app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマートフォン 新着

実際いくらなの?人気スマートフォンの実質価格

投稿日:

現代私たちの会社や家庭で大活躍中の携帯電話やスマートフォン。あちこちのキャリアがたくさんのサービスで私たちが少しでも安く使えるようにとプランを練ってくれています。
私たちは、その携帯電話を手に入れるときサービスを含んだ値段で契約をするので、実質その携帯やスマートフォンがどのくらいの値段なのかを知りません。
今回はスマートフォンの本体価格を人気のキャリアの人気商品ごとにみてみましょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

NTT docomo

Xperia™ Z3 compact SO-02G

docomoの一番人気のスマートフォンは、ソニーモバイルコミュニケーションズのこの製品です。2014?2015冬春モデルでAndroid4.4のOSです。名前の通りコンパクトで手におさまるかわいらしいボディと個性的なカラーで使い勝手の良さが評判です。
この製品の本体価格は税込み68,688円となります。しかし月々のサポートで実質無料となります。

Xperia™ Z3 SO-01

二番人気の製品はやはりソニーモバイルコミュニケーションズのXperiaシリーズです。
こちらも2014?2015冬春モデルでAndroid4.4のOSです。5.2インチの大画面と3100mAhのバッテリー容量を誇る製品です。
本体価格は86,832円(税込み)となっています。こちらも月々のサポートで実質負担金額が22,032円まで割引となります。

AQUOS ZETA SH-01G

三番人気につけたのが、シャープのAQUOSシリーズです。上位の2機種と同様に2014?2015冬春モデルでAndroid4.4のOSとなっています。5.5インチのディスプレイと3300mAhの大容量バッテリーを持ち、また1310万画素数の高機能カメラを搭載し人気です。
本体価格はXperia™ Z3 SO-01と同じ、86,832円(税込み)ですが、こちらは月々のサポートで実質0円となります。

ソフトバンク

Xperia Z3

ソフトバンクで一番人気のスマートフォンは、やはりソニーモバイルコミュニケーションズのXperiaシリーズです。2014年冬モデルのAndroid4.4の製品です。5.2インチの大画面と3100mAhの大容量バッテリーをもちます。
機種代金は69,120円(税込み)ですが、さまざまなプランにより最低10,800円(税込み)まで実質負担額を下げることができます。

iPhone6 16GB

ソフトバンクはなんといってもiPhoneですね。そのiPhone6の16GBが二番人気となりました。かつてのiPhoneより大きくなった分、薄くもなり優れたデザイン性で大人気となっています。
そのiPhone6 16GBの本体価格は70,800円(税込み)となっていますが、こちらもサービスにより最大0円まで価格を下げることができます。

iPhone6 64GB

その次に人気を集めた機種は同じiPhone6の64GBでした。16GBより容量の大きな分ネットやメールがスムーズになりますね。
この本体価格は、83,280円(税込み)です。こちらももちろんサービスで安く購入することができます。

au

Xperia Z3 SOL26

auの一番人気商品は、ソニーのXperiaでした。ここでもソニーですね。2014年冬モデルとして発売されソニーならではのカメラ技術と音源が人気のもととなっています。
本体価格は、64,800円(税込み)ですが、月割りサービスでお安くなります。

iPhone6 64GB

auでもiPhone人気は健在ですね。機種のお値段は85,320円(税込み)となっています。やはり毎月割りで安くなります。

HTC J butterfly HTL23

auで三番目に人気の機種は2014年夏モデルのAndroid4.4の商品です。5.0インチのディスプレイと2700mAhの大容量で、カメラ機能やサウンドに優れています。
本体価格は、59,400円(税込み)ですがこちらも当然毎月割りでお安くなります。

SIMフリーの場合

ASUS ZenFone 5 16GB

シンプルで美しく、Androidをまったく新しく実用的にするインターフェイスをしようして人気のZenFone5です。SIMカード利用者に最も人気があります。
本体価格は、28,944円(税込み)とお手ごろです。

VA-10J

SIMカードを利用する人に二番目に人気の機種は、VAIO Phone です。Android5.0で5インチの大画面、2500mAhのバッテリーを持ちます。
本体価格は税抜きで48,000円です。

Huawei Ascend Mate7

三番目はファーウエイの製品です。Android4.4で、6インチの大ディスプレイでこの大きさを感じさせない美しく鮮やかな仕上がりとなっています。
本体価格は57,780円となっています。

最後に

人気のスマートフォン(iPhoneを含めて)キャリアごとに見てきましたがいかがでしたか。案外機種本体の価格は高いものなのですね。
それを2年縛りという条件はありますが、さまざまなサポートでほとんど無料に近くしてもらっていたんですね。
これからももっと高機能なスマートフォンが登場してくることが待ち遠しいです。
※タイトル画像:?http://goo.gl/tQRAl9

関連記事

ちょっと複雑?iPhone6,iPhone6Plusの値段をまとめてみた
主要3社のiPhone6の価格と月々割などの割引をまとめてみた
なぜSoftBank? 執筆者が新しいスマホへ切り替えたわけ
スマホってこんなにすごい!?スマホが広げてくれる生活の幅
今CMで話題のmineoって何?格安スマホを徹底解説!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマートフォン, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.