app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマホの機種変更 中古スマホ 乗り換え

スマホ買取価格はココで決まる!知ってて損無し5つの事!

投稿日:

機種変更を行なうことにより、今まで使用をしていたスマホが役目を終えます。
そんな役目を終えたスマホは、自宅でサブスマホとして使用をする人もいれば、下取りに出して次回機種をお得に購入に繋げようと考える人もいますよね。
現在使用しているスマホを下取りに出そうと考える方は、どのようにして買取価格が決定するかを御存知でしょうか?
どうせ下取りに出すのであれば、少しでも質の良い状態で、高値がつくようにしたいものです。
今回は、これから下取りに出す人も必見!今からでも遅くない『スマホ買取価格はココで決まる!知ってて損無し5つの事!』についてご紹介していきます。
ちなみに、これからご紹介する1~4つ目までの項目は、家電量販店や中古スマホショップなどに下取りを出す際の価格選定基準となります。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

スマホの価格が決まる要素1:スマホの人気度合い

スマホは人気のものほど、高く買取を実施してくれます。
また、同じシリーズのスマホであったとしても、人気の色であるかどうかで、買取価格は異なると言われています。
人気の高い機種は既に定番化されているようで、どうやらこの機種を購入すれば高値がつきやすいという機種があるようです。
http://goo.gl/zNO3Im
また、キャリア端末であるかSIMフリー端末であるか、キャリア端末であればどこのキャリアの端末であるかなども価格を決める要素の一つとなるそうです。
下取りに出す前提でスマホを購入するのであれば、高値がつきやすいスマホの機種を予め調べておき、その機種の購入を行なうと良いでしょう。

スマホの価格が決まる要素2:スマホの劣化状態

スマホの劣化状態は重要度が高まります。
下取りに出されるスマホで多いのは、バッテリーの劣化を感じるようになり、充電をしてもまたすぐに充電を必要とする機種などです。
最近のスマホはバッテリー交換ができないものも多いことで、バッテリーの劣化が目立ち始めると、そのスマホの継続使用は難しくなります。
そこで下取りに出して、少しでも次回の機種購入時に役立てようとするのです。
この他にもスマホ本体に小さな傷がついてしまっている場合や、大きく目立つ傷がついてしまっている場合など、傷の度合いによっても買取価格は大きく異なります。
スマホを下取りに出すのであれば、過度に状態が悪くなる前に下取りに出すこともまた、下取り価格を低下させないためにできる大切なことだと言えるでしょう。

スマホの価格が決まる要素3:スマホの汚れ

スマホの汚れ。
拭けば取れるし。
なんて考えているとNGです。
実は汚れているだけでも、スマホの買取価格を低下させてしまいます。
業者はなんくせつけて、少しでも安価な価格をつけようとするので要注意!
たとえば剥がれかけの保護シールを貼っている。
そこに埃が付着しているなども、査定対象となります。
保護シーは綺麗に剥がし、埃もある程度取り除いて綺麗にした状態で本体をティッシュなどに包み、傷や埃が入らないようにして下取りに出すことがおすすめです。
ちなみに埃などの汚れは、何も見える範囲のみに限らず、バッテリーの蓋裏などに付着している場合でも査定時の減点対象にされてしまうようです。
また本体についた指紋や、女性の場合であればファンデーションの汚れなども全て減点対象となり、買取価格は低下してしまうので注意しておきましょう。

スマホの価格が決まる要素4:付属品の有無

スマホを購入する時には、箱や説明書などの付属品がついていますよね。
この付属品が一つでもかけてしまうと、大きく減点されてしまうそうです。
01-k
これがキャリアで下取りに出す場合は別として、家電量販店などで下取りに出す場合には、付属品の有無も大変重要度が高まるので、キャリアではなく家電量販店などで下取りを出すつもりなのであれば、スマホ購入時から付属品を失くさないようにしておきましょう。

スマホの価格が決まる要素5:下取りを行なう店舗

下取りを行なう店舗によっても、価格を定める基準は大きく異なります。
家電量販店やスマホの中古販売店などでは、1~4の項目でご紹介した査定基準がありますし、キャリアショップで下取りに出す場合であれば、価格は既に決定されてしまっています。
キャンペーン期間などによりある程度の価格の高低はあったとしても、機種の状態の良し悪しにより価格が変動するということはありません。
ただし、スマホの状態が悪いことにより、引き取ってもらえないケースはあります。
対して家電量販店などでは、比較的スマホの状態が悪かったとしても、引きとってくれるケースが多くなっています。
ただし高値を期待することはできず、タダよりはマシと言う程度の引き取り価格となることでしょう。
どこでスマホを下取りに出すか。
これによっても下取り価格は大きく異なるものです。
しかしながら、どこでスマホを出すにしても、スマホの状態が良いに越したことはありませんし、販売されてからの期間があまり経過しない方が高額な下取り価格を期待できるということには変わりありません。

まとめ

今回は、スマホを下取りに出すことを考えるなら、ここに気をつけておきたいというポイントをご紹介しました。
では今回の『スマホ買取価格はココで決まる!知ってて損無し5つの事!』について振り返ってみましょう。
◎スマホの価格が決まる要素1:スマホの人気度合い
スマホの人気度合いによっても買取価格は大きく異なります。
更に、同じシリーズのスマホでも、人気の色のスマホの方が比較的高値で取引されるそうです。
◎スマホの価格が決まる要素2:スマホの劣化状態
スマホの劣化の有無も、もちろん買取価格に関係します。
高値買取を希望するのであれば、劣化を感じたらなるべく使い込まずに、下取りに出すことがおすすめです。
◎スマホの価格が決まる要素3:スマホの汚れ
スマホの汚れも、買取価格に大きく影響をするそうです。
簡単に掃除して、少しでも綺麗な状態で下取りに出すようにしましょう。
◎スマホの価格が決まる要素4:付属品の有無
新規スマホを購入すると、箱や説明書などの付属品がついてきます。
この付属品が全て揃っているだけでも、少し高値がつくそうです。
◎スマホの価格が決まる要素5:下取りを行なう店舗
下取りを行なう店舗によっても、買取に対する価格差は生じるものです
ある程度使用をしたスマホは、キャリアショップで売りに出す方が、高値で引きとってくれると言われています。
いかがでしたか?
買取価格が単なる汚れだけでも左右されるなんて、驚きですよね。
最近の機種はバッテリー交換ができませんので、バッテリーに消耗を感じたら、少しでも良い状態にて高値で取引をされているうちに、下取りに出されることがおすすめです。

関連記事

得して納得、1分でわかる!低価格スマホはこうして選ぶ
これがおススメ!低価格スマホを賢く選ぶ5つのポイント!
価格は?サービスは?これからのスマホ事情はどうなるの!?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマホの機種変更, 中古スマホ, 乗り換え

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.