安心して使うために…格安SIMで抑えておくべき注意点3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

登場したばかりの頃の格安SIMは、通信速度が遅い・不安定と言うイメージが強く、SIMフリー端末の種類が少ないこともあって人気は今一つでしたが、最近はSIMフリースマホの機種が増えて来ましたし、通信状態が不安定な格安SIMも減って来たように思えます。

街中でもSIMフリースマホを使っている人を目にする機会も増えて来ました。
ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社と比較すると通信料金が劇的に安くなり、抱き合わせで販売しているSIMフリー端末も、最先端機能や高性能な機種を求めないのであれば、お求めやすい値段で購入できます。

よい事ばかりのように見える格安SIMですが、大手キャリアのサービスとは大きく異なる点もいくつかあります。
格安SIMサービスの特徴を十分理解した上で利用を始めないと後悔することになるかも知れません。

携帯各社公式のメールアドレスが使えない

大手キャリアの場合、ドコモであれば「docomo.ne.jp」、auなら「ezweb.ne.jp」、ソフトバンクは「softbank.ne.jp」と言ったキャリアメールが初めから設定されていて、買ったその時からすぐにメールを使うことができます。
これに対して格安SIMの場合には「キャリアメール」自体が存在しません。

わかりやすい例としてドコモで購入して使用していたスマホをSIMフリーに乗り換えると、今まで使用していたドコモのキャリアメールは使えなくなります。

格安SIMの場合はキャリアメールを連絡先として登録しているような場合には事前にフリーメールのアドレスを取得して、メールアドレスを変更する必要があります。
格安SIMの場合はフリーメールでメールを使用することになりますから、参考までにフリーメールをいくつかあげておきます。

04-01

Yahooメール

Yahoo Japanアプリをダウンロードすれば含まれている機能です。
PC版のYahooメールと同じ機能がスマホで利用できます。

Gmail

Androidスマホのユーザーであればプリインストールされていますし、GmailアカウントがないとAndroidのGoogleサービスが使用できないので必須ですが、iPhoneユーザーでもアプリをダウンロードすれば使用できます。

Outlook.com

PCでは定番のOutlookの個人用Webメールです。
PCのOutlookはMS officeの一部ですが、Outlook.comは単独で使用することができます。

通信速度が遅くなる場合がある

時間帯によって通信速度が遅くなることや、加入時には速度が速かった回線が日数の経過と共に遅くなることがあります。
時間帯によるものは、格安SIMは大手キャリアの空き回線を利用して提供されるサービスなので、回線が混み合う時間帯には速度が低下することがあります。

また速度が速いとされる格安SIMに評判を聞いて多数のユーザーが申込を行った場合にも同様に回線速度が遅くなることがあります。
格安SIM業者の中には通信料は低価格ですが、回線速度が全体的に遅い業者もありますから、オンラインゲームや動画などをよく使う方は格安SIMの業者選びも重要になって来ます。

格安SIMの回線速度の比較は定期的にWebで調査結果が公表されていますので、参考にすると外れのない格安SIMの選択ができます。

04-02

サポートが期待できない

大手キャリアの場合は各キャリア共に自社のショップとサポートセンターの二本立てで手厚いユーザーサポート体制を取っていますが、大半の格安SIM業者は実店舗を持っていませんから、ショップでの対応は期待できません。
また電話サポートも大手キャリアと同程度の対応は期待できません。

基本は自分でWebのマニュアルを見ての対応となりますから、スマホや通信に関する知識が必要になります。スマホの設定や多少のトラブル対応は自力でできる人でないと格安SIMは使いこなせない可能性があります。

まとめ

これら以外にもSIM自体の問題ではなく、SIMフリースマホに特有の機能による問題もあります。
機種によってはテザリングが使用できない、モバイルSuicaが使用できない、公衆WiFiが使えないなどと言うこともあります。

格安SIMとSIMフリースマホの組み合わせではスマホ自体の機能を確認して、自分が必要とする機能が備わっている機種を選択しましょう。特に格安SIMをメインとして使用する場合にはSIM自体のサービス内容だけでなく、SIMフリースマホの機能にも注意をしましょう。
またハイエンドな性能のスマホを使いたい方は、格安SIMとSIMフリースマホの組み合わせはおすすめできません。

格安SIMとセットで販売されているSIMフリースマホはミドルレンジのスマホが大半で、最新かつ高性能のSIMフリースマホは海外版の逆輸入品を選ぶかSIMフリー版iPhoneを選ぶことになりますが、いずれの場合も端末価格が高いことがデメリットになるでしょう。

04-03

格安SIMを利用するには、通信料金が安いのですから、その他の点ではある程度の割り切りが必要です。

関連記事

格安SIMでスマホをお得に賢く運用!3つのポイント!
格安SIMでもっとお得なスマホライフ!でも契約方法は?
格安SIMが続々登場!今後のモバイル界の動向と市場の行方

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket