app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

Android iPhone スマホ 新着

Android機種からiPhoneにデータ移行する時のポイント5選

投稿日:

iPhoneは日本でもシェア率が高く、人気のシリーズとなっています。さらには主要キャリアと言われる、ソフトバンク、au、docomoの3社すべてから、アップルストアからはSIMフリーのiPhoneが販売されている事もありますます人気となっています。iPhoneを長く使っている場合は、新しいiPhoneへの移行もスムーズに行えると思います。しかし今までAndroidを利用していて、iPhoneにデータ以降をする場合は何に気を付ければ良いのでしょうか。バックアップからデータ以降の方法とは。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

Googleアカウントを使う

Androidユーザーの多くが、購入した際にGoogleアカウントを作成していると思います。iPhoneへデータの移行を行う際も、Googleアカウントを使って行えます。
まずはデータの移行をするために、バックアップを行います。その前にデータ移行をしたくないものや電話帳の整理をしておくと、スムーズに行えます。設定からアカウント→アカウント追加→Googleと進めば設定ができ、アカウントの紐付けが行えます。同期したいサービスにチェックを入れて、バックアップをしておきます。
次に新しく使うiPhoneにデータの移行を行います。iPhoneの場合は、アップルストアからGoogleのアプリをインストールして、ログイン後作業を開始します。同期していたデータを読み込めば、データの移行が行えます。データ移行作業が完了したのちに、電話帳などの中身を確認しておきましょう。

アプリを使う

アカウントを作成していない場合は、JSバックアップアプリでもデータの移行が行えます。アプリを使って電話帳だけではなく、画像などのデータの移行が行えるのは作業もスムーズに進みます。
AndroidでJSバックアップアプリをインストールして、データ移行したい項目をチェックします。その後iPhoneでもJSバックアップアプリをインストールして、読み込みを行うとデータの移行が完了します。
この際に、ログインする際のパスワードなどを忘れないようにしておきましょう。新しいiPhoneを購入した際に以前の端末が使えなくなっていれば、新たに通信が行えません。データの移行をスムーズにするために、パスワード管理は大切です。

iCloudを使う

iPhoneをバックアップする際には、iCloudを使って行えます。Androidでもアプリをインストールすれば、iCloudにバックアップが行えます。その後iPhoneでiCloudにログインをしてデータの移行を開始します。
iCloudをiPhoneで使う際は、Wi-Fi環境であることが重要です。自宅にWi-Fi環境が無くても、今ではフリーのWi-Fiスポットが増えているので活用してみるのも良いのでは。

ドロップボックスを使う

Androidで撮影したたくさんの写真や動画。思い出の写真も大容量のiPhoneだと大量に保存できるので、データの移行をしておきたいですよね。写真などのデータは、Dropboxでの管理が良いと言われています。
Dropboxのアプリをインストールした後に、アカウント登録を行います。設定からカメラアップロードをオンにしておくと、撮影した写真が自動でDropboxに保存されていきます。iPhoneでもDropboxをインストールすれば、データの移行はスムーズです。
さらに他の人と共有すれば、写真をお互いに保存しておくことが出来ます。友人と共有のフォルダを作成してみるのも良いのでは。パソコンなどから、音楽など書類も共有可能です。インストールしておくと、役立つ場面も多いのでは。

SNSの移行や画像の移行に活用する

データの移行をするのは、電話帳や写真だけでなくアプリも移行したいですよね。特に連絡手段として多く使うSNSなどは、iPhoneでも使うと思います。データの移行を行う前に、まだAndroidが通信出来る状態の間に、必要な情報を入力しておいたり、パスワード設定などの確認をしておくことが大切です。
JSバックアップアプリなどでアプリを移行すると、すべてのアプリのデータ移行がされます。しかし新しくiPhoneで使えないAndroid向けのアプリの可能性もあります。アプリのデータ移行は、判断しながら行う方が安心です。
またアカウントを作成したSNSなどは、改めてログインをしなければいけません。今まで使っていたアカウントのデータ移行をするために、パスワードを覚えておくことが大切です。
iPhoneでもSNSアカウントなどは、同一のものを使いたいですよね。
SNSは、画像のデータ移行にも使う事が可能です。フェイスブックの自分のアカウント上に、閲覧が自分だけしかできないフォルダを作成します。その中に写真や動画などデータ移行したいものをアップロードして、iPhoneでログイン後保存していきます。LINEなども、トークルームにあるアルバムを使えばデータの移行が行えます。そのためLINEのアカウントはiPhoneでも同じものをつかえるように設定しておくことが大切です。
アプリのデータ移行をする際には、パスワードを覚えておくことも大切だと思います。たとえばゲーム系のアプリをiPhoneで再び最初からやり直すのも面倒ですよね。
AndroidからiPhoneへデータの移行は、難しいと思っている人も多いかもしれません。しかし、バックアップの方法もデータの移行もスムーズに行えます。日頃からバックアップを取る習慣があれば、もしもの時も、データ移行をする際もスムーズに進められると思います。iPhoneへのデータ移行、大切なデータを移す事が出来れば良いですよね。
※タイトル画像:https://goo.gl/BWwjx8

関連記事

機種変更でiPhoneへ!データ移行で知っておきたいトップ5
iPhoneにデータ移行をする時に気を付けるべきポイント5選
知っておきたい!スマホのデータ移行を簡単に出来る方法!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-Android, iPhone, スマホ, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.