app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマホ 新着

格安スマホは価格だけじゃない!? 充実機能の5機種紹介

投稿日:

今なにかと話題の格安スマホ。
その名の通り、端末代金も安く、また格安SIMとセットで売られている場合も多いので、月額3,000円程から利用可能な部分も魅力です。
ところが、低価格でも機能がそこそこでは困りますよね。
そこで、安くてさらに機能も充実したコストパフォーマンスの良いスマートフォンを5機種にしぼってご紹介します。
機能だって性能だって大手キャリアのスマホに負けていない、格安スマホの魅力をどうぞご覧下さい。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

はじめに

格安スマホとは

格安スマホとは、言葉のとおり大手キャリアのものと比べて安価なSIMフリーのスマートフォン本体のことを言います。
ただ、今は端末本体と格安SIMカードがセットになっている物も格安スマホと呼ぶ場合があります。

格安SIMカードとは

格安SIMカードとはMVNOと呼ばれる事業者が提供しているSIMカードのことです。
MVNOとはMobile(移動性の)Virtual(仮想の)Network(異なる場所での通信)Operator(操作者)の頭文字で、仮想移動体通信事業者という意味があります。
このMVNOは、自社での通信網をもたずに、KDDIやNTTドコモなどの通信事業者の回線を借りて契約者へと提供しています。
回線を借りているので、通信設備も持っておらず、設備投資などの面でお金がかかっていません。
また、月額プランも通話が出来ないようになっていたり、通信速度や通信量に制限をかけることで安くなっているので、自分に合ったプランをきちんと選ぶ必要があります。

格安スマホはなぜ安いの?

なぜ安いのかというと、SIMフリーになっている分大手キャリアのものと違って機能が低かったり、制限されている部分があったりするからです。
たとえば、メールをするにしても格安SIMカードでは【@docomo】【@au】【@softbank】といったドメインのメールが使えません。
機能面では、おサイフケータイやワンセグなどのオプションがついていないものもあります。
カメラの画素数も、綺麗に写真は撮れますが、2000万画素といった高精細なものはついていませんし、本体のカラー展開もそこまで多種ではありません。
端末のメーカーも中国や、台湾に拠点を置いているメーカーもあります。
そういった理由で、端末本体の代金が安価になっています。
では、そんな低価格でありながらも充実した機能をもっている5機種を紹介します。

ASUS ZenFone 2 ZE551ML

世界初と日本初を兼ね備えたハイスペックな格安スマホ

公式HP:http://www.asus.com/jp/Phones/ZenFone_2_ZE551ML/
ASUSという台湾に拠点を置くメーカーの、5.5型のフルHDディスプレイのスマートフォンです。
OSはAndroid5.0に対応、CPUも日本では初のプロセッサーがインテルの1.8GHz又は2.3GHzのクアッドコアを使っています。
世界では初めて最大4GBの大容量メモリを搭載、ストレージは最大で64GBとこちらも大容量になっています。
カメラ機能も約1300万画素/約500万画素で、逆光にも暗いところでの撮影にも強いASUS独自のPixelMasterテクノロジーが使われています。
バッテリーは約3,000mAhで急速充電にも対応しています。
端末本体のサイズは、幅 約77.2mm×高さ 約152.5mm×厚み 約10.9mmの重さ約170gで、片手でも無理なく使えるように工夫されています。
カラー展開は、ブラック、レッド、ゴールド、グレーと格安スマホの中では種類も多いです。
LTEやデザリング、NFCにも対応していますが、ワンセグやフルセグ、おサイフケータイといった機能はありません。
メモリの容量、ストレージの容量で3種類の価格展開をしています。
今回紹介する中では唯一デュアルSIMという2枚のSIMカードがさせる状態になっているスマートフォンです。

Ascend Mate7

世界初の技術を採用した大型ディスプレイと大容量バッテリー

公式HP:http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/features/mate7-jp.htm
Huaweiという中国に拠点を置くメーカーのスマートフォンです。
世界で初めて強度の強いGorillaガラスで覆われた6型フルHDディスプレイを搭載しています。
OSはAndroid4.4で、CPUは1.8GHzと1.3GHzのオクタコアとなっており、状況に合わせてコアを使い分けることで消費電力も管理しています。
メモリは2GB、ストレージは16GBで、メモリーカードスロットもついています。
カメラ機能は約1300万画素/約500万画素で、アウトカメラにはソニー製のレンズとセンサーが採用されています。
バッテリーは約4100mAhと今回紹介する中で最大の容量となっています。
端末本体のサイズは、幅 約81mm×高さ 約157mm×厚み 約7.9mmの重さ約185gです。
カラー展開は、ムーンライトシルバーとオブシディアンブラックの2色です。
LTEやデザリングには対応していますが、NFC、ワンセグ、フルセグ、おサイフケータイといった機能はありません。

Xperia J1 Compact

コンパクトボディなXperia初のSIMフリースマホ

公式HP:http://www.sonymobile.co.jp/xperia/sp/j1c/
SONYのXperiaシリーズ初のSIMフリーのスマートフォンです。
画面は4.3型のトリルミナスディスプレイで、非常にコンパクトになっています。
OSはAndroid4.4で、CPUは2.2GHzのクアッドコアです。
メモリは2GB、ストレージは16GBで、メモリーカードスロットもついています。
カメラ機能は約2070万画素/約220万画素で、イメージセンサー、画像処理エンジン、レンズともにソニーのカメラテクノロジーを搭載しています。
バッテリーの容量は約2300mAhと小さめです。
端末本体のサイズは、幅 約65mm×高さ 約128mm×厚み 約9.7mmの重さ約138gとかなりコンパクトなサイズになっています
カラー展開は、ホワイトの1色のみです。
ワンセグやフルセグには対応していませんが、LTE、デザリング、NFC、そして今回紹介の中で唯一おサイフケータイに対応しています。

京セラ S301

コストパフォーマンスが良く防水・防塵・耐衝撃の頑丈なボディ

公式HP:http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/kc-s301/
京セラの、耐衝撃・防水・防塵に対応した、5型QHDディスプレイのSIMフリースマートフォンです。
ディスプレイに強化ガラスを使用したり、万が一衝撃が加わっても直撃をしないようディスプレイの周囲にフチを立てる設計をしています。
OSはAndroid4.4で、CPUは1.2GHzのクアッドコアです。
メモリは1GB、ストレージは8GBで、メモリーカードスロットもついています。
カメラ機能は約500万画素/約200万画素です。
バッテリーの容量は約2300mAhとこちらも小さめですが、連続待ち受け時間が最大1010時間とかなり長いです。
端末本体のサイズは、幅 約73mm×高さ 約144mm×厚み 約10.8mmの重さ約146gとなっています
カラー展開は、ガンメタとホワイトの2色です。
LTEやデザリングには対応していますが、NFC、ワンセグ、フルセグ、おサイフケータイといった機能はありません。

VAIO Phone VA?10J

パソコンでおなじみのVAIO初のスマートフォン

公式HP:http://www.bmobile.ne.jp/vaio/device.html
MVNOの生みの親、日本通信から発売されているVAIOシリーズ初のスマートフォンです。
日本通信が企画、VAIOはデザインと、両社の協力で開発されたこのスマートフォンで、5型HDのディスプレイのシンプルで持ちやすいデザインです。
OSはAndroid5.0で、CPUは1.2GHzのクアッドコアです。
メモリは2GB、ストレージは16GBで、メモリーカードスロットもついています。
カメラ機能は約1300万画素/約500万画素です。
バッテリーの容量は約2500mAhと小さめです。
端末本体のサイズは、幅 約71.3mm×高さ 約141.5mm×厚み 約7.95mmの重さ約130gで今回紹介の中で最軽量になっています。
カラー展開は、黒の一色のみですが、ガラスのような背面と、ゴムのような質感のソフトタッチ塗装の側面で持ちやすいデザインです。
LTEやデザリングには対応していますが、NFC、ワンセグ、フルセグ、おサイフケータイといった機能はありません。
また、VAIO Phone専用の料金プランもあります。

まとめ

格安スマホの中から、様々な機能を持ったものを5機種ご紹介しました。
それぞれの特徴を簡単にまとめます。
【ASUS ZenFone 2 ZE551ML】
世界初のメモリーサイズと日本初のインテルのCPUを使っており、デュアルSIMにも対応しているハイスペックなスマホ
【Ascend Mate7】
世界初の技術を採用した大型の6型ディスプレイと、約4100mAhもの大容量バッテリーを搭載したスマホ
【Xperia J1 Compact】
コンパクトなボディの中に、おサイフケータイなどの機能がついたXperiaシリーズ初のSIMフリースマホ
【京セラ S301】
壊れにくいデザインと、強化ガラスを使用しており、防水・防塵・耐衝撃に対応した壊れにくい、安定性のあるスマホ
【VAIO Phone VA?10J】
VAIO初の持ちやすいデザインにこだわった、専用料金プランもあるシンプルなスマホ
低価格なだけではない、それぞれが色々な機能や特徴をもったスマートフォンです。
自分にあった機能や性能をもったものを選んで、お得にスマートフォンを使っちゃいましょう。
※タイトル画像:http://goo.gl/HCoERi

関連記事

激安すぎて大丈夫?格安スマホが安すぎる5つの理由って何?
実はお得じゃない!?格安スマホに隠された3つの罠
最近、雑誌などで何かと目にする格安スマホって実際どうなの?
今CMで話題のmineoって何?格安スマホを徹底解説!
既存キャリアと何が違うの?今話題の格安スマホ徹底比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマホ, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.