簡単お得!auからソフトバンク乗り換えをお勧めする3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

auユーザーの方で他キャリアへの乗り換えを考えた場合、選択肢はドコモとソフトバンクの二択になりますが、どちらが有利だと考えますか?

安定と信頼のドコモに乗り換えるか?積極的にキャンペーンを打っているソフトバンクにするか?選択肢は二つしかありませんが、悩ましい問題です。

もしコストメリットを第一に考えて、できるだけ安くMNPをしたいと思うのならば、ユーザー側の条件にもよりますが、一般的に言ってコストメリットがあるのはソフトバンクになります。

通信キャリア大手3社はいずれも乗り換え転入の場合には、さまざまな特典を付けてユーザー数の拡大を図っていますが、ソフトバンクの場合はキャンペーンの種類、内容共に他キャリアと比較してお得感の高いものとなっています。

実質ゼロ円は政府の指導で廃止の方向へ向かっていますが、限りなくゼロ円に近いレベルでのMNP乗り換えも可能です。
auからソフトバンクに乗り換えることが有利な理由を3つあげてみます。

MNP転入するだけで割引

04-01

ソフトバンクでは乗り換え転入するだけで割引が得られる「ウェルカム割」と言う割引制度があります。
条件はソフトバンクと新規契約をし、「スマ放題」か「スマ放題ライト」と「データ定額パック」の組み合わせ、または「ホワイトプラン」と「パケットし放題フラト」の組み合わせで契約することです。

通信料金が二年間に渡って10368円(月額432円)が割引となります。
一カ月に換算すると大きな割引額ではありませんが、オプション契約が無料でつけられると考えればメリットはあるでしょう。

またウェルカム割は他のキャンペーンととの併用ができ、「下取りプログラム」や「家族紹介キャンペーン」、「おうち割」などと組み合わせることで、より大きなメリットを受けることができます。

下取り範囲が広い

04-02

MNPをすれば、今まで使用していた端末は不要になりますから、大手3キャリア共に旧端末の下取りを実施しています。
ソフトバンクの場合は「乗り換え下取りプログラム」で旧端末の下取りを行っています。

ソフトバンクの下取りプログラムの特徴は、下取り相当金額の受け取り方法を、通信料金からの割引、ソフトバンクカードへのチャージ、商品券またはポイントの3種類から選べることです。

他キャリアの下取り条件と同じで、大前提は電源が入り、正常に動作する端末が下取りの対象となります。

これだけですと他のキャリアと同じなのですが、ソフトバンクでは他のキャリアでは下取りの対象とならない故障端末を買い取る「故障端末買取キャンペーン」があり、動作不能の故障端末を一人最大5台まで買取り、Tポイント付与の形で最大35640ポイントを還元します。故障端末はどこのキャリアでも買取りをしませんから、使えない故障端末がある場合には大きなメリットになると言えます。

キャッシュバック率が他キャリアより高い

一時期「MNP本体ゼロ円」などと派手に広告を打って販売している携帯ショップを目にしたことがある人は多いかと思います。
大半は街中のキャリア直営店ではない代理店や独立系の携帯ショップがこのような販売をしていました。
政府の指導でセロ円での販売は各キャリア共に自粛することで合意していますが、ゼロ円ではなくともキャッシュバック販売は家電量販店やキャリアの系列代理店などで未だに実施されています。

キャッシュバックは直営店のソフトバンクショップでも出ることがありますが、出ない場合もあって期待はできません。
また家電量販店の場合はキャッシュバックの金額は代理店よりも少ない場合が多く、代理店経由でMNPを行った場合がキャッシュバックは最も高額になります。

ソフトバンクの系列代理店は他キャリアの代理店よりも高率のキャッシュバック販売をしている場合が多いので、ネットやツイッターなどで探せば相当数がヒットします。

その中でも狙い目はネット専業店か郵送で契約が可能な先です。これらの代理店では見積もりや相談が可能な先がほとんどですから見積もりを取ってどの程度のメリットを受けることができるのかを確認してみることをおすすめします。

まとめ

学割の終了、光回線との抱き合わせ割引の縮小など政府主導の「適性価格販売」が原因で一時の激安販売はなりを潜めたように思えますが、合法的な割引制度やキャンペーンを上手に組み合わせれば、お得な価格で本体を購入する、または月々の通信料金を下げることができます。

割引、キャンペーンには組み合わせが可能なものと不可能なものがあって、一般のユーザーにはわかりにくい側面がありますから、代理店の知恵を借りることが一番お手軽にメリット計算ができるものと考えます。

不要なオプションとの抱き合わせになることもあるかも知れませんが、許容できるオプション加入であれば割り切って加入して割引やキャッシュバックのメリットを取ることもよいでしょう。

仮に代理店経由でなく直営店やオンラインショップ経由での契約でも、割引と下取りで十分メリットはあります。
乗り換え先はまずソフトバンクを第一に考えて見ましょう。

関連記事

びっくり…ソフトバンクからau乗り換えでそんなにお得なの?
今こそガラケーを!auからソフトバンク乗り換えで3つの節約
auからソフトバンク乗り換えで、料金が安くなる3つの理由

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket