app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

ドコモ 新着

様々なライフスタイルに合わせて進化を遂げたドコモの携帯電話

投稿日:

日本で大手の携帯会社といえば、【ドコモ・ソフトバンク・au】の三社になります。
その中でも最大手のドコモは日本電信電話公社NTTグループの子会社です。
初めに携帯電話を購入するならドコモからという方がいらっしゃるほど人気の会社ですが、様々に変化するライフスタイルに合わせて売り出す携帯電話の種類も、料金携帯も変化を遂げています。
そんなドコモの歴史と現在の形態などまとめてみましたのでご紹介致します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

ドコモってどんな会社?

もともとドコモは【日本電信電話公社】が移動型の通信サービスとして始めたポケットベルを売り出し始めたことがNTTドコモの起源です。
NTTグループでドコモ以外も様々な会社がありますが、その中でもドコモが7割の売り上げをあげているということなので相当大きな会社だということがわかります。

docomoの名前

ドコモは英文字で【docomo】と書きますが、この名称はある文章の頭文字をとって名付けられています。
Do Communications over the Mobile network
つまり、移動通信網で実現する積極的で豊かなコミュニケーションの頭文字です。
携帯電話会社として、わかりやすいネーミングですよね。

携帯電話事業はどんなことをしているの?

現在国内の携帯電話市場でドコモの市場占有率はトップです。
iPhoneの取り扱いが一番遅かったにも関わらずトップをキープ出来ているというのはすごいことではないでしょうか。

爆発的なヒット、iモード

iモードは、キャリアメールや携帯電話を使ってのwebページ閲覧が出来る、世界初のサービスです。
といっても今やスマートフォンが当たり前ですからインターネットの閲覧が出来ないなんて信じられないですよね。

ドコモの料金体制


ソフトバンクやauに比べて、ドコモはブランド志向なのか全体的に高いイメージがついています。
しかし、ドコモにも様々な割引プランが用意されていますので月々の使用料金も元々は高くても割引を複数つけることでお安くなります。

ドコモの割引プラン

例えば【U25応援特割】では、新規契約時(ナンバーポータビリティーも可能)に契約することで、25歳以下の方は毎月1,850円の割引が適用されます。
これは25歳になるまで何年でも適用されますので学生さんは嬉しい割引ですよね。
また、この割引は25歳以下のご家族と家族契約をしている方は毎月1,350円の割引を受けることが出来ます。
ただし、対象機種がiPhoneもしくはXiスマートフォンのみとなっています。
また、ナンバーポータビリティーばかり割引になるのでは、長期間同じキャリアを使っている方には不利になってしまいますが、ドコモでは長期ドコモの契約を続けている方にも割引があります。
【ずっとドコモ割】ではパケットパックの料金が、ドコモの利用年数によって割引が適用されるようになりました。
5年・8年・10年・15年と年数によって割引金額が異なります。
もちろん長ければ長いほどお安くなるので、長期間ドコモでいる方には嬉しい割引となります。

バリューコースとベーシックコースの違い

ドコモで携帯電話を購入する際に最初に選ぶことがあります。
・バリューコース
・ベーシックコース
この2つのうちどちらで契約するかを選ぶことになります。
まず、携帯電話の本体料金の支払いですが、他社では一括支払いもしくは分割支払いどちらかを選ぶことになりますが、ドコモではバリューコースならば一括でも分割でも選ぶことができますが、ベーシックコースですと一括払いのみとなります。
その代わり、携帯端末購入代金から15,000円割引があります。
逆に、バリューコースがお得なのは月々の基本料金がベーシックコースに比べてお安くなる点です。

基本料金について


バリューコースの基本料金は、1,864円・3,000円・5,000円・8,000円・13,000円の5つのコースがあります。
いちねん割引やファミ割などの割引プランを使うと更に安くなります。
しかし割引プランを使ったとしても月々の無料通信分は変わらないのが良い点です。
基本料金のコースは、金額が大きくなればなるほど無料通信分が多くなること、そして30秒あたりの通話料金が安くなるので、たくさん通話をする方は無料通信分が多いプランを選ぶと良いでしょう。
ベーシックコースの基本料金は、3,600円・4,600円・6,600円・9,600円・14,600円の5つのコースがあります。
ベーシックコースでも、ファミ割やひとりでも割の割引プランが使えます。
通話料金については、バリュープラン、ベーシックプランどちらも変わりはありません。

通話料金について

では、5つのコースでどのプランを選べばいいのかといいますと、目安があります。
前述で説明した無料通信分に注目してみましょう。
基本料金が一番安いタイプシンプルでは1か月あたりの無料通話分が約13分程度です。
電話ではなく、メールやインターネットを主に使う方は基本料金を抑えるためにシンプルプランを選ぶと良いでしょう。
次のタイプSSでは、無料通信分が約50分程度に増えます。
毎日少しだけ話す機会があるけれども長電話はしないという方はこちらのプランがお得に使えることでしょう。
逆に、長時間電話をするのが好きだという方は、タイプLLプランを使うことで、最大550分以上無料で話すことも可能です。

ビジネスにも使える種類も豊富


ドコモの携帯電話は、プライベートだけではなくビジネスに使うのにも最適な種類が豊富に用意されています。
例えば、P-01では長持ちバッテリーが採用されています。
ビジネスでは、取引先との電話が多いこともありますが大事な商談の最中で電話が切れてしまっては大変。
長時間話せるバッテリーだと安心ですよね。
防水機能が搭載されている機種も豊富です。
雨の時にも使える機種はビジネスシーンでも活躍することでしょう。

まとめ

ドコモは、めまぐるしく変わる携帯電話の常に最新を歩んできました。
家電話から持ち運べる携帯電話へ。
携帯電話からなんでも出来るスマートフォンへ。
現在ドコモではSIMカードを抜き差しすることなく複数の端末を切り替えることが出来る機種も発表しています。
これからの先のドコモの進化も期待できそうですね。
※タイトル画像:http://goo.gl/O29L7t

関連記事

【保存版】今ドコモを使っている人向けのiPhone6料金比較表
iPhoneを安く買う!1番お得に購入する方法まとめ
高評価はiPhone6 それとも6Plus?過激口コミ・レビュー8選
【完全保存版】iPhone6の価格・料金プランを3社徹底比較!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-ドコモ, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.