app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマホ ドコモ 新着

新たな可能性を追求していくdocomoのスマホ、必見の5種類

投稿日:

2015年は日本のスマホ、携帯をめぐる環境が大幅に変わる年と言えます。
実際はもう2年前くらいから流れとしては変わってきているのですが、2014年あたりからその姿は変わり始めてきています。
気が付いてみればDocomoのホームページをよく見る人でさえ、気が付いてないで変わっていることがあります。
例えばDocomoのホームページにはiPhone6/iPhone6 plus/iPhone5sのiPhoneグループ以外12種類のスマホがラインアップされています。
しかし現実にはDocomoの回線では、このほかにも最新型のスマホがたくさん使用できるのです。
今まではDocomoのホームページ、Docomoのカタログに載っているものだけを使えると認識していたのが普通だったのではないでしょうか。
ですが現実はDocomoのホームページに載っていない例えば「VAIO Phone」や「Ascend M ate7」やDocomoではもう見られなくなってしまったNECのタブレット「LavieTab S」などもDocomoの回線で使用できるのです。
今まではDocomoショップ、あるいは一般の携帯ショップでDocomoを選んでスマホを購入しましたが、その時ショップの店頭に並んでいたスマホはDocomoが直接公認オススメのスマホというわけです。
しかし、もしかするDocomoショップでなければ、一般の携帯ショップであれば、そのDocomoのコーナーの近くに格安SIMのコーナーとかあって、そこで扱っている最新型のスマホにDocomoの回線で使えるスマホが安いのから高級新型までいろいろ揃っているかもしれません。
(すみません、実際はネットの方が多くて、現品があるのは一部の家電大型店になってしまうかもしれません)
つまり昨年(2014年)あたりから、まずDocomoの公認推薦品、そしてそれを取り囲むようにDocomoの回線が使える、Docomoとしては非公式なスマホ群という2重構造になっているのです。
それは何を意味しているかと言うとDocomoの回線は維持したまま、(メールアドレスや電話番号はそのまま使いたいから)、スマホだけAscendやZenFoneを使いたい場合、格安SIMで契約しスマホを取り換えるということも可能です。
特に2015年5月からSIMロックフリーが解禁になりますから、今まで以上に幅が広がるわけです。
そういった環境の中で2015年Docomo自身が打ち出した夏の一押し新機種を見てみると、そこに見えてくるものがあるでしょうか。
この夏Docomoのスマホ、気になる5機種をご紹介します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

 Docomo スマホ 2015年夏機種、注目の新しい機種

次に挙げるのはDocomoがこの夏にかけて力を入れて売り出してる新機種です。
大きなDocomoのスマホのグループの中心にしようとしているわけですから、Docomoとしても力が入りますし、簡単に失敗しては困るスマホたちです。
では早速見てみましょう。
*キャッチコピーなどは全てDocomoのホームページから拾ったものです。

1: Galaxy S6 edge SC-04G (2015年4月23日発売)

? 光があふれだす、流れるような美しく手になじむフォルム
ガラスとメタルとをサンドウィッチのように使用したデザインでフロントもリアも強化ガラスを使用し、サイドにはメタル素材を使うことにより、光をあてるとひかり方が違うと表情を変える演出まで、今までにない質感を実現したということです。
両サイドを回り込ませるようなデュアルエッジスクリーンを搭載し、持ちやすさと狭額縁を両立させて、大きさの割に広いディスプレイを実現し、手のひらの上に映像が浮かんでいるような感覚を作り上げたということです。
両サイドが回り込むようなエッジスクリーンならではのカーブ部分を使った機能が満載。よく連絡をする人からの電話やメールが一目でわかる、ピープルエッジ機能を搭載し、またスマートフォンを伏せていても着信時にエッジ部分の光が反射し、誰から電話が掛かってきたかがすぐにわかるようになっています。
? 明るく美しいディスプレイが、極上の映像体験を実現
「黒色」にこだわり暗い色でもはっきり違いがわかる高解像度577ppiの最新有機ELディスプレイでSuper AMOLEDを搭載です。
明るいところではさらに見やすく、暗いところではまぶしくなく、場所を選ばずしっかりくっきり見えます。
メインカメラもサブカメラも今まで以上に明るく綺麗に撮れるF値1.9のレンズを搭載。またHDR機能により、顔が暗くなったり、背景が暗くなったりすることなく、誰でも綺麗な写真を手軽に撮影できます。
? Galaxyのために生み出されたモンスターCPU高機能ディスプレイ
こだわりのSAMSUNG製高性能CPUはGalaxyに合わせて作られた最高級CPUで14nm製造プロセスで、今まで以上に高機能、なおかつ省電力を実現しました。
同じく自社製を使用したRAMやユーザーメモリーも高速化を実現しアプリの起動やファイルの書き込みなどを高速化して快適な操作性を実現しています。
おくだけ充電に対応して充電も気軽に。タッチ式の指紋認証でセキュリティにも配慮、全てにおいてハイスペックを追及しました。

2: Galaxy S6 SC-05G  (2015年4月23日発売)

? 薄く美しいデザインに、Galaxyのためのディスプレイ
薄さ約6.8mmのボディで持ちやすく、「S6 edge」と基本同じ構造でリアパネルに強化ガラスを、サイドにはメタル素材を利用。もった時に数字以上の薄さを実感できます。
Galaxyオリジナルの高精彩な有機ELディスプレイで、屋外でも明るくくっきりと、暗い部屋の中でもまぶしくなく、どこでも場所を気にする事なく楽しめます。
Galaxy純正カバーを用意しました。   リアパネルの美しさを生かし、機能にこだわったGalaxyにぴったりなデザインの純正カバーで、カバーを付けていても薄さをキープできるのはGalaxy純正カバーならではのはずです。
? 抜群の操作感と、便利なおくだけ充電
SAMSUNGオリジナルのGalaxy専用CPUは、今まで以上にアプリの起動を速くし、快適な操作感を実現していて、なおかつ省電力性能を見直し、CPUの消費電力を約30%カットしました。
おくだけ充電に対応して、さらに簡単に充電できるようになりました。おくだけ充電での満充電までの時間は180分です。
タッチ式の指紋認証で操作性もアップ。セキュリティにも配慮しました。
? 明るくて美しい、素早く撮れるカメラ
F値1.9の明るいアウトカメラ(約 1600万画素)とインカメラ(約 500万画素)を装備し、逆光でも暗い場所でも美しい写真や動画を残すことができます。
インターネット中でもメール中でもホームボタンを二度押しでカメラがすぐに起動するクイックショット機能を装備し、瞬間を写真におさめることができます。
シャッターが押しづらい自分撮りの時には、声や、手のひらを向けるなど、いろいろな方法で撮影ができ、撮った写真も電話帳から誰にでも簡単に共有できる機能もあるので、みんなで簡単に写真をシェアできます。

3: Docomo XperiaTM Z3 Compact SO-02G (2014年11月12日発売)

この機種は2014年11月に発売されたDocomoの冬モデルです。
ですが、このスマホは同じくソニーから発売されている「Docomo XperiaTM Z3 SO-01G」(2014年10月23日)と違ってDocomoだけで扱っているスマホです。
このスマホの特長を次に挙げますが、一番の特長は小型のスマホと言えることです。
この大きさはauやソフトバンクの一番小さいスマホ(iPhone5s以外)には若干負けてしまうのですが、Docomoでは一番小さいスマホと言えます。
ですが、このDocomoのスマホは、この大きさの中に驚異的な性能を秘めています。
性能的には兄弟機種の「Docomo XperiaTM Z3 SO-01G」に負けていません、あえて負けているといえば画面サイズだけです。
でもこれはしょうがないですよね。
もともと、「Docomo XperiaTM Z3 SO-01G」より小さいを目的に作られたスマホなのですから。
一般的な5インチサイズのミドルサイズマシンがまだ大きいと思える方にはDocomoのスマホとしては一番のおすすめなのです。
? Docomo XperiaTM Z3 Compact SO-02Gの特長
手のひらにすっきりおさまる軽量・コンパクトサイズ、ながら、約4.6インチのHDディスプレイを搭載して、個性的なカラーリングが設定されています。
ソニーの技術を結集した充実のカメラ性能  Xperia史上最高のISO感度を実現、光の少ない暗闇でもノイズを抑えた美しい写真が撮影可能であり、暗闇だけでなく室内での撮影などのでも、クリアな質感で撮影することができます。
安心の防水・防塵(ぼうじん)対応でどこでも手軽にエンターテインメントを楽しむ  ハイレゾ対応ヘッドホンやスピーカー(別売)を使用し、ソニーの独自技術「DSEE HX」をオンにするだけで、普段聞いている圧縮音源をCD以上の音質を持つハイレゾ相当の情報をもつ高解像度音源にでき、良い音を手軽に楽しめます。
? スペックとサービス・機能
サイズ 高さ 約 127mm×幅 約 65mm×厚さ 約 8.6mm
連続待受時間  3G:約 800時間/LTE:約 650時間/GSM:約 620時間注意7
連続通話時間(音声通話時) 3G:約 700分/LTE:約 990分/GSM:約 650分
充電時間 約 155分
バッテリー容量 2600mAh
ディスプレイ(メイン/サブ)サイズ 約 4.6インチ
解像度(ピクセル数)注意5 720×1280ピクセル/未対応
Xi(クロッシィ) 受信/送信 対応(受信150Mbps/送信50Mbps)
VoLTE対応 対応  クアッドバンドLTE 対応
FOMAハイスピード (受信/送信) 対応(受信14Mbps/送信5.7Mbps)
OS AndroidTM 4.4
内蔵メモリ ROM 16GB / RAM 2GB
プロセッサ MSM8974AC 2.5GHz(クアッドコア)
カメラ有効画素数 (アウト・外側・メイン/イン・内側・サブ)
約 2070万画素/約 220万画素
接写機能 対応
手ブレ補正機能、手ブレ軽減、オートフォーカス、フォトライト、フラッシュ 対応
動画ズーム 最大約 8.0倍(31段階) 静止画ズーム 最大約 8.0倍(31段階)
無線LAN規格 IEEE802.11a、b、g、n注意1、ac準拠
ワンセグ 連続視聴時間注意1 約 610分注意2
字幕表示 、視聴予約、録画予約、外部メモリへの録画 対応

4: ドコッチ 01

腕時計タイプのキッズ保護専用スマートウォッチといいますか、世界中他の国にはこういったタイプの端末があるのだろうかと考えます。
auの「mamorino3 はauの売り上げランクの上位に来るなど、セコムとタイアップして成功しています。
Docomoのアイデアはスマートウォッチということですね。
ショートメールが出来るみたいだけど、理想は通話が出来ることですね。
お金をかければできるのでしょうが、バランスとしてなかなか難しいですね。
それからこれは徘徊する老人にも良いかもしれません。
? 着けやすい、なくしにくい「腕時計タイプ」
? スマホで今がわかる「状態モニター」
? 居場所をすぐに確認「GPS搭載」
? 困ったときは「SOSボタン」
? 離れたらすぐに教えてくれる「みまもりアラート」
? スペック
連続待受時間 約 72時間
3G通信方式 W-CDMA(800MHz/2GHz)
近距離通信方式 Bluetooth® Low Energy
(Bluetooth® 4.0)
ディスプレイ 約 1.3インチ
バッテリー リチウムイオンポリマー電池(300mAh)
充電/給電 専用クレードルによる充電
防水/防塵(ぼうじん) IPX5/IP5X
UIMカード nanoUIM
サイズ 高さ 約 44mm×幅 約 44mm×厚さ 約 15mm(ベルト含まず)
質量 約 46g(ベルト含む)
直接通話が出来ないということがありますが、何気に身に付けるというのは、なかなか良いのではないかと思います。
大事なのは、ただ持たせたから安心だということではなくて、子供と使い方に関して話し合いを行うことなのではないでしょうか。
いくら小さい子でも良いのです。
親がどれだけ子供を愛して、心配しているかを知ってもらわないといくら便利なツールであっても運用できません。
Docomoさんには通話が出来るまで持って行ってもらいたいです。
アイデアとしてはなかなか良いですから。

5:Wi-Fi STATION L-01G

すみません、この端末はスマホではありません。
高速4GLTE回線を利用した無線ルーターです。
この春、DocomoはNTTフレッツとタイアップした「Docomoひかり」と言うサービスを売り出しています。
Docomoのスマホとうまく組み合わせてセット割引を積極的に売り出していますが、このDocomoの「Wi-Fi STATION L-01G」の考え方を進化させると光回線はいらなくなってしまうのです。
今でも光回線を契約してもあまり速い速度の恩恵にあずかっていないという場所もあります。
中継局との距離とかプロバイダーの相性とかいろいろ言われていますが「Wi-Fi STATION L-01G」の速度の方が速いという場所もありうるのです。
「Wi-Fi STATION L-01G」の方も理論上のスピードは中々でないと思います。
ましてやキャリアアグリゲーションの最高速度はまだまだカバーエリアも狭いですし、現実、光回線より4GLTEルーターの方が速いよと言う時代はまだまだでこれからでしょう。
でも光回線の技術が足踏みしているように感じるのは気のせいでしょうか。
いま現在のスピードをもっとアップしたいのですが、その方法がわかりません。
DocomoはDocomoで無線の通信速度を上げる技術に挑戦しているようです。
理論上は今の光回線の1Gと言う速度より早くなるようです。
それが実用化されるのはいつの話か分かりませんが、無線が優先にとって代わる日が来るのかもしれません。
これは日本ではなく中国やインドなどの国々の未来ではそうなります。
なぜなら、それらの国々は国の中に何百万本と言う電信柱を立てるわけにはいかないからです。
日本でもDocomoの無線ルーター「Wi-Fi STATION L-01G」を運用する技術の発展がDocomoのスマホや携帯の未来を変えていきます。
それははっきりしています。
ですから、「Docomoのスマホ、必見の5種類」のなかにいれました。
<Wi-Fi STATION L-01Gの特長>


? PREMIUM 4GTM 225Mbps注意3注意4に対応し、快適な高速通信を実現
受信時最大225Mbpsの高速通信で、動画もブラウジングも快適にキャリアアグリゲーション(
クアッドバンドLTE&国際ローミング時はTD-LTEに対応
5GHz帯のIEEE802.11acに対応し、安定した高速通信が可能
? 大容量バッテリーであんしん長持ち。モバイルチャージャー機能も搭載
Wi-Fiルーター最大クラス注意8の4,880mAh大容量バッテリーを搭載
モバイルチャージャー機能で、タブレットやスマートフォンの充電が可能
電力を自動でコントロールし、バッテリーも長持ち
? 見やすいタッチパネルでスマートな操作が可能
見やすい3インチタッチパネル&分かりやすいUI
よく使う項目はホーム画面にショートカットキー登録が可能
もし、自宅のインターネット回線をこの「Wi-Fi STATION L-01G」とした場合、優先のインターネット回線を解約するだけではなく、スマホの契約プランも見直さなければなりません。
自分の月々使用するパケット量をちゃんと把握してください。
そこのところご注意を。

まとめ

Docomoが変わりかと言うより、もう変わってきているのです。
スマホの使い方ももっと変わってくると思います。
「Docomoのスマホ、必見の5種類」はDocomo取扱いスマホの中から選びました。
今回はまだDocomoの公認スマホ以上のDocomo回線で使える魅力的なスマホはまだ出てきていません。
Nexusu 7なんかは技術だけは最先端かな?
でも、現在はDocomoの回線で使えるスマホはたくさんあると認識してください。
それから、もっと大事なことがあります。
Docomoのスマホ販売の中心的なスマホはiPhone6 だということです。
以前、Docomoは「ツートップ戦略」としてSAMSUNGとSONYの機種をツートップとして優先的に販売しました。
この戦略は失敗に終わりauとSOFTBANKの圧勝に終わりました。
その結果、Docomoも現在はiPhoneを扱うようになったのですが。
iPhone6はDocomoにとっても、もう中心機種になってしまっているのです。
それは、ホームページの扱いを見ればわかります。
どこのキャリアもiPhone6とそれ以外のスマートフォンと言う扱いです。
今回の「Galaxy S6 兄弟」は、そのiPhone6 にSAMSUNGが殴り込みをかけた形になっています。
しかし、iPhone6とその他のスマートフォンのその他の中から「Galaxy S6 兄弟」が抜け出すのはなかなか難しいと思います。
今年のDocomoの夏商戦は第3者としてみればなかなか面白いことが見られるのではないでしょうか。
それが、次の秋冬のDocomoの行く道を決めると思います。
Docomoユーザーとしては良いスマホを安く運用できるようになることを祈るということでしょうか。
※タイトル画像:https://goo.gl/VOg5zi

関連記事

大人気! ドコモギャラクシーシリーズ最新作
どれがおすすめ?貴方に合ったドコモスマートフォン診断
スマホならNTTドコモ!新発売されるドコモスマホ3つの予想
ドコモの解約金が想定外…チェックすべきだった3つの項目
ドコモからおすすめ最新スマホTOP5

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマホ, ドコモ, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.