「安いスマホ」は自慢になる?所持者自慢ランキング上位5位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

スマホは通信料金だけで7,000円程度が、平均的な金額となっており更に機種代金が毎月数百円から千円程度が上乗せになってきます。
最新のフラッグシップモデルを購入した場合、スマホの毎月の利用料金は10,000円程度になります。

スマホを利用されている方の中にはこの利用料金が高いと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
最近は格安SIMと、価格の安いスマホを組み合わせて了解する方法が注目を集めています。

しかし、価格の安いスマホでは、見た目や性能面で自慢になる?と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは所持している方が自慢できる価格の安いスマホランキング5位を紹介しています。

価格の安いスマホに関心はあるけど、自慢できるだけのデザインと性能を持ち合わせているのかを不安に感じていらっしゃる方はもちろんですが、スマホの料金が少しでも安くならないかとお考えの方も是非参考にしていただけたらと思います。

安いスマホ所持者自慢ランキング1位【HUAWEI P9 lite】

01-01

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/gallery/p9lite-jp.htm

メーカー:HUAWEI
OS:Android6.0
CPU:Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4×1.7GHz)
ROM:16GB
RAM:2GB
ディスプレイ:5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS

サイズ:高さ 146.8mm × 72.6幅 × 厚さ 7.5mm
質量:147g

バッテリー容量:3000 mAh
連続通話時間:WCDMA:約18.9h / GSM:約31.5h
連続待受時間:LTE-FDD:約610h / WCDMA:約630h / GSM:約600h
メインカメラ:1300万画素
サブカメラ:800万画素

カラー:ゴールド、ホワイト、ブラック

HUAWEIオンラインストアでの販売価格
32,378円

安いスマホ所持者自慢ランキング1位はHUAWEIのP9 liteになります。
以前から低価格でありながらも、スペックの高さとデザインが人気のシリーズになります。
今回のモデルもメタル素材を採用し前面のフレーム部分のカラーも背面カラーに統一され、シンプルでありながらも高級感あるデザインに仕上がっています。

価格的には3万円代前半で購入できるにもかかわらず、液晶画面は5.2インチのフルHDが搭載されており、オクタコアCPUを採用するなどスペック面にも妥協はありません。
ゲームや高画質な動画の視聴をしたいという方であっても十分なスペックであると言えるでしょう。

安いスマホ所持者自慢ランキング2位【arrows M03】

01-02

http://www.fmworld.net/product/phone/m03/design.html#/p1

メーカー:FUJITSU
OS:Android6.0
CPU:Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4×1.7GHz)
ROM:16GB
RAM:2GB
ディスプレイ:約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)

サイズ:高さ 144mm × 72幅 × 厚さ 7.8mm
質量:141g

バッテリー容量:2580mAh
連続通話時間:LTE:約770分/ 3G:約700分
連続待受時間:LTE:約640時間/ 3G:約780時間
メインカメラ: 約1310万画素
サブカメラ:約500万画素

カラー:ブラック、ホワイト、ピンク、シャンパンゴールド、グリーン

楽天モバイルでの販売価格
32,800円
安いスマホ所持者自慢ランキング2位はarrows M03になります。
国産モデルということもあり、おサイフケータイや、ワンセグなどの日本国内のキャリアから発売されているスマホには必須となっている機能もしっかりと搭載されています。
また、ハードコーティングが施された本体素材は耐摩耗性に優れているため、長期間美しさをキープすることができます。

安いスマホ所持者自慢ランキング3位【Zenfone Go (ZB551KL)】

01-03

https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Go-ZB551KL/gallery/

メーカー:ASUS
OS:Android5.1
CPU:Qualcomm Snapdragon 400 1.4GHz
ROM:16GB
RAM:2GB
ディスプレイ:5.5型, 1,280×720ドット(HD), IPS

サイズ:高さ 151mm × 76.9幅 × 厚さ 10.7mm
質量:160g

バッテリー容量:3,010mAh
連続通話時間:約960分 (3G)
連続待受時間:約400時間 (LTE)、約514時間 (3G)
メインカメラ: 800万画素
サブカメラ:500万画素

カラー:ブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ピンク

楽天モバイルでの販売価格
19,800円

安いスマホ所持者自慢ランキング3位はZenfone Goになります。

価格の安いスマホの中では以前から人気の高いZenfoneシリーズですが、このモデルは2万円を切る低価格でありながらも、デザインに優れており、液晶画面サイズも5.5インチと大型のものを搭載していますので、動画の視聴や、ゲームなども快適に楽しむことができます。
また、メタリック素材でカラーバリエーションも豊富なため、個性に合わせたモデルを選択することができます。

安いスマホ所持者自慢ランキング4位【AQUOS mini SH-M03】

01-04

http://www.sharp.co.jp/products/shm03/design.html

メーカー:SHARP
OS:Android6.0
CPU:Qualcomm Snapdragon 808(1.8GHz(デュアル)+1.4GHz(クアッド) ヘキサコア
ROM:16GB
RAM:3GB
ディスプレイ:4.7インチ IGZO 1,080×1,920ドット フルHD

サイズ:高さ 126mm × 66幅 × 厚さ 8.9mm
質量:120g

バッテリー容量:2,810mAh
連続通話時間:VoLTE 約1,150分 / 3G 約870分 / GSM 約720分
連続待受時間:LTE 約460時間 / 3G 約510時間 / GSM 約400時間
メインカメラ: 約1,310万画素 CMOS 裏面照射型
サブカメラ:約500万画素 CMOS 裏面照射型

カラー:ホワイト、レッド

楽天モバイルでの販売価格
49,800円円

安いスマホ所持者自慢ランキング4位はSHARPから発売のAQUOS mini SH-M03で、こちらの機種も国産モデルになります。

シャープではおなじみの高画質でありながら、省電力のIGZOですが、ハイスピードIGZOと呼ばれる従来の液晶画面の2倍の表示回数の性能を持った液晶画面を搭載していることにより、動きの早い動画なども画面がチラつくことなく滑らかに再生することが可能です。

また、液晶画面サイズも4.7インチでありながらもフルHDとなっているため、写真なども高精細なまま楽しむことができます。

安いスマホ所持者自慢ランキング5位【FREETEL Priori3 LTE】

01-05

https://www.freetel.jp/product/smartphone/priori3/gallery.html

メーカー:FREETEL
OS:Android5.1
CPU:MT6735M Quad Core1.0GHz 64bit
ROM:8GB
RAM:1GB
ディスプレイ:4.5インチ 854×480(FWVGA IPS)

サイズ:高さ 132mm × 65幅 × 厚さ 8.9mm
質量:120g

バッテリー容量:2,100mAh
連続通話時間:約650分
連続待受時間:約216時間
メインカメラ: 800万画素
サブカメラ:200万画素

カラー:ブラック、ホワイト、ヌーディーベージュ、ビビットオレンジ、ルビーレッド、ミントブル

FREETELオンラインストアでの販売価格
12,800円

安いスマホ所持者自慢ランキング5位はFREETELから発売のPriori3 LTEです。
まずはこの機種の注目すべき点は価格であると言えるでしょう。

12,800円というこれまでのスマホの価格からは考えられないほど安い価格設定になっています。
液晶画面の解像度や本体の記憶領域がやや控えめではありますが、メールのチェックやSNS利用など用途によっては十分に使うことができる内容です。

また、外観もシンプルで飽きの来ないデザインとなっており、カラーバリエーションも豊富です。サイズもコンパクトなため持ち運びの面でも優れていると言えるでしょう。

まとめ

ここまで、価格の安いスマホの所持者自慢のランキング上位5位を紹介してきましたが、いかがでしょうか。
国内のキャリアからスマホを購入する場合の端末代金は8万円から10万円程度のモデルが大半であることから考えると半額以下、あるいはそれ以上に安い機種も存在しています。

しかし、スペック面で見てみると、最新のグラフィカルなゲームや高画質動画の再生などの利用目的ではない限りは普通に使える程度のスペックのモデルが大半となっています。

また、1万円代から2万円前半で購入することができる機種であっても、メールやSNSの確認など利用目的が限定されている方の場合には十分に使える場合もあります。

デザイン面について見ても、こだわりのあるデザインのモデルが多く、通常のスマホと比較してみても見た目で大きく劣るということはないでしょう。

関連記事

安いのにとっても使える!5つのスマホを集めちゃいました
まだまだ下がる?安いスマホの買い時見極めポイント3項目
本当の意味で、安いスマホを安全に買うための5つのコツ

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket