、とてもわかりやすい料金体系になっています。
通話は定額話し放題ではなく、一カ月に300回以内、10分以内の通話は無料となります。
通話し放題のオプションは月額1000円で付ける事ができますから、データ通信を余り使用しない人にはお得なプランと言えます。
データ容量はS、M、Lがそれぞれ1GB、3GB、7GBが上限になります。

Yahooとの連携

Yモバイルの「Y」はYahooの「Y」、が示す通りYahooジャパンとの連携もYモバイルの特徴の一つです。
「パケットマイレージ」と言う制度がYモバイルにはあって、マイレージを貯めるとデータ通信量を無料で追加することができます。
このマイレージはYahooにアクセスすることで貯めることができます。
また5日連続でアクセスすれば「パケくじ」を引くことができ、当たればより多くのマイルを獲得できます。
月500円分の追加パケットとYahooプレミアム料金とがパックになった「Enjoyパック」があり、500円で500円プラスアルファの特典を得る事が出来ます。

Yモバイルの携帯

16-02
Yモバイルが取り扱う商品はスマホとガラケー、タブレットとWiFiルーターです。
スマホは5SのみですがiPhoneがラインアップされており、タブレットではSurfaceやLenovoなど他のキャリアでは取り扱いのない製品が含まれています。
変わったところでは本体がハートの形の「ハート携帯」なども購入することができます。
AQUOSスマホやNEXUS6など、キャリアスマホと同じ機種も販売しています。契約、購入はYモバイルの店舗でもできますが、オンラインショップでも可能です。

デメリットに注意

料金がシンプルで安く、取り扱い商品も豊富ですが、良いことばかりではなくデメリットもあることに注意しましょう。
まず、端末の価格は大手3キャリアで販売されている携帯の価格よりも高額になります。
端末本体の価格に差はないのですが、通信キャリア大手3社で端末を購入する場合には、各種のユーザー割引を付けて実質負担額が少なくなるように調整されますが、Yモバイルの場合にはこれがなく、結果として端末の価格は高くなります。
アウトレット品を低価格で販売することがあるので、うまく拾えれば安く端末を購入することも可能です。
またソフトバンクからのMNPはできません。
冒頭にも書きましたがYモバイルはソフトバンクなので、当たり前のことですが念のために述べておきます。
16-03

まとめ

Yモバイルの魅力は何と言っても料金プランに頭を悩ませなくてすむことでしょう。
一番安いSプランの場合は、ガラケーと同じ程度の料金でスマホを使うことができます。
Sの場合はデータ使用量が1GBと極めて小さいので、こまめに通話をする人でデータ通信をあまりしない人やWiFiをメインで使う方なら、かなりお得な料金プランです。
また二台持ちの方ならば、一台は大手キャリアの携帯でデータ通信を主、もう一台はYモバイルで通話を主、と使い分けてもメリットが出ます。

関連記事

お得に賢く!ワイモバイルのスマホのオススメ3ポイント!
ワイモバイルのお得な料金プランで充実のスマホライフ!
持ってるとセンスアップ!女子におすすめスマホカバー5選
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-Android, wifi, ソフトバンク

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.