app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au iPhone6sキャッシュバック 乗り換え

auに乗り換えてiPhone6sをお得に手に入れる3つのステップ

投稿日:

現在、docomoやSoftbankなどで携帯電話を契約されている方でauに乗り換えてiPhone6sを購入しようか検討されている方はauに乗り換えたあとどのくらいお得になるのか、auに乗り換える時のキャンペーンはないのだろうかと考えているのではないでしょうか。
携帯電話は、今の私たちには生活するにあたってなくてはならない道具の一つになっていると言えます。
しかし、携帯電話を利用するのは利用料金もかかりますし新しいiPhone6sを手に入れるためには端末代金や手数料などもかかるのが基本です。
今回は、auに乗り換えしiPhone6sをお得に手に入れたいと考えている方に行ってほしい3つのステップをご紹介致します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1. お得なキャンペーンを逃さない

下取りプログラム(乗りかえ)は絶対に使うこと

auに乗り換えを検討されている方が絶対に忘れてはいけないキャンペーンの一つとして「下取りプログラム(乗りかえ)」があります。
このキャンペーンでは、現在使っているdocomoやSoftbankの端末を下取りしてくれるというキャンペーンになります。
今までは、同じキャリア内での機種変更時には下取りを行うことが出来ていましたが別キャリアからのMNPでの移動時には残念ながら下取りということは行っていませんでした。
しかし、auではdocomoやSoftbankで使っていた端末を下取りに出すことでお得にiPhone6sを手に入れることが出来ます。
16-03
このキャンペーンが適用できるのは、docomoとSoftbankの2社になります。
SIMフリー携帯などで契約されているキャリアがその他の場合はこのキャンペーンの対象外となってしまいますのでご注意ください。

下取りプログラムの適用条件

auへ乗り換えする際の下取りプログラムの適用条件は以下の通りです。
条件1. 他社からMNPを使ってauに乗り換えと同時に、auスマートフォンもしくはauケータイをご購入すること
この条件についてはauに乗り換えすることを前提としているので問題はないでしょう。
MNPを使った乗り換えについては、乗り換え先(今回の場合はau)の携帯電話を購入するときに同時にMNPでの乗り換えという契約を行います。
よく勘違いされてしまう方が多いのが「新しい端末(今回の場合はiPhone6s)を購入するのは、直営ショップでないとだめ」という点ですが、MNPを使ってauに乗り換えについてはau直営ショップでなくてもかまいません。
家電量販店でも良いですし、インターネットサイトで安く購入できるところもありますのでそちらを使っての購入でも問題はありません。
もちろん、auの直営ショップでもauのオンラインショップからでもMNPを使って購入が出来ますしオンラインショップでも下取りプログラムを申し込むことは可能です。
条件2. 「下取り対象機種」が故障、水濡れがなく正常に動作すること
現在使っている携帯電話が壊れてしまっているという場合は下取りプログラムの対象外となってしまいますのでご注意ください。
条件2については以下のような端末については正常品とはならないとされています。
・電源が入らない
充電をしっかりとしている状態でもオンオフが出来ないものは正常品としては取り扱ってくれません。
・充電を行っても充電ランプが点灯しない
充電池自体がおかしいのか、端末の何かの配線が切れてしまっているのか詳しくはわかりませんがこれも下取り不可です。
・暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
どの端末でもそうですが、ショップとはいえ他人に携帯電話という個人情報の集まっているものを引き渡すのですから全てのデータを削除して初期化しておくことが重要です。
・水濡れシールに水濡れ反応がある(メーカー指定箇所を確認します)
ガラケー時代は電池パックを外すと水濡れシールがあったので素人でも一目瞭然でしたが、スマートフォンになり現在は端末のどこにあるのかは情報を開示していないメーカーもあります。
もしもお風呂場で使用していた場合や、雨に濡れてしまって中に水が入ってしまっている可能性がある場合は要注意です。
・製造番号が確認できない、改造などメーカーの保証外となるような場合
iPhoneで改造を行う方は少ないのですが、Androidでは改造を行って自分独自の携帯電話にされている方もいらっしゃいます。
しかし、改造を行った場合基本的にメーカーの保証対象外になることが多くあります。
この状態では下取りは不可とされます。
・ご契約者が下取り対象機種の所有権を有さない端末
例えば、今使っている携帯電話は残しておきたいけれども友だちが昔使っていていらなくなった端末があるからそれを下取りに…と考えている方、これは下取りの対象外になります。
auに乗り換えをする契約者本人の名義で使っていた携帯電話が下取りの対象になります。
・ネットワーク利用制限(不正契約・不正取得端末利用制限)されている端末(各社「ネットワーク利用制限」ホームページより確認可能)
基本的にこちらも、通常契約で改造をしていなければ引っかかることはありません。
14-m

下取り金額※2016年7月現在

下取りの金額というのは、一定ではありません。
例えば新機種が発売される頃には安くなってしまうのが一般的です。
現時点での下取り金額は以下の通りです。
iPhoneシリーズ
iPhone 6 Plus:128・64・16GBモデル
最大 27,000円(最大 1,125円 × 最大 24回 )
iPhone 6:128・64・16GBモデル
最大 24,840円(最大 1,035円 × 最大 24回)
iPhone 5s :64・32・16GBモデル
最大 22,680円(最大 945円 × 最大 24回)
iPhone 5c:32・16GBモデル
最大 17,280円(最大 720円 × 最大 24回 )
iPhone 5:64・32・16GBモデル
最大 5,400円(最大 225円 × 最大 24回 )
iPhone 4s :64・32・16GBモデル
最大 3,240円(最大 135円 × 最大 24回 )
iPhone 4:全容量
最大 3,240円(最大 135円 × 最大 24回 )
iPhone 3GS/3G:全容量
最大 3,240円(最大 135円 × 最大 24回 )
Androidシリーズ
【Xperia】
Z5
最大32,400円(最大1,350円×最大24回)
Z4/A4
最大21,600円(最大900円×最大24回)
Z3・Z2/A2
最大16,200円(最大675円×最大24回)
Z1/Z1f・Z/A
最大10,800円(最大450円×最大24回)
【Galaxy】
S7 edge
最大32,400円(最大1,350円×最大24回)
Active neo・S6・S6 edge・Note Edge・S5 Active
最大21,600円(最大900円×最大24回)
S5・Note 3
最大16,200円(最大675円×最大24回)
J・Note 2
最大10,800円(最大450円×最大24回)
(最大10,800円)
S4
最大8,640円(最大360円×最大24回)
その他(docomo・Softbankから販売された機種)
最大8,640円(最大360円×最大24回)
【ケータイ】
docomo・Softbankから販売された機種
最大8,640円(最大360円×最大24回)
この様に古い携帯電話でも、正常品と判断されれば下取りに出すことが出来ます。
諦めずに確認することをおすすめします。
BLADE_Q_plus_WHT_m

2. 今使っている携帯端末の情報の移行と削除をする

アプリや電話帳、写真のデータを移動する

現在iPhoneを使っている方は、他キャリアからauに乗り換えた時にもiPhoneならばiTunesを使うことでアプリや電話帳、写真のデータも簡単に移動することが出来ます。
かなり昔のアプリで、対応していないということがない限りはほぼアプリも使えると思って良いでしょう。
しかし、他社AndroidからiPhone6sへ乗り換えの場合は簡単には行うことが出来ません。
アプリも、AndroidではリリースされていたけれどもiPhoneではリリースされていないというものがあります。
残念ながらこればかりはiPhoneで利用することが出来ません。
電話帳の移行というのは、アプリを使って行うと簡単にできるものが多いです。
無料のアプリでも多くリリースされていますので、電話帳移行アプリを使ってみましょう。
写真についても、パソコンに繋げて一時的に保管しauに乗り換えた後のiPhone6sをデータが入っているパソコンに繋いで移動させるという方法もとれます。

今使っている携帯端末の初期化をしておく

前述した様に現在使っている端末を下取りに出す際には、端末の初期化をしておく必要があります。
これはプライバシーの観点からということが第一に言えますが、下取りの条件にもなっているからとも言えます。
初期化をしていない個人情報が入ったままの携帯端末は必ずデータを削除し初期化を行いましょう。
初期化を行う前に、全てのデータを保存出来ているかどうかをチェックすることを忘れずに行いましょう。

3. MNPの予約を行う

他キャリアからauに乗り換える時に必ず行わなくてはならないのが「MNPの予約」です。
予約の手順は、直営ショップにいくことなく簡単におこなうことが出来ます。

docomoの場合

docomoで契約をされている場合、最も簡単なMNPの予約方法はMy Docomoを使った予約です。
事前に用意しておくものもなく、24時間いつでもスマホかパソコンさえあれば行うことが出来ます。

1. My Docomoを使ったMNP予約方法

まずはMy Docomoにアクセスし、「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧]」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」と進みましょう。

2. 電話を使ったMNP予約方法

電話でMNPの予約番号をとることも可能です。
携帯からの場合は、151へ電話をします。
一般電話からの場合は0120-800-000へ電話をします。
電話の場合は、受付時間が9:00〜20:00と決められていることやオペレーターからの質問などを受けることになります。14-03

3. 直営ショップへ行きMNPの予約をする方法

直営ショップへ行きMNPの予約をすることももちろん出来ますが、待ち時間がかかることや直接話しながらの解約となるので少し気まずい思いをすることになるかもしれません。
MNPはただの解約ではなく、他社への移動ということになるのでキャリアにとっては一番避けたいことになるからです。

Softbankの場合

Softbankで契約をされている場合、最も簡単なMNPの予約方法は電話を使った予約です。
電話でのMNP予約には、Softbankでの契約時に決めた「ネットワーク暗証番号」が必要となります。
インターネットで見ることの出来る「MySoftbank」では、3Gケータイでは予約することが出来るのですがiPhoneやandroidといったスマートフォンではMNPの受付を行っていません。

1. 電話を使ったMNP予約方法

携帯からの場合は、*5533へ電話をかけます。
一般電話からの場合は0800-100-5533へ電話をかけます。
Softbankの場合もやはり、受付時間が9:00〜20:00と決められています。
そしてネットワーク暗証番号を入力することが必須になりますが、もし忘れてしまった場合はオペレーターからの本人確認のための質問に答えることでMNPの予約をすることが出来ます。

2. 直営ショップへ行きMNPの予約をする方法

Softbankでも直営ショップでMNPの予約をすることは出来ますが、やはりdocomoの場合と同じ様に待ち時間がかかることや直接話しながらの解約となるので少し気まずい思いをすることも考えておきましょう。

まとめ

auに乗り換えてお得にiPhone6sを手に入れるまでの3ステップをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
お得にiPhone6sを手に入れたいならば、MNPを使ってauに乗り換えをすることが大前提になります。
もちろん新規で購入することも可能ですし、現在使われている携帯端末を下取りに出さなくともiPhone6sを手に入れることは出来ます。
しかし、せっかくお得になるチャンスですからMNPを使ってauに乗り換え、今の端末を下取りに出してさらに割引金額を大きくすることをおすすめ致します。

関連記事

安くてお得!auに乗り換えると付いてくるオイシイ特典5つ
auに乗り換えてiPhone6sをお得に入手!おすすめ理由3選
今こそauに乗り換えるべき!納得の理由7選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, iPhone6sキャッシュバック, 乗り換え

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.