app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone 新着

御使用のiPhoneを下取りすることで最新iPhoneをGET!

投稿日:

御使用のiPhoneを下取りすることで最新iPhoneをGET!

アップルの「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の発売から、早くも数カ月が経過しました。これらの新機種への買い替えの際、それまで使ってきた旧モデルのiPhoneをどのように手放すのがもっともトクになるのでしょうか?
新端末の購入時にキャリアの下取りプログラムを利用するという手が一番お手軽ですが、その他にも下取りをしてくれるところはいろいろとあり、どの方法が一番お得かは、実は条件によって違ってくるようです。本稿ではお手元の旧機種のモデルや状態別に、どの方法がもっともお得になるのかを探っていきたいと思います。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

キャリアの下取りプログラムを利用した場合

iPhone 6/6Plus発売時には3キャリア中で最安値だったdocomoが、現時点では逆転する形となり、最も高い下取り価格になっています。特にiPhone 5cとiPhone 4sの設定額に大きな開きがあり、2,500円から最大でも4,000円以上もSoftBankやauよりも高く下取りしてくれます。
SoftBankはiPhone 4以前の機種に対しては下取りを設定していませんので、お手元の機種がiPhone 4以前のモデルの場合は利用できない点にご注意ください。またSoftBankとauは新規契約(MNP)と機種変更で下取り価格が違っていますが、docomoは新規契約(MNP)でも機種変更でも同価格で対応してくれます。さらにdocomoは画面が割れていても減額価格で買い取りしてくれるところも注目ポイントになります。

iPhone・携帯買取専門店を利用した場合

もっとも高い下取り価格で売れるのがこの方法だと言えます。ただ、買取価格はキャリアの下取りよりも細かい条件で変わってくるのが特徴的です。例えばiPhone5s 64GBだとキャリアの下取り価格の最高値が31,320円(docomo)となっていますが、とある買取専門店では41,000円となっています。ただしiOSのバージョンが8.3以降になると-5,000円の査定となってしまいます。
これは、iOS8.2以前の機種のニーズが中古市場では高いためです。その他、モデルによってはカラーによって下取り価格が異なってきます。例えばiPhone5S 16GB/ゴールドが37,000円に対してiPhone5S 16GB/グレーが33,000円と4,000円の差があります。これは海外(主に中国)でゴールドが人気のためです。もし、今後も下取りをしてもらって最新機種に乗り換える予定であるなら、カラーに特にこだわりがなければゴールドを選ぶとお得です。

キャリアの下取りプログラムの注意点

まず下取り価格については買取専門店を利用したほうが高値になることはわかりました。その他にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。キャリアの下取りプログラムを利用した場合、実は下取りの金額の現金をその場で支払われるのではありません。docomoでは新機種の本体代金の値引きに充当することができます。
auでは一部を本体代金値引きに、残りはau WALLETへのチャージという形になります。softbankは本体代金に当てることはできず、2年間の月々の料金からの値引きという形になります。即現金化できるという点で買取専門店とdocomoの下取りプログラムは変わりがありませんが、auとsoftbankは2年間契約の途中で解約する場合は、満額のメリットが受け取れないという制約がかかってしまうという点は注意が必要です。

キャリアの下取りプログラムがお得になる場合

キャリアの下取りは“満額”か“ゼロ”のどちらかになります。キャリアの下取りには細かな条件が設けられていて、故障していて電源が入らない場合や、落下などで液晶が割れた場合はもちろん、ボディーや液晶パネルに大きな破損がある場合も査定額がまったく付かないことがあります。逆に、化粧箱やイヤホンなどの付属品がなくても査定に影響はありません。
買取専門店の場合、本体のキズや付属品の欠品をしっかりとチェックして、状態に応じて減額されます。本体が落下した際のキズやヘコみがあったり、液晶に色ムラやライン抜けなどの不具合があれば、数千円単位で減額されます。また、イヤホンやLightningケーブルなどの付属品がなければ、1個につき1000円前後が減額されます。
本体の程度が悪くて付属品の欠品も多ければ、買い取り上限額に対して50%以上の減額になることもありえます。新品同様ならば中古ショップに持ち込むのがベターですが、ある程度使用感がある場合はキャリアの下取りのほうが好条件になる可能性もあります。

まとめ

世界的に人気のあるiPhoneは中古市場があり、中古でも結構な高値で取引されています。キャリアの下取りプログラムは手軽である反面、下取りの金額は買取専門店に比べると低く、また2年間契約の制約を受けるなどのデメリットがあることがわかりました。ただ、一方で細かい傷や付属品の欠損があると、買取専門店の買取価格のほうが低くなってしまうこともあるようです。
無料で見積を出してくれるところが多くありますので、まずは買取専門店に見積依頼をしてみましょう。その価格とお使いのキャリアの機種変更の下取り価格、あるいは乗り換えするキャリアの新規契約の下取り価格を比較されてみることをおすすめします。
※タイトル画像:http://goo.gl/xG7LIi

関連記事

iPhoneの下取りをするならここ! 超高額買取ショップ3選
携帯電話で〇万円単位のキャッシュバック!?3社の動向は?
ドコモのスマホが激安価格で手に入る超得キャンペーン3選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.