ドコモユーザー必見!機種変更なら4つもお得になっちゃう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

【どこよりもお得にiPhoneへ乗り換えるならこちら!】

16-m

ドコモユーザーの方で機種変更を考えている人はMNPで他キャリアに乗り換えるか、それともドコモで継続するかの二つの選択肢があります。

MNP乗り換えの場合は転入した時はそれなりのメリットを得ることができますが、二年後にはメリットがなくなり再度MNPをしなければ転入時と同じ程度のメリットが得られないこともあります。

ドコモユーザーの方はよほどの不満がない限りは、ドコモに留まって同キャリアで機種変更をすることをおすすめします。
その理由は、ドコモは他のキャリアと比較した場合に、長期契約ユーザーをより重視する方針があるからです。

契約期間が長ければ長いほど有利な契約条件を得ることができますから、現在ドコモのユーザーの人は機種変更の時もMNPで転出せずにドコモに留まり、ドコモのユーザー歴を積み上げて行った方がよいです。

ドコモで機種変更をするメリットを4つあげてみますので、ドコモユーザーの方は参考にしてみて下さい。

ドコモオンラインショップのメリット

05-01

機種変更をする時に、どこで機種変更の手続きをしますか?
家電量販店の手続きカウンターでしょうか?それともドコモショップ?街中の携帯ショップ?これらの中で最もおすすめできないのはドコモショップです。

なぜならドコモショップはいつ行っても混雑しており、長時間待たされます。
やっと自分の順番が来ても今度は開通と設定で待たされ、下手をすると丸一日つぶされてしまうこともあります。
家電量販店や代理店の方がまだマシですが、それでも開通、設定の間は待たされることになります。

時間とお金の点でドコモオンラインショップで機種変更手続きをすることをおすすめします。
まず実店舗のように待たされることなくスムーズかつ短時間で手続きが完了します。端末は宅配便配送ですから、ショップまで受け取りに行く必要もありません。

回線の開通もオンラインショップ経由で自分で行いますから、自宅にいながら短時間で完了します。
実店舗では機種変更の事務手数料や頭金などが必要になりますが、オンラインショップでは無料で機種変更手続きができます。

また店頭で手続きをすると必要のないオプションに半強制的に加入させられますが、そんな煩わしさからも解放されます。
時間とコストを節約できるオンラインショップで手続きをしましょう。

ずっとドコモ割

05-02

ドコモユーザーの人が機種変更の時にドコモ継続で機種変更をした方が良い理由の一つが「ずっとドコモ割」と言う割引制度です。

ドコモは長期契約ユーザーを優遇していますから、機種変更の時には同じドコモで契約してユーザー歴を積み上げて行くと有利になります。

「ずっとドコモ割」はドコモのユーザー歴が4年以上の場合から適用され、それ以降8年、10年、15年の刻みで割引額が増えて行きます。

4年は長いと感じるかも知れませんが、二年契約で契約して、契約満了時にもう一回二年契約で機種変更をすれば4年はすぐに経過します。

更にドコモで機種変更を継続すれば「更新ありがとうポイント」としてdポイントが3000ポイント、、契約更新の度ごとにもらえます。

感謝のきもちスマホ割

05-03

これも長期ユーザー向けの割引制度ですが、ドコモとの契約年数が4年以上でドコモが指定する機種に機種変更した場合に毎月の割引制度の「月々サポート」の金額が上乗せされる割引制度です。

ドコモの指定機種とはドコモの最新機種の全機種になります。
通常機種変更をする時はその時々の最新機種に変更する場合が大半と思いますから、ユーザーが4年を超えていれば、この制度の対象となります。

MNPひきとめポイント

裏技的な事項になりますが、どのキャリアでもMNPで転出したいと申し出る人に対しては、引き続き同じキャリアで契約をするように説得することが常です。

auでもソフトバンクでもMNP転出を申し込んだ人にはポイントを付与することと引き換えにMNPを思いとどまるよう説得される場合があります。

ドコモの場合はこの時の付与ポイントが他キャリアより高く、ユーザー歴が長いほど付与されるポイントが多くなります。
ただ面倒なのは、電話でMNP番号の発行を申し出て、オペレーターと交渉する必要があることです。

ポイントの話が出てこない場合に、「ポイントをもらえればMNPを思いとどまる」と言って交渉することに抵抗がなければ、試す価値はあると思います。

ユーザー歴が短いとポイントは出ない場合が多いですが、ユーザー歴が10年以上の人であれば多額のポイントがもらえるチャンスです。ダメ元でチャレンジすることをおすすめします。

まとめ

ドコモは長期契約のユーザーに対しては徹底して優遇する方針を持っていますから、機種変更の場合はドコモの契約を継続してメリットを受けた方がよいと考えます。

MNPでキャリアを変える場合は、初めの二年間はMNPの割引を受けることができますが、その後はMNPを繰り返さない限り大きな割引メリットは望めなくなります。

MNPは実店舗に行かないと契約ができないと言うデメリットもあります。
長期的に考えると現在ドコモユーザーの人はドコモでの契約を継続してユーザー履歴を伸ばした方がメリットがあるものと考えます。

関連記事

ドコモからソフトバンクなら2倍お得!機種変更キャンペーン
【特別割引クーポンで超お得】ドコモで機種変更するためのメソッド
クーポン利用で即機種変更!老舗ドコモの神対応集5選!

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

スマセレクト

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 月額0円スマホを選べる
  • SIMが豊富

デメリット

  • 海外で使用できない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket