app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

キャッシュバック スマホの機種変更 新着 機種変更

携帯は乗り換えがトク?料金とキャッシュバックを調べてみた

投稿日:

新しい携帯電話、とりわけスマートフォンについては次々に新製品が発表され、TVコマーシャルや広告を見るたびについつい目移りしてしまうものです。
しかし近年の携帯電話会社は2年契約が通例であり、2年間契約で機種本体代金が無料になる/途中解約は違約金発生などの条件を設けることでなんとか契約者をヨソにとられまいと、他社乗り換えを阻止しようとしています。
しかし、そんなことを気にする必要はありません。
各キャリアごとに現金に違約金を上回るキャッシュバックをしてくれるからです(契約1年で1万円程度)。
そんなキャッシュバックについて述べていきたいと思います。(キャッシュバックの功罪、携帯会社としての立場 など)

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

キャッシュバックはいくらなのか?



これは各携帯会社によってマチマチです。
同じ携帯会社でも店舗ごとに対応が異なることもあります。
例えばsoftbankの○○駅支店では実施しているのに、△△支店ではキャッシュバックはしていない、などの違いもあります。
対応している期間も異なることがあります。
執筆者がスマホ乗り換えなどで店舗の担当者と話をする限りでは平均的には1万?2万の間でした。
そして“今ご契約頂ければ・・・”という但し書きがあり、“このキャンペーンがいつまで続くかは分からない”という回答が多かった印象があります。
スマホを1年程度契約しているのであれば正直賄える金額ではあったので、話を聞くたびにどうしようかな?と悩んでおりました。

各携帯会社でどの程度違うのか?

PAK85_garakebb20141025171133500-thumb-260xauto-5554
一概には言えません。
というのも店舗が独自の判断で金額設定をしていることが多く、同じ携帯会社であっても店舗によって異なることもあるからです。
しかし上述したように違約金発生を躊躇する新規契約者を意識したサービスなので、平均値としては1万?2万の間ではないかと推測しています。

キャッシュバックで常に契約者がオトクに?

必ずしもそうとは言えないと思います。意外に盲点であるのが事務手数料という名目です。
執筆者はauからsoftbankへ2014年11月に乗り換えましたが、その時に事務手数料という名目で契約初月に3000円ほど請求されました。
auからの違約金と合わせると9000円となりキャッシュバックは2万円でしたので損はしていないのですが、携帯会社によってもこの設定はマチマチなのではないかと思います。
キャッシュバック額と違約金や初回の事務手数料の合計額をよくチェックして、損のしない他社乗り換えをすることを推奨します。

キャッシュバックキャンペーン期間は本当に未定?

家電量販店などに併設されている携帯ショップではよく耳にする話です。
これは嘘ではないとは思いますが、惑わされないでください。
店舗ごとにキャッシュバックの戦略はあると思うのですが、焦ることはないです。
“いつまで実施するかは今のところ分からないんですよ?”と言われても契約を急ぐ必要はありません。
店頭などでは大雑把な料金の説明や機種本体代金の説明書きがあるものですが、キャッシュバックについては公にされていないことが多いです。
(店頭スタッフの話を聞いて、初めて情報を耳にする)。
公にされているものは例えば勝手に料金を改定したり、キャンペーン期間を延長してりすると問題になります。
しかしキャッシュバックキャンペーンは公にしない(未定にする)ことにより、店舗側の都合でその期間を延長したりすることができます。
例えば予定の契約ノルマを達成できていなければ期間をもう一か月延ばす、と言った具合にです。
また店舗ごとに金額や期間にもバラつきがあるので、“今、この店舗でキャンペーンが終了しても、別の店舗で同じようなキャッシュバックキャンペーンが展開される”事態も発生します。
もちろん、“必ず行われる”という保障は無いのですが、欲しいと思う機種が無ければ別の機会まで待つという選択肢もあると思います。
また各携帯会社で貯めていたポイントももちろん消失しますので、ご注意ください。
例えばポイントが4000円分残っている/違約金5000円/事務手数料3000円という場合であればキャッシュバックで1万円もらっても赤字になってしまいます。
保有ポイントがどの程度残っているか、他社乗り換え前に必ず確認してください。

キャッシュバックの形式

スマートフォンを2014年の11月にauからsoftbankへ乗り換えた際には現金で2万円のキャッシュバックを頂きました。
契約者側にとっても口座振り込みなどではなく現金で還元される形が一番ありがたいです。
ですが携帯会社によってはポイントでの還元だったり口座振り込みの場合があるかもしれないので、確認をしてください。

キャッシュバックは店頭だけで行われるものではない



例えばソフトバンク代理店のおとくケータイ.netというものがあります。
これはソフトバンクの携帯電話を中心に扱う携帯販売サイトなのですが、ここ独自で展開しているキャッシュバックキャンペーンのようです。
2015.2.12現在で機種によっては最大で5万円のキャッシュバックキャンペーンの紹介がHPでなされています。
噂ではかつて、最大7万円のキャッシュバックキャンペーンも展開していたようです。
尚、昨今ではスマートフォンの普及が広がっておりキャッシュバックキャンペーンもスマートフォンを中心としたものが多いのですが、このサイトでは3G携帯電話(いわゆるガラケー)にもそれ相応のキャッシュバックが設定されているようです。
5万を超えるキャッシュバックは某ソフトバンクショップ店員によると、どこのショップでもそのような大幅なキャンペーンは展開したことが無いとのことです。
ソフトバンクの店頭に行く前に、自分の欲しい機種が該当するかどうかをチェックしておいたほうがいいかもしれません。
ちなみに執筆者は契約後にこのサイトの存在を知り、少々後悔をしております。
尚インターネットサイトの最大のメリットは、自宅や職場からでもアクセスが可能ということです。
近くにショップが無いとか、仕事が忙しくて店頭まで行く時間が取れないなどの問題を抱えている方は特に、利用する価値大だと思います。
おとくケータイ.net以外にもスマホルーム、ソフトバンクオンラインなどがあります。
詳細はウェブ上でチェックしてみてください。

携帯乞食と古株のユーザーの立場

携帯乞食ということばがあります。これはどういう意味かというと、携帯ショップが行っている多額のキャッシュバックを目当てにMNPを短期間のうちに繰り返し利ザヤを稼ぐユーザーの事を指して言うようです。
このようにやりようによってはお金儲けの話にまで発展するキャッシュバックです。
しかし各方面で問題点も指摘されています。
キャッシュバックで手元に帰ってくるお金は契約者が払う月々の利用料金に上乗せになっています。
しかし、「携帯乞食」と呼ばれている方々は様々な携帯会社を渡り歩いているので、月々の利用料金は発生していません。
強いて挙げるのであれば違約金くらいです。
結果的に、長く同じ携帯会社を契約しつづけているユーザーはキャッシュバックの恩恵を受けることはありません。
むしろこういった“携帯乞食”という方々が得ているキャッシュバックを負担してあげている図式が成り立ってしまいます。
要するにキャッシュバックの金額が大きく、違約金等の金額が小さければ、“乗り換え”だけが優遇されることになり、昔からの古株の契約者の扱いが蔑ろにされているということになります。
携帯電話を買い替えるときに他社への乗り換えが容易になりはしました。
機種本体を買うお金も気にしなくてすむようにはなりましたが、今後はもう少し昔からのユーザーを大事にする心構えが各携帯会社に求められるでしょう。
事実、韓国の携帯会社では多額のキャッシュバックが問題となり、数々の携帯ショップが営業停止に追い込まれてしまった事例もあるようです。
販売時の割引金額に上限が制定されており、顧客獲得のためそれを超える違法な補助金を支払うことが韓国では法律で禁止されているようです。
日本でも近年、総務省がこの多額のキャッシュバックに目を光らせ、キャッシュバック金額の上限について指導が入ったような報道がなされています。
今後もこの上限は厳しくチェックされ、更に下がる傾向になるかもしれません。

キャッシュバックの仕組み

上述したように同じ携帯会社であっても、キャッシュバックキャンペーンの期間や金額設定が異なることがあります。
街中には“○○ショップ”(auショップなど)というものが数多く存在しますが、ほとんどの店が直営店ではありません。
名前を借りて営業を行っている代理店です。
代理店の存在は最終ユーザーへの価格を考えると非常に大きなメリットとなります。
直営店では一契約ごとにそれ相応の利益を出さなかなければやっていけません。
しかし代理店であれば、ある一定のノルマをクリアすれば携帯会社から販売奨励金というインセンティブを得ることができます。
従って、一契約で利益を上げることよりもいかにして多くの契約数を稼ぐことができるのかが争点となってきます。
てっとり早く契約をとろうと思ったら、契約者が負担する初期投資をできるだけ下げるのが一番効率が良くなります。
ここでいう初期投資とは携帯端末の本体代金や契約時の事務手数料などです。
これらは“2年間契約”を前提でゼロになるか、限りなくゼロになります。
さらに競争が激化し、2年間契約の人間を違約金を払わせてまで他社のお客さんを奪い取ろうとなるとそこにオマケが必要となってきます。
“オマケ”とは現金によるキャッシュバックのことになります。
携帯端末の本体代金をゼロにして、さらにキャッシュバックとして1?2万の支出となると店舗側の利益率は相当低いものになることが想像されます。
しかし1契約あたりの利益よりも契約数を稼ぐことを目的としており、本店からの販売奨励金によって利益が補てんされることから、店舗側としては経営に打撃を受けることはありません。
携帯サイトなどではこの販売奨励金の額が大きいものと推察されます。
高いキャッシュバックキャンペーンなどをネット上で見ると思わず詐欺を疑ってしまいますが、それでも経営上うまくやっていける仕組みが出来上がっているということになります。

高額キャッシュバックを得るためには



上述した携帯サイトも一つの手段ですが、傾向だけまとめておきたいと思います。
人が少ない地方よりも、人の集まる都心部のほうが圧倒的に消費者も多いことから価格帯は当然下がります。
関東でいえば、東京都内ということになります。また私鉄沿線などで行けば、急行列車が停車する駅のお店などもねらい目かと思います。
大型家電量販店などにある携帯電話のコーナーも一つのねらい目かと思います。特に“開店記念”“リニューアル”“○○周年セール”などと量販店が謳っている際は便乗して携帯電話販売コーナーでも大型キャンペーンを展開していることがあります。
タイミングも重要です。
例えば平日の昼間などは客もほどんどおらず、大型キャンペーンを展開することはほぼ皆無と考えらえます。
オーソドックスに考えるのであれば土日ですが、祝日や連休時は大きな集客が予想されます。
そういったタイミングで大型キャンペーンが展開されることはよくあります。
お店に行くタイミングも考えながら、キャッシュバックのお店を探してみるものいいかもしれません。

キャッシュバックのメリット、デメリット

上述したようにキャッシュバックには他社から乗り換えを迷っているユーザーにとってはとてもメリットのあるシステムです。
一方、古くから契約しているユーザー層にとってはあまり評判はよくありません。
古いユーザー層からすれば、優遇されていないことになるからです。
総務省からの指摘も入っていることですし、ユーザーからの声を直に捉えれば今後はキャッシュバックのシステムについても見直されるかもしれません。
また高額キャッシュバックがもらえるからといって安易な判断は避けたほうがいいかと思います。
実際に契約をしてみて契約内容が自分に合わなかったり、長い目で見たら月額利用料を長いユーザーに対しては割引するなど乗り換えをしないほうがオトクということもあります。
自分にとって1番お得な方法で携帯を乗り換えましょう。
画像引用元:http://otoku-keitai.net/site3/?random=7Bu37olMuS
発表!ソフトバンクのMNPキャッシュバック高額ランキング
iPhone6キャッシュバック高額ランキング!超優良案件TOP3
【iPhone6価格】ソフトバンクへお得に機種変更する方法!
ソフトバンクiPhone6の料金を月4000円安くする方法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-キャッシュバック, スマホの機種変更, 新着, 機種変更

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.