app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

ソフトバンク ドコモ 新着

ドコモからソフトバンクに乗り換えるメリット・デメリット

投稿日:

そろそろ新しい携帯電話にしたいな…と考えている方が最初に悩むのは、新規で購入するかそれとも機種変更が良いのかではないでしょうか。さらにいえば、現在はナンバーポータビリティー制度がありますので、番号はそのままで他社に移ることも考えることもあるでしょう。
例えば今まで長くドコモで使用していたのに、他社に乗り換えたら長期割引がなくなってしまうのではないか。お得なことがあるのだろうかと悩むこともありますよね。
今回は、ドコモからソフトバンクに乗り換える際のお得な情報と、デメリットをまとめてみました。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

ドコモからソフトバンクに乗り換えるメリット


ドコモ・ソフトバンク・auの各キャリアは当たり前ですがユーザー数が多ければ多いほど経営がうまくいっているといえます。
つまりどこのキャリアでも新規ユーザーを獲得したいというわけです。
新規ユーザーが増え、シェア率が上がると話題になりますから、その話題によって更にユーザーが増える宣伝広告にもなるわけです。

キャッシュバック制度を使おう

現在、各キャリアは他社からの乗り換えに対して様々なメリットを用意しています。
新規で携帯電話を購入するよりも乗り換えで購入したほうがお得に買えるということになります。
これは、1人のユーザーが新規A社に契約すると単純に1人ユーザーが増えたことになりますが、B社からA社に乗り換えるとA社は1人のユーザー獲得と共にライバル会社のB社から1人の契約を減らすことになるからです。
その為、現在各キャリアではナンバーポータビリティーを使って乗り換え契約をする方に対してキャッシュバックサービスを行っています。
各キャリアの公式キャッシュバックだけではなく、特定のショップやインターネットサイトによってさらに多くのキャッシュバックを受けることも可能なので、一つの店舗だけではなくいくつかの店舗を回ったりインターネットサイトを確認すると良いでしょう。

月々の使用料金を見直そう

携帯電話を使用するには必ず払わなくてはならない月々の基本使用料金。
もちろん回線をしようするのですからどうしたっていくらかお金はかかります。
けれどもかならず毎月かかる料金なので、安くしたいですよね。
乗り換え割引によっては、キャッシュバックだけではなく月々の基本料金も割引になるキャンペーンがあることもあります。
例えば現在行われているキャンペーンの中では、【基本料金が2年間0円】というキャンペーンもあります。
また、今まで10年間キャリアを変えずに使っていたけれども今回ソフトバンクに乗り換えようとした際に、改めて0からスタートではなく、11年目からのスタートといった【長期継続ボーナス】というのりかえキャンペーンも行われています。
直前の期間を引き継げるのは、安心のひとつになるのではないでしょうか。

初期費用が安くなる


一昔前は、携帯電話を購入するのは1円だったり0円だったりしたこともあります。
しかし現在はそんなことはなく、5,6万円かかるのが普通ですよね。
ソフトバンクでは【のりかえ割】によって、Tポイントの還元があったり、キャッシュバックによる割引で実質負担金を少なくすることが出来ます。

電話番号を変えなくて済む

ナンバーポータビリティー制度が出来てから、キャリア間の移動をしても電話番号は以前と同じ番号を使うことが出来るようになりました。
電話番号が変わると、例えば電気や水道などの登録の番号変更を連絡しなくてはならなかったり、友人にも変更した旨の連絡をする手間がありました。
しかし同じ電話番号が使えるということはその手間がなくなることになります。
電話番号と連携させるサービスも増えていることから、なるべくなら電話番号は変えたくないという方には良いサービスと言えるでしょう。

ソフトバンクで通信状態を改善

【ソフトバンクはつながりやすい】というキャッチコピーを街中でよく見かけたりCMなどで耳にすることがあると思います。
実際のところ、ソフトバンクに乗り換えると通信状態はよくなるのでしょうか。
通信速度を測定するアプリというのがいくつかありますが、それらを使ってMMD研究所という調査会社が調査した結果では以下の様になりました。
・平均ダウンロードスピードが27.59Mbpsで最速(iPhone計測値)
・平均ダウンロードスピードが20Mbps以上のスポットが調査したスポット全体の72.4%で最多(iPhone計測値)
これらのデータを基にソフトバンクでは【つながりやすさNO1】というキャッチコピーを出しているというわけです。

乗り換えによるデメリット


ここまで、乗り換えによるメリットに注目していきましたがではデメリットが一切ないのかというと残念ながらそういうわけではありません。
しかし、様々な方法でデメリットをなくす方法ももちろんあります。

手数料問題

今までのキャリアを解約するにあたって【解約金】や【ナンバーポータビリティー転出手数料】といった手数料がかかってしまいます。
解約金については、1年割引や2年割引といった長期割引を途中で解約する際にかかる金額になるので契約の更新月に解約することで解約金がかからない月もあります。
ナンバーポータビリティー転出手数料については、キャッシュバックを受けることによって、手数料よりも大きな金額をもらえることを考えるとあまりデメリットとも言えないかもしれません。

家族割がなくなってしまう

ご家族で同じキャリアを契約することによって家族割引を使っていた場合は、一人だけ別のキャリアに移動することにより家族割がなくなってしまいます。
これを解消するには、家族全員で移動するという方法になる為少し大掛かりになってしまいますがその分キャッシュバックが大きくなるというメリットがあります。

メールアドレスが変わってしまう

ナンバーポータビリティーで同じ電話番号を引き継げるとはいえ、メールアドレスだけは@の後がキャリアによって違いますのでこればかりは同じアドレスを使うことは出来ません。
この問題の解決方法としては、最初からキャリアメールを使うのではなくgmailやhotmail、yahoomailなどのインターネットメールを通常のメールアドレスとして設定しておくと良いでしょう。
そうすることで、電話番号もメールアドレスも変わることなくキャリア間移動をすることが出来ます。

まとめ

ナンバーポータビリティーによって乗り換えを検討している方は、まず現在行われているキャンペーンについてよく調べてみると良いでしょう。
キャンペーンは期間限定のものが多く、依然調べた時は行っていたのに実際に乗り換えをしようとしたときにはすでに終わってしまっている可能性もあります。
しかし、各キャリアは常にライバル企業として、ユーザー数獲得に向けて競い合っていますので、たとえ狙っていたキャンペーンが終わってしまってもまたすぐに新しいキャンペーンが始まることが多くあります。
ご自身の現在の契約している契約年数や月によって変えるのが一番お得に乗り換えをする方法だと言えるのではないでしょうか。
※タイトル画像:http://liginc.co.jp/web/tool/mac-iphone/130725

関連記事

賢くスマホを乗り換え!キャッシュバック活用法3パターン
乗り換えがオトク!? 携帯を他社から乗り換えたときのキャッシュバック
ソフトバンクへ乗り換え!お得過ぎる必須キャンペーン3選
スマホからソフトバンクのiPhoneへ乗り換え「4つの体験談」
賢くお得なスマホライフを!iPhone6乗り換えのすすめ3選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-ソフトバンク, ドコモ, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.