app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

MNP 一括0円 新着

他社に乗り換える時のMNPの手数料について詳しく解説

投稿日:

番号を変えることなく、キャリアの乗り換えが出来るサービスMNP。スマートフォンが主流となった今、連絡を取る手段は番号を使ったチャットアプリがメインの人も多くいると思います。またGmailと同期していて、メールをやり取りしている人も増えてきているのでは。キャリアのメールを使わなくなっている人も多いと思います。
番号が変わらないのであれば、キャリアの乗り換えも気軽に行えると考えている人も多いのでは。MNPをする際に、必要な手数料とは。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

必ず必要な手数料

MNPをする際には、必ず必要な手数料があります。まずは、今まで使っていたキャリアへ支払う手数料です。今まで使っていた番号を次に契約するキャリアでも使うためにMNP転出手数料を支払う必要があります。auとdocomoの場合2,000円、ソフトバンクの場合3,000円がMNP転出手数料となります。
次に新しく契約するキャリアへの支払いです。同一の番号を再び使う上での事務手続きに関する手数料として、各社共通で3,000円の支払いをします。この事務手数料は多くの場合、新しいキャリアでの初月の請求と合算されます。
MNPをする場合は、必ず必要な手数料として5,000円、6,000円が必要になるので注意が必要です。

タイミングによって発生する金額

乗り換えで貰えるキャッシュバック。このキャッシュバックをお小遣い稼ぎのように使い、キャリアを短期間で乗り換えしている人がいるようです。キャリアもユーザー獲得に向けて、さまざまな対策をしています。その内の一つが2年縛りとも言われる契約プランです。お得な契約プランに、最低でも2年間は加入しておくことが条件となっています。
それぞれのキャリアによってタイミングは違いますが、契約を更新するタイミングで解約する事がMNPをよりお得に行ううえで大切です。2年以内に解約した場合、解約金として9,500円が必要になります。
また2年以上使っている場合、いつ解約しても解約金が発生しないという訳ではありません。多くの料金プランが自動更新となっているので、また2年間の契約となっているのです。契約更新月、契約更新月の翌月などキャリアによって違いはありますがその1ヶ月のみが解約金の発生しないタイミングとなります。

端末の料金の支払いに注意

スマホを手にした際に、その場で特に支払いをせずにお店を出た人も多いのでは。スマホそのものの支払いは多くの場合、月々の支払いとまとめて行われています。2年間の間に分割して支払う端末料金。その際の支払い金額は、キャリアのキャンペーンなど割引きのサポートを受けた金額になります。
しかしMNPをする際に、まだ2年間経っておらず端末の支払いが終わっていない可能性もあります。契約して早く解約すればするほど、端末の支払い残高は高額になってしまいます。またキャリアのサポートも受ける事が出来なくなり、一括で残りの金額を支払わなければならない事も。早期のMNPには、注意が必要です。

一括0円と実質0円

MNPをしようと思ったきっかけは、キャッシュバックや他社のスマホがお得に売られていたからだと思います。しかし本当にお得なのか、冷静に考える事も大切です。
店頭に書かれた実質0円の文字。0円で端末が購入できるのであれば、とてもお得に感じますよね。しかし実質0円の場合、0円になるためにはさまざまな条件があることが多いです。加入すべきプランが決められているなど、2年間使う事が前提で0円となっていることがほとんどなので注意が必要です。
お得な0円は、一括0円という表記だと思います。一括0円の対象となっているスマホが欲しいスマホだった場合は、MNPをしてもお得になることも多いのでは。

キャッシュバックの条件

端末の価格が安くなることのほかに、キャッシュバックを目的にMNPを行う人も多いと思います。特に携帯業界が盛り上がる、新生活が始まる前の2月や3月、大型連休の時期は高額のキャッシュバックも用意されています。
確かにお得なキャッシュバック。前のキャリアの解約金を支払ったとしても、残る場合もあるほど。しかしキャッシュバックを受ける際の条件を、把握しておく事が大切です。
MNPによって貰えるキャッシュバック。今まで使っていたキャリアとは違うので、自分では気付かないポイントもあります。例えばキャッシュバックを貰えるという条件で、無意識に有料のコンテンツに加入して利用料をしているかもしれません。初月や数ヶ月無料だったとしても、いつのまにか有料になっていることも。キャッシュバックの条件となる月を満たしたら、解約する事を忘れないようにしましょう。

アプリの情報やパスワードの管理

MNPをすると使っているスマホが変わるので、アプリも改めてインストールする必要があります。チャットアプリなどは乗り換えをして通信機能がなくなる前に、情報を引き継ぐための準備をしておく事が大切です。アドレスやパスワードを入力することによって、情報の引継ぎが可能です。SNS関連はパスワードによって引継ぎが可能なので、パスワードを忘れないように注意しておきましょう。
また電話帳などの情報を、キャリアのサービスを使いバックアップを行っている人もいるのでは。MNPをすると今までのキャリアのサービスは使えなくなります。iCloudやiTunesを利用するiPhoneのバックアップ、アプリを活用するアンドロイドのバックアップはMNP前に忘れずに行っておきましょう。
※タイトル画像:http://goo.gl/WJaHME

関連記事

MNPで他社に乗り換えしたいけど費用って合計どのくらい?
3キャリアの携帯料金を比較!新規契約やmnpを考えている人必見
ソフトバンクへmnpしてキャッシュバック!総額10000円超も?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-MNP, 一括0円, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.