app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

本当の意味で、安いスマホを安全に買うための5つのコツ

投稿日:

現在、多くの人が愛用しているスマートフォン。小さなパソコンとも言えるスマホは、とっても便利ですよね。今や生活には欠かせない存在となっています。そんなスマホですが、毎月の支払う料金が高いと感じている人も多いのでは。そのため、格安スマホや格安SIMといったものが普及しています。
主要キャリアと言われている、ソフトバンク、au、ドコモの3つのキャリアもさまざまなキャンペーンで、お得に購入できるように工夫がされています。安いスマホを安全に買うためには、どういったコツがあるのでしょうか。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

他社からの乗り換えでお得になるキャンペーン

番号を変える事なく、キャリアの乗り換えが出来るMNPサービス。スマホが普及しており、キャリアのメールアドレスを使う機会も減った人が多いのでは。番号が変わらないのであれば、乗り換えで契約する人も増えています。
MNPで手続きを行う人を対象としたキャンペーンが充実しており、割引がされ安いスマホとなるのです。ソフトバンクやauは契約する料金プランによっての割引が、ドコモはその場でキャッシュバックが受けられます。端末料金や月々の支払いがお得になり、安いスマホとなるキャンペーンを活用するのも良いのでは。
09-01

手続きには手数料が必要

安いスマホになる乗り換えの手続きですが、手数料が発生するので注意しておきましょう。まず今まで契約していたキャリアにMNP転出手数料として、2,000円から3,000円。新しく契約するキャリアに新規契約事務手数料として、3,000円の手数料が必要です。
手数料として発生する、約6,000円。これはキャンペーンで割引される金額で、充分に補う事が出来ます。手数料の事を考えても、乗り換えで契約すると充分に安いスマホだと言う事が出来るのではないでしょうか。

乗り換えはタイミングが大切

乗り換えの際に発生する手数料は、キャンペーンで補えます。しかし本当の意味で注意しておきたいのは解約金として発生する9,500円です。
2年縛りと言われる程、スマホの契約プランは2年単位。2年以内に乗り換えをすると解約金として9,500円が必要になる場合もあります。2年以上使っている場合も、自動更新のため2年単位です。解約金が発生しないのは、契約更新月の1か月のみ。安いスマホとしてよりお得にするためには、この契約更新月の1か月の間に手続きを行いましょう。

下取りに出してお得になる

現在、ソフトバンク、au、ドコモの主要キャリア3社では下取りキャンペーンが実施されています。下取りされた価格は、新しく購入するスマホの料金から割引され安いスマホとなるお得なキャンペーンです。
下取りのキャンペーンは、機種変更はもちろん、他社からの乗り換えにも対応しています。スマホの種類や容量によって下取り価格が違うので、キャリアの公式ホームページから確認しておくのも良いのでは。
09-02

中古ショップとの検討

下取りに出す際の手続きなど、初心者であれば不安もあると思います。安心なのはキャリアでの下取りですが、価格としては低いです。もっと高額で下取りをしてほしい、バックアップをして、初期化まで自分で出来る。そう思う場合は、中古ショップでの売買を検討してみるのも良いのでは。
現在、中古のスマホ市場は盛り上がりを見せています。安いスマホを手軽に手に入れる事が出来ますし、しかも最新のスマホがまだまだ綺麗な状態で購入出来る事も。格安SIMを自分で挿して使う人が増えているので、中古ショップでの買取価格が高額になっています。古いスマホを売って、新しいスマホをお得に購入出来ると嬉しいですよね。

自分に合った料金プランを

安いスマホ、それは料金プランが大きく関係してくると思います。キャリアの料金プラン、きちんと自分に合ったものでしょうか。生活環境の変化によって、スマホの使い方も変わってきたのでは。毎月支払いをする携帯料金だからこそ、自分に合ったプランで少しでも節約できれば嬉しいですよね。
通話をする機会が多い場合は、24時間通話無料の料金プランにすると安いスマホと感じる事が出来るのでは。他社への通話はもちろん、固定電話への通話も無料です。さらに通話時間が5分以内といったライトプランまで。
通話メインで使っている場合、今までは通話料金が高くて、安いスマホとは言えなかったと思います。料金プランを見直すだけで、月々の支払いを抑える事が出来るのでは。

通話料金を抑える工夫

ついつい長電話をしてしまった月の携帯料金、想像以上に高額で驚いた経験はありませんか。通話をする機会は少ない人こそ、時にする通話をできるだけ料金を抑える工夫をすることが大切です。
スマホの場合はアプリを使って通話をすると、無料になる事も。お互いにLINEユーザーであれば、LINEを介しての通話は無料です。他にも050+など工夫をすることで、通話料金を抑える事が出来ます。

不要なコンテンツに加入していないか

安いスマホ、それは使っていないコンテンツなどに加入していない事も大切なポイントです。キャッシュバックなどの条件として、有料コンテンツに加入していませんか。初月や数か月無料であっても、いつの間にか有料になっている場合も。使っていないコンテンツは、解約するように気を付けてみましょう。
09-03

家族もインターネットもまとめてお得に

家族でスマホを管理している場合、キャリアを統一することが安いスマホとなるうえで大切な条件です。毎月の支払い料金が割引されたり、データ容量を家族で分け合う事も出来ます。
またインターネットを自宅で利用している場合も、キャリアのインターネットプランでまとめる事でさらにお得に。毎月のスマホ料金も割引されるので、安いスマホとして利用することが出来るようになります。

格安スマホという選択

徹底的に支払う金額を下げたい、安いスマホを使いたいという場合、格安スマホと言われるものに変更する事もオススメです。安いスマホとはいえ、端末の性能が劣る訳ではありません。カメラの性能、セキュリティの管理もしっかりとしており、安心して使える安いスマホが充実してきています。
さらに格安スマホの魅力は、使い方が自由に選べるという点。2年縛りと言われる2年単位の契約ではなく、月ごとに臨機応変にプランが選べる場合も。データ容量や通話の有無、自分に適した料金プランが細かく設定できるのは嬉しいですよね。

格安SIMを使う

中古でスマホを購入したり、今使っているスマホをそのまま使うなどして格安SIMを利用する人も増えています。格安SIMを挿して使う前には、SIMロックを解除することが重要です。手数料が発生しますが、キャリアに持ち込むとSIMロックの解除をしてくれます。
SIMフリー状態になったスマホに格安SIMを挿すと通信が行える状態に。安いスマホとして通話をしたり、アプリを使ったり出来ます。

情報収集を自分でする事も大切

スマートフォンの端末料金、毎月の料金プランなど安いスマホと言うにはさまざまな条件が。自分に適したものを選ぶ事が、安いスマホとしてとても大切です。そのためには自分で情報収集をすることも重要だと思います。
また毎月の支払い金額に変化がなくなんとなく支払いをしている携帯料金。明細が電子化されたことなどから、細かく明細をチェックする機会も減ったと思います。明細に記入されている、月に使うでーた容量や通話料をチェックしてみるのも大切なのでは。

関連記事

発見!今が買いで間違いなし!安いスマホ10機種をご紹介
安いスマホをフル活用! 知らなかったお得な使い方3選
スマホの使用料金は一体どこが一番安いのか比較してみた

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.