app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

Android iPhone スマホの料金 格安SIM

絶対に損したくない!今選ぶべき格安スマホ徹底比較5選

投稿日:

格安スマホに興味を持ったことはありますか?
大手通信キャリア3社が販売するスマホは高性能化が進むにつれて販売価格も上昇し、最新機種ですと10万円でちょっとお釣りが来る程度のレベルになっています。
10万円払うならノートPCが一台買えます。
しかしノートPCを常時持ち歩くわけにも行きません。
格安スマホであれば高価な製品でも6万円程度、安い製品であれば1万円台から購入することができます。
キャリアスマホを一台購入する価格でスマホとタブレットと安いPC各一台は購入できる水準です。
ただし余りにも低価格なスマホだとおもちゃに等しい機能であったり、必要最低限の機能しかなく使用に耐えないこともあり得ます。
ビジネスでもプライベートでもスマホはライフラインの一つだ、と言う方が大半だと思います。
価格の安さだけに目を奪われて、買った後で後悔することのないよう、十分に事前に情報を得て格安スマホを購入することが大切です。
価格自体は安くないかも知れませんが、買って損をしない格安スマホを5機種紹介してみます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone SE

10-01
自信を持っておすすめできるのは、やはりiPhoneSEです。
購入できる先が通販かアップルストアに限定されていまいますが、サイズはiPhone5S、中身はiPhone6sですからコンパクトで高性能。
価格は5万円台で格安スマホの中では高価格の部類に入りますがiPhone6sを10万円近く出して買うことを思えば納得できる価格かと思います。
安物のおもちゃのようなスマホではありませんから所有することの満足感もあります。
アップルストアでは全国配送を実施していますから、買うのであればアップルストアが安心できます。
ただし問題は発売以降在庫の入荷状況が不安定な状況が続いていることです。
入荷したと思ったらすぐに完売で、次の入荷待ちと言う状況が続いています。
購入する場合はこまめに在庫状況を確認するか、予約を入れなければなりません。
予約をしてでも手に入れる価値のある製品だと思います。

富士通arrows m03

10-02
富士通製のarrows m03は格安スマホでベストセラー端末となったarrows m02の後継機です。
日本製スマホなので初めて格安スマホを使う人でも違和感なく操作ができますし、国産スマホに標準搭載されている「おサイフケータイ」、「ワンセグ」、「防水・防塵」の機能も搭載されており、格安スマホ初心者でも安心して使用ができる点は大きなメリットでしょう。
ただし性能面ではCPUが前機種のm02と同じでパワー不足の感はありますが、キャリアスマホの最新機種と比較すると劣っていることは事実です。
元々の設計思想が「ミドルレンジのスマホ」なのでヘビーに使い倒すことを想定しなければ、完成度高く安定したスマホだと言えます。
電池持ちも良くメーカーは3日持ちを公表していますが、これはちょっと盛りすぎですが、二日は余裕で持ちます。価格は3万円台で、お手頃価格と言えます。

AQUOS Compact

10-03
こちらも国産SIMフリースマホでSHARPのAQUOSスマホの4.7インチディプレイモデルです。
5インチ超が主流のスマホにあって4.7インチは手にフィットして持ちやすいサイズです。
SHARP製品の特徴のIGZO液晶を搭載しており、バッテリー持ちも良く、国産の格安スマホを選択する場合はarrows m03かAQUOS compactかの二択になるでしょう。
CPUはarrows m03よりもパワーのあるCPUを搭載していますから、その分価格も4万円台と格安スマホの中では高い部類に入ります。
もちろん防水・防塵、おサイフケータイ対応ですから、こちらも今までキャリアスマホを使用していた人でも安心して乗り換えられるスマホです。

Huaway P9 Lite

10-04
国産に拘らないのであれば、おすすめできるのがHuawei P9 liteです。
CPUはオクタコア搭載でヘビーなスマホの使用にも耐えられるパワーがあります。
バッテリー容量も3000mAhとスタミナもあり、指紋認証も搭載され価格以上の機能を有しています。
ただ低価格ゆえに全体の作りが高級感に欠けるので、見た目よりもコストパフォーマンス重視の場合にはおすすめできます。
海外製(中国)のスマホですから、防水機能やおサイフケータイ、ワンセグには対応していません。価格は3万円台です。

Xperia Z5 Compact

10-05
格安スマホじゃない、と思う方もいるでしょう。ドコモから販売されているXperia Z5 CompactのSIMフリー版があります。
しかもドコモで買うより安いです。ドコモで購入の場合の価格は84888円、SIMフリー版は4万円台(5万円弱)で購入できます。
並行輸入品なので価格がキャリアで購入するよりもはるかに安いです。
日本語対応ですが充電のアダプターは日本使用ではないので、市販の充電ケーブルを使用すればよいですし、充電ケーブルは100均でも購入できます。
iPhone SEの場合と同様に性能的には文句のつけようのない機種ですし、保証付きで販売されていますから輸入品と言っても不安はないです。

まとめ

格安スマホは1万円台から購入することができますが、安い製品はそれなりの理由があって安いのですから、使用して不満が出ないのは3万円台からと言ってよいでしょう。
iPhone SEのように5万円台の製品でもキャリアスマホが10万円近くするのと比較すればお手頃感がありますし、毎月の通信料金が安くなるので、端末に初期投資をしたとしても年単位で考えれば間違いなくコストメリットはあります。
ここに紹介した5種類以外にも個性的な端末が多くあります。
自分が今まで使用していたスマホと比較して選択するのも一つの選択方法だと考えます。
また使用方法と合わない高性能のスマホや使わない機能が満載のスマホを高い値段で買って使っていた可能性もあります。
自分のスマホの機能と使い方をもう一度見直して、格安スマホに変更してみたらいかがでしょう。

関連記事

比較で納得!格安スマホ競合3社本当に使えるスマホはコレ
はじめてのSIMフリー 格安スマホ比較・おすすめ機種4選
あなたの知らない格安スマホ5つ 徹底比較ランキング

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-Android, iPhone, スマホの料金, 格安SIM

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.