app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマホ 新着

低価格スマホ、気になる機能面や使い心地は実際どうなの?

投稿日:

皆さんはどちらのスマートフォンをお使いでしょうか。
スマートフォンの代表的なキャリアといえばドコモやソフトバンク、そしてauに今ではワイモバイルですね。
しかし、近年スマートフォンの普及に伴い低価格スマートフォンと呼ばれるスマートフォンが誕生を見せました。
キャリアや、OSはまだまだ無名のものが多いですが、その低価格はユーザーにとっては大きな魅力です。
しかし、機能やデザインなどはどうなのでしょうか、低価格であればそれ相応ということなのでしょうか。
今回は、低価格スマートフォンについてご紹介していこうと思います。
安いだけではない、高スペックなスマートフォンたちを一挙大公開致します。
今から低価格スマートフォンをチェックしておけば、近い将来無名メーカーが有名になるかもしれません、そうなったときやっぱり誰よりも先に持っていたいし、そのキャリアのこと知っておきたいですよね。
誰よりも先にチェックです。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

Xiaomi

こちらの低価格スマートフォンは、2010年に誕生し始めたばかりのまだ若いメーカーであります。
しかし、中国では今もっとも成長を見せているメーカーの一つのようです。
日本ではまだ無名のメーカーですが、優れたスマートフォンですので知っておいて損はありません。
販売手法は、あのアップルと似たようなもので、年間平均一種類のみの端末のみを販売し、そのスマートフォンを大量生産することにより、かなり高い性能と低価格スマートフォンを実現しているようです。
気になるOSですが、ユーザーの要望を第一としており、要望を徹底的に取り入れたAndroidベースの独自のフォークOS、MIUIを搭載しております。
どのようなものなのかと申しますと、Androidと完全な互換性を保ちつつもより使い勝手の良いものを求めた性能さが特徴です。
また、近年販売されたMi4は、大ヒットした前作のMi3後継機種となるもの。
5インチフルHDのIPS液晶を搭載し、CPUを前作のRnapdragon800から、Snapdragon801へグレードアップさせ、カメラ機能も前作の8MPカメラからソニーのExmorRS 13MPへと強化されております。
また、大容量の3080mAhバッテリー搭載により、バッテリーを気にせず最高級の性能を楽しむことができるハイエンドモデルとなっております。
低価格スマートフォンとしては、かなり上位です。

Oppo

こちらの低価格スマートフォンも日本では、あまり耳にすることのないメーカーではないのでしょうか。
2004年に設立したばかりのAV機器メーカーであります。
元々はスマートフォンではなく、mp3プレーヤーを中心とした機器の開発や生産を手がけてきてメーカーなのですが、2008年にスマートフォンの製造に参入し、少しずつ技量を積み重ね今日まで至ったメーカーです。
そのため、音響に関する機能はどのスマートフォンと比較しても間違いなくトップレベルでしょう。
音響機器メーカーとして、高品質なサウンドチップやデザイン、さらには自分撮りようにカメラを反転可能にするなど、一味変わった独特のスマートフォンがOppoの大きな魅力であります。
そして、音響面だけでなくとにかく薄型にこだわりをもっているのも特徴であります。
その薄さは、スマートフォンR5でなんと4.85mmだというから驚きであります。
この薄さにこだわるがゆえに、イヤホンジャックの搭載を見送るほどだったようです。
このOppo独自の性能と、デザインが今後どう注目を浴びていくかが気になるところです。

Meizu

こちらも、低価格スマートフォンでありながら日本ではまだまだ無名のメーカーであります。
しかし、MeizuもOppo同様にmp3プレーヤーなどの電子機器を生産している会社であります。
当時は、iPhoneもどきと呼ばれた時期もありますが、iPhoneもどきから打って変わり今では独自のスマートフォンの開発に力を入れており、サムスンのギャラクシーシリーズにも採用されているCPU、Exynosを前面に採用することによりハイエンドモデル志向のメーカーとなり、今多くのユーザーから注目を得ているおすすめスマートフォンであります。
とにかく性能が良いスマートフォンが売りで、スマートフォンの性能を測る上で、事実上の標準計測アプリケーションとなっているAntutuベンチマークではスコアを52,000という驚異的な数値を叩き出しており、この高スペックは多くの人を魅了したことでしょう。
これだけの高スペックに、大容量バッテリーを搭載して死角のない最高の低価格スマートフォンが誕生したのであります。
スペック重視のあなたにはおすすめの低価格スマートフォンです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
無名メーカーがまだまだ多い低価格スマートフォンではありますが、低価格だからと言って性能や耐久性、デザインは悪いわけでは決してありません。
低価格とは思えない、最上位クラスの性能をもつスマートフォンが多いので、もしかしたら今乗り換えておけば近い未来日本国内で大きく名を挙げる時もそう遠くはないかもしれません。
今がチャンスです。
※タイトル画像:http://goo.gl/atnslI

関連記事

iPhoneを低価格でGETするならココで決まりなショップ5選
国内のスマホ価格比較!日本一安い携帯キャリアを探そう!
スマホは格安のもので十分か?格安スマホを徹底解明

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマホ, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.