app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

新着 白ロム

安いだけが取柄じゃない各社の高性能携帯を徹底検証!

投稿日:

今や大きなシェアを占めるスマートフォンですが、その中でも未だ不動の人気を誇るのが『iPhone』ですよね。
そして今話題となっている『iPhone6s』ですが、世の中にはまだまだ他にも沢山の携帯があります。
とにかく安かったり、他にも機能性が高かったりとありますが、今回は安く、そして高性能な携帯をご紹介させて頂きたいと思います。
格安スマホの種類も増えてきて、SIMフリーを取り巻く環境は数年前と比べると様変わりしてきました。ユーザーが選び放題の時代になりつつはありますが、多すぎて何を選べばいいのかわからない人が多いのもまた事実。そこで今回は、使用用途ごとにオススメのスマホをピックアップしてみたので購入の参考にしてください。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

『スマートフォン』

では知ってる方もいるでしょうが、まずスマートフォンについておさらいです。
最近よく耳にする「スマートフォン」という言葉ですが、元々はメールやPIM(個人情報管理)などの機能を搭載する「高機能な携帯電話」程度の意味しか持っていませんでした。しかし、これらの機能が一般の携帯電話の標準機能となった今では、「スマートフォン」の定義もだいぶ変化しています。現在「スマートフォン」と呼ばれているのは、「パソコンと同等のメール機能を持ち、パソコンと同等のインターネット閲覧機能を持つ携帯端末」ということになるでしょう。つまり、iモードなどの携帯電話向けインターネットサービスではなく、パソコンなどで利用される普通のインターネットを使える、パソコンの機能に近い携帯電話のことを「スマートフォン」と呼んでいるのです。
具体的にいうと、スマートフォンには以下の3つの流れがあります。
3種類のスマートフォン
1、OSにマイクロソフトのウィンドウズモバイルを搭載したもの
2、アップルの『iPhone』
3、RIM社の『BlackBerry』
があります。
このうち、「iPhone」と「BlackBerry」は、1社が作った独自の方式を持つスマートフォンでありますが、スマートフォンのための共通のプラットフォームである「Windows Mobile」は、さまざまなメーカーから独自の個性を持ったモデルが数多く登場しています。Windows Mobile搭載機種であれば、メーカー、キャリア問わずどの機種でも共通した高い機能性を利用可能で、特にインターネットやメールの機能性においては、他の追随を許さない節があります。パソコンとのデータ連係などの機能も充実しているため、現在のスマートフォンにおけるスタンダードになっています。

ラインやメール機能メイン

テキストメインでの利用なら高性能・大画面の端末は必要ありません。4インチ程度で手のひらに収まるサイズをお勧めします。しかし、老眼などで視力が弱っている人は5インチサイズを選んでください。
*『freetel』
フリーテル SIMフリー スマートフォン priori2 (Android 4.4.2/4.5inch/標準・micro SIM/ホワイト)FT142A-Pr2-WH
3G回線なので、リッチコンテンツ利用に耐えられる仕様ではありませんが、メール・LINEと割り切れば十分利用可能な端末。安くてもいい・子供のスマホとして、など割り切れるなら1万円という端末価格は大きなメリットになります。
*『Huawei』
SIMフリースマートフォン Ascend G6
価格2万円の割に質感が高く、厚さ7.85mm重量115gと携帯性にも優れています。LTE通信可能なので、先のpriori2よりも割り切りがない分、メイン端末として利用するならこちらの方がおすすめ。フロントカメラが500万画素と自撮りも考慮したスペックとなっています。
*『Xperia Z3 Compact SO-02G』
ドコモの2014年冬モデルで、ハイスペックながら3万円後半〜4万円で購入できる白ロムです。市場に流通してる4インチスマホでも最高性能を誇ります。手に収まるサイズでスペックを妥協したくない人はコレか「iPhone5s」の2択ですね。注意点としてドコモの白ロムは「テザリング」が利用できないのに注意してください。

ネットサーフィン・ゲームメイン

ネットサーフィンやスマホゲームを利用するなら5インチモデルがおすすめです。特にネット利用は1度に見れる情報が増えますのでチマチマ画面をスクロールする必要がなくなります。老眼による視力低下が気になる人も、文字が読みやすい5インチ以上のサイズを選びましょう。
*『エイスース』
SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)
格安スマホ代表のASUS「ZenFone5」の後継機として投入されたZenFone2 laser。5インチ画面の格安スマホとしては、性能が高い水準でまとまっているコスパの高い端末です。兄貴分のZenFone2とひと目ではっきりと分かる性能差は、5インチ画面解像度が1280×720であること。無印ZenFone2の5.5インチフルHDに比べるとどうしても画面の精彩にかけてしまいます。
それでも3万円前後で買えるスマホとしては、非常に高い性能なので予算が限られた人にはベストな選択となるでしょう。
*『Huawei』
SIMフリースマートフォン P8 lite
2万円後半から3万円で買える価格のSIMフリー機として、デザインと性能のバランスがとれているスマホです。カメラは1300万画素、サウンドにもこだわっている端末という点を考慮すると、5インチ1280×720のモニタ解像度なのが惜しいところです。しかし、コスパは高いスマホなので、老眼で小さい画面や文字が見にくく感じている人にとっては、性能以上の使いやすさを感じられるスマホかもしれません。
*『Xperia Z3 SO-01G』
compactじゃない方のZ3。フルスペック5インチスマホ。フルHDディスプレイ・防水防塵・手ぶれ補正付き2070万画素カメラ・フルセグと日本人がスマホに望むほとんど全てが詰め込まれてます。予算5万円以内で何買えばいいのかわからん!って人はこれを買ってください。デザイン洗練されているので物欲も満たしてくれる逸品です。

動画視聴がメイン

LINEから動画視聴まで1台で済ませたいワガママなあなたにぴったりのスマホたち。5インチ以上の画面サイズを持つファブレットと呼ばれるグループです。高額な端末も多いなか、できるだけ安く買える端末を紹介します。
*『Sony XPERIA Z Ultra C6833 』
3万円台で買える防水搭載ファブレット。発売してから随分と時間が経ちましたが、今でもこいつのデザインを超えるファブレットはないと思ってます。かっこいい、そして大きい。ファブレットはiPhone6Plusのような丸っこいデザインより、ultraのようなスクエアデザインの方が好みです。すでに生産終了した端末ですが、今でも海外SIMフリー機やauの白ロムが市場に出回っています。au版ultraは最近UQ-mobileが使いやすい格安SIMを発売したので、利用価値が高まっています。半身浴のお供にもぴったりのスマホです。
*『ASUSTek ZenFone2』
( SIMフリー / Android5.0 / 5.5型ワイド / デュアルmicroSIM / LTE)
ASUSの放つハイエンドSIMフリースマホZenFone2。
インテルCPU+最大メモリー4GBと容量64GBのストレージ。あまりある性能と5.5フルHDで処理の重たいゲームもサクサクプレイできる懐の深さをもちます。
最新のスマートフォンとあって、他の格安スマホとは比べ物にならないスペックです。
反面、5万円という価格設定は格安スマホと言いにくい金額です。
性能を考えたら格安ですが、どうしても安く手に入れたいひとは、メモリ2GB/ストレージ16GBモデルの並行輸入品を狙ってみるといいかも。タイミングが良ければZenFone2 laserの予算で購入できるかもしれません。ただし、技適やサポートの問題も絡むので、購入利用は自己責任でおねがいします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は格安スマホ、それでいて高性能な携帯を機能別にご紹介させていただきました。
これを機に、ぜひご購入の足がかりにしてみてくださいね。
では良いケータイライフを。
※タイトル画像: http://goo.gl/49S2UC

関連記事

国内のスマホ価格比較!日本一安い携帯キャリアを探そう!
iPhone6s の3キャリア価格をまとめてみた
低価格スマホ、気になる機能面や使い心地は実際どうなの?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-新着, 白ロム

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.