app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

中古の携帯は持っていますか?今すぐリサイクルしよう!

投稿日:

多くの人は、家電量販店やキャリアのショップで携帯電話やスマートフォンを購入しているかと思いますが、中には、中古の携帯電話ショップで携帯電話を購入した!という人もいるのではないでしょうか。実はここ数年の間に、中古の携帯電話を取り扱う店舗は全国的に広がりを見せています。都心であれば中古パソコンショップが中古の携帯電話やスマートフォンを扱う光景が一般的なものとなっていますし、郊外に行けばロードサイドのリサイクルショップなどで、中古携帯電話を取り扱うケースもあります。
それほど一般的となった中古携帯ですが、では逆に売る場合はどうするのでしょうか?今回はそこにスポットを当ててみたいと思います。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

どうして中古ショップが増えたの?

店頭で中古携帯電話の取り扱いが増えた理由の1つには、3Gの携帯電話でSIMカードが採用されたことが考えられます。2Gの携帯電話の場合、本体内に直接契約者情報を書き込む必要があったため、機種変更をするには必ずキャリアショップなどに出向いて手続きをする必要がありましたが、3Gでは契約者情報がSIMカード内に記録され、携帯電話端末本体と分離されたことにより、SIMカードを差し替えれば機種を変えられるようになったのです。


もっとも、全ての携帯電話がSIMカードを差し替えれば機種変更できる訳ではありません。SIMカードロックされている端末に他キャリアのSIMカードを挿入しても利用できませんし、auの携帯電話はSIMカードを差し替えただけでは利用できず、基本的にauショップで手続きをする必要があります。とはいえ、少なくともau以外のキャリアにおいては、同じキャリアから提供されている端末であれば、SIMカードの差し替えだけで機種の交換ができるようになった訳です。
そのおかげで、中古ケータイの需要が高まり、それに伴ってどんどんショップも拡大を見せているというわけですね。

買い取り不可のケータイ

さて、売るのは勿論今自分が持っているケータイかと思います。しかしながらそのケータイたちの中でも、『au LTE対応端末』だけ買い取り拒否をしている店舗が存在します。それはなぜでしょうか。
実は、LTE端末の登場と時を同じくして「ネットワーク利用制限」を導入したのです。これにより赤ロムになってしまった端末は、持ち込み新規で回線を契約することができません。


中古で機種を買っていった方が、auショップで契約できずに戻ってきてしまう事例が多く起きたため、このような措置を某有名買取店などは『買い取り拒否』としたようです。このように買取中止措置に追随する中古ショップもいくつかあります。
買い取る際に赤ロムかどうかをチェックする仕組みが当然あるのですが、auの赤ロムチェックサイトは、一括払いで買ったか分割払いで買ったかを確認できないのです。
つまり中古ショップが買い取る際には問題なかった端末が、倉庫で眠っている間、元の端末の持ち主が料金を払わなかったり踏み倒したりして、売却時には赤ロムと化していることがあるのです。
・・・とまあ売る側のマナーの悪さがこの一端を担ってしまった感はありますが、こういったことがあるので売る前に自分のケータイはセーフかどうか、チェックしてからショップにもっていってくださいね。
すべてのショップがauのLTEケータイを買い取り拒否しているわけではないのでもしあなたがそのケータイを持っていたとしても諦めることは決してありません。

ソフトバンクは少し違う?

ソフトバンクの場合は、確認サイトで分割払い残金がある場合や、安心保証パックが付いている場合でも買取困難と判断が出て、多くの中古ショップが買取を厳しくしています。分割代金があるからといって、中古ショップが買取を全て断るわけではありません。たとえば「じゃんぱら」という有名買取店では、分割買取という仕組みを導入しています。この仕組みでは、分割支払い中の端末は、半額で「じゃんぱら」が買い取ってくれます。


では残りの額はどうなるのか?分割払いをキャリアに完済することで、残りの額を受けることができるのです。
査定額は変動しやすく、1年後、2年後には暴落しているものです。しかしこの分割買取の場合、査定額が落ちる前の、今現在の価値で、その半額を今すぐ受け取れます。残りは完済後に受け取れます。そのため、端末が合わなかった、気に入らないというユーザーにとって得だと考えられます。
早いうちに買い取れることで、最新機種を早く中古で欲しいユーザーが喜びます。中古ショップも全額を今すぐに払わないことで、リスクヘッジができます。完済後の残りのお金を欲しいがために、ユーザーも分割払いを完済する気になるでしょうから、結果的にキャリアも得でしょう。みんな幸せになれる画期的な制度です。
現在この制度は「じゃんぱら」がSB端末に対して実施しています。ソフトバンクは赤ロムに厳しいですが、分割や保証が残っている場合は中古ショップも確認できるので、こうした面白い制度を実施することができます。多くのショップさんで導入されて欲しいですね。
他の中古ショップでも、分割払いのソフトバンク端末の買取は、単に拒否する店ばかりではなく、買取査定額を大幅に下げるだとか、身分証明の徹底と赤ロム時の損害賠償について同意してもらうことで、対処していたりします。なので「やっぱり私のケータイはだめなのか」と諦めることは一切ありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は中古の携帯をリサイクルするときのお話をさせていただきました。中古ショップさんではさまざまなケータイ、スマホの買取をしてくれますし、やり方もそれぞれですがそのまま眠らせておくより断然いいと思いませんか?
よかったら皆さんが携帯を売却したい時の参考にしてみてくださいね。
では良いケータイライフを。

※ メイン(トップ)画像:

http://goo.gl/zOqxvD

関連記事

安くても問題ない!話題のリサイクルで安いスマホをゲット
最新のスマホが欲しい!全社から価格と共にピックアップ!
スマホの価格は安いほうがいい!お手軽に買える機種3選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.