格安SIMカードは目的別で選べ!無駄なくスマホを使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

格安SIMはこの頃、雑誌などのマスコミが取り上げる機会が増えたことにもよるのでしょうが、サービス開始間もない頃と比較すると大分知名度が高くなり、興味を持つ人も増えて来ました。

しかし認知度が高くなると同時にサービス事業者の数も増加しており、事業者の選択が難しくなっていることも事実です。
格安SIMはご存じのように大手通信キャリアと比較して圧倒的に安い通信料金が魅力です。

通常大手通信キャリアのスマホですと毎月の通信料金は7千円位が平均的な通信料でしょう。
これに対して格安SIMの場合はサービス事業者によって異なりますが、一カ月の通信料金は最安では1000円程度、かなりヘビーに使っても3000円程度で済むことになります。

ただし通信料金がいくた安くとも通信回線が安定していて、速度も不満に感じられることのない品質でないと、高くとも大手通信キャリアの方がよいことになり、格安SIMを選んだことを後悔することになります。

失敗しない格安SIM事業者の選び方をご紹介しますので、選択時の参考にして下さい。

17-01

格安SIMのメリットとデメリット

まず格安SIMには通信料金が安いと言う大きなメリットと共に、さまざまなデメリットがあり、デメリットを承知した上で契約をしないと、後で後悔することになります。

最も大きなデメリットは、キャリアメールが使えないことです。大手通信キャリアのスマホは購入・契約と同時にメールアドレスが付与され、購入と同時にメールが使えます。

また機種変更の時はメールアドレスを引き続き使用できます。格安SIMの場合はサービス事業者がメールを提供することはありませんので、自分で準備することになります。

GmailやYahooメールなどのフリーメールを使い、事前にメールアドレス変更の連絡や、メールアドレスを登録しているサイトへの登録情報の変更が必要になります。

もう一つ大きな違いは、大手通信キャリアでは当たり前の「通話定額制」は一部の格安SIM事業者にしかなく、大半の事業者は「通話従量制」だと言うことです。

通話をよく使う人は

はっきり言って、格安SIMを使うことには向きません。
格安SIM事業者で通話定額プランがあるのはNifmo、楽天、DTIなど限られていますし、これらの事業者の回線品質の評価はDTI以外は芳しくありません。

もし通話をメインに使っている人が格安SIMに移行するのであれば、IP電話にシフトし通話回線を極力使わないことがポイントです。
DTIの通話定額プランは月額2000円以上かかりますから、大手通信キャリアの2700円定額と比較して少々安い程度です。

また通話時間5分以内に限ってのかけ放題ですから、ドコモのかけ放題ライトと同じ仕組みで、かけ放題ライトの方が月額1700円と料金は安いです。

格安SIMに移行することは通信キャリアを変えることですから、電話番号が変わるのは当たり前です。これを機会にIP電話を利用しましょう。

データ通信が多い人は

02-01

通話は受信が主で、メールはインターネットが主なスマホの使用方法の人は、格安SIMへの変更で大きなコストメリットを得られます。
データ通信料金の比較では同じデータ容量でも格安SIMの方が料金が安いです。

ただし格安SIMの料金プランは大手通信キャリアのようにデータパックが細かく分けられていませんから容量が大きめのプランで契約し、自分の月々のデータ使用量に合わせて、後日にプラン変更をするのがよいと考えます。

10GBで契約しても3000円台ですからかなり安くなりますね。事業者によっては余ったデータの翌月繰り越しや契約容量を複数SIMでシェアできるプランもありますから、これらのプランがある事業者であれば、最大容量で契約してもよいでしょう。

更に通信料金を節約したいのなら、WiFiを利用することで小容量のデータパックで契約する方法もあります。

ライトユーザーの人は

02-02

たまに電話やメールをする程度、ゲームはしない、動画も見ない、普段のコミュニケーションはもっぱらLINEと言った人であれば、最安プランで契約すれば毎月1000円未満の通信料金で済みます。

更にLINEにかかるデータ通信料無料という事業者もありますから、通信料金は劇的に下がる可能性があります。
格安SIMへ変更することで最もメリットがあるのは、スマホのライトユーザーに分類される人たちです。

ヘビーユーザーの人は

インターネット、ゲームは毎日、動画もビデオも見る頻度が高いスマホのヘビーユーザーの方の場合は、格安SIMよりもSIMフリースマホの端末性能が問題となってしまうかも知れません。

SIMフリースマホとキャリアスマホとを比較すると、端末性能はキャリアスマホの最新機種の方が圧倒的に優れています。
キャリアスマホの動作に慣れている場合、SIMフリースマホではゲームや動画がスムーズに楽しめない、画面が固まる、動作が遅いなどの不満を感じるでしょう。

また通信回線も時間帯によって速度が落ちる場合があるので不満を覚えることもあるでしょう。
端末性能の問題は、格安SIM事業者がSIMとセットで販売している機種ではなく、SIMフリー端末専門店でスペックの高い端末を購入することで解決できます。

通信回線の速度の問題は速度が速く、安定している事業者を選択することで回避できます。

まとめ

格安SIM事業者はそれぞれに回線速度の遅い、早いがありますから、月例の格安SIM事業者の回線速度調査(webで公表されています)を参考にして上位にランキングされている事業者、それも複数月連続で上位にランクされている先を選択すればハズレはないです。

格安SIMはデータ通信料金が安いことが一番のメリットですから、通話する機会が多い人はこれを機会にLINEやIP電話をコミュニケーションツールとして使うようにシフトすることをおすすめします。

関連記事

あなたはドコを選ぶ?格安SIMカードおすすめ4社を徹底比較
安心して使うために…格安SIMで抑えておくべき注意点3つ
なにがどう違うの?格安SIMを徹底比較 ランキングトップ5

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket