app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone MNP予約番号 新着

格安SIMカードでiPhoneが格段に安くなるってほんと?

投稿日:

格安SIMカードまっさかり。
スマホが安く使えるって盛んに言っているけど、ではiphoneはどうなのでしょう。
一部のMVNOの広告ではiphoneが格段に安くなる、って書いてあるのを見ましたが、ホントのところどうなんでしょうね。
スマホが安く使えるのなら、SIMフリーのiphoneだってあるんだから安くなって当然という気もします。
イマイチ格安SIMカードがよくわからない、だけどiphoneを『格段に安く』使えるならぜったいにその方がいいですよね。
<格安SIMをiphoneで使いたい>
キャリアで購入したiphone(SIMフリー対応機種)を、格安SIMカードで使いたいという場合、まずSIMロックを解除する必要があります。
キャリアでロック解除をしてくれるかどうか、正直いまはわかりません。
ただし、先日某キャリアに、『いま使っているスマホのロック解除してもらえますか?』と聞いたら、答えは『NO』でした。
オークションなどで、ロック解除ができるSIMアダプタを売っていますので、SIMを差し替えてロックを外すことが出来ます。
SIMフリー版のiphoneを購入しているのなら、なにも問題ありません。
対応しているSIMカードを購入し差し替えるだけでOKです。
ただし、ios8搭載のIPHONE(6/6plus)については、設定方法をよく確認してください。
たとえば、U-mobileのSIMカードだったら、『よくある質問』→『ios全般の設定方法について教えてください』→『APN設定を行える構成プロファイルを・・云々』に設定方法が説明されています。


<格安SIMで節約をしたい>
通信料金は毎月なので年間にしたら大きな金額になりますよね。
格安SIMで安くなるものなら、絶対に節約したい。
キャリア3社のiphone利用の、月平均(機種代金を含む)の通信料金は、大ざっぱですがiphone6の64GB でだいたい8,000円?9,500円くらいでしょうか。
便利だし、いまさらiphoneのない生活は考えられない、でも節約はしたいですよね。
毎月10,000円近いお金を節約できたら、長い目で見たらとても大きい金額になります。
<話題の格安SIMで,iphoneが格段に安く使えたら>
格安SIMが話題になっていますが、iphoneが格段に安く使えるってほんと?
ちょっと疑問に思ってしまいます。
耳なじみの薄い『格安SIM・SIMフリー』などの言葉、不安やギモンがあって当たり前な気もします。
SIMフリーが施行されるにあたって、MVNOと略して呼ばれる『通信業者』が、最近かなりの数で新規参入の名乗りを上げています。
いくつかMVNOの業者の社名をあげてみます。
DMMモバイル・楽天モバイル・U-mobile・mineo・OCN・biglobeなどなど。
各社で料金の設定や割引やオプションなど、少しずつ違います。
通信容量や電話もできる『通話SIM』、電話はできない『データSIM』、アプリをダウンロードすることで通話料を半額になど、割引・サービスも各社によってです。
契約はほとんどの場合オンラインです。(一部店頭でできるところも)
SIMカードのサイズ選択(iphoneはnano)から、料金プランその他自分でチョイスになります。
格安SIMを使うって、まぁ言ってみればセルフサービスのようなものでしょうか。
現在使用しているiphoneやスマホのデータをバックアップしたり、電話番号をそのまま使いたいのならMNP予約番号の取得、基本的にはセルフです。
と言っても、むつかしいことではないので、なにもわからない人でも手順を踏めばラクショウですから。
節約のために、ぜひ頑張ってみてください。

<想像以上に安くなる格安SIM>
*実際にどのくらいの料金になるのか、MVNO数社での比較をしたいと思います。
・端末本体の代金はナシで。(iphoneの場合、いまのところ端末セット販売はありません)
・SIMカードのサイズはnano。
・電話もできる通話SIM(1枚)。
・オプションはナシ。
・最初の手数料3,000円は各社共通とします。
・通信容量は5GB(各社の設定に違いがあるので、5GB に近いものとします)
・電話番号をそのまま使うMNPでの契約と仮定します。

※DMM mobile
月額基本使用料・・・・・・1,970円/月。
(最初の月だけ初期費用3,000円がプラスされます)

※楽天モバイル
月額基本使用料・・・・・・2,150円/月。
(最初の月だけ初期費用3,000円がプラスされます)
?オプション(無料)で『楽天でんわ』に申し込むと、月額使用料0円で、1通話
20円/30秒の通話料が半額になります。使った分だけあと払い。アプリのダウンロードが必要です。

※OCNモバイルONE
月額基本使用料・・・・・・1,450円/月。
(最初の月だけ初期費用3,000円がプラスされます)
?050plusに申し込むと、通話料が20円/30秒が、固定電話へ8円/3分・携帯へ
16円/1分ですが、規制事項があるので注意してください。

※BIGLOBE
月額基本使用料・・・・・・2,405円/月。(6GBの設定です)
(最初の月だけ初期費用3,000円がプラスされます)
?BIGLOBEでんわ専用アプリをダウンロードで、通話料金20円/30秒が半額の10円になります(不課税)。月額基本料・初期費用は無料。

※NifMo(ニフティ)
月額基本使用料・・・・・・2,300円/月。
(最初の月だけ初期費用3,000円がプラスされます)


ホントに簡単ですが、目安としての月額料金です。
格段の安さだと思いませんか?
ただし、前のほうで書いたように基本的な料金です。
いままでのキャリアの料金システムのような、わかりにくさは全くないのですが、SMSは別途料金が1回に付いくら、SMS込の場合などプランが各社あるので気を付けてください。
オプションをいくつか付けても、格安SIMカードを使えば節約は間違いないと思います。
比較したMVNOの通信回線は、すべてNTTの回線を使用、NTTのエリアをカバーしています。
どんなふうに使うのか・毎月どれくらい使うのかで、どこの・どれくらいの容量の格安SIMを選んだらいいのか。
5GBだったら、格安SIMカードだけの(通話のできる)使用料は、2,500円以下に抑えられると思います。
『安さ』だけに飛びつかずに、自分の必要としているものがあるMVNOの中から、細かいところまでチェックをして選ぶことが大切です。
毎月の通信使用料金を半額以下に、格段に安くなるのなら要チェックです。
※タイトル画像:?https://goo.gl/KFTJW2

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

関連記事

最近、雑誌などで何かと目にする格安スマホって実際どうなの?
これで解決!限りなく安い料金でスマホを買うための10の方法
2015年春の新作!巷で売れてるスマホ人気ランキング

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, MNP予約番号, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.