app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au スマホ 新着

【完全保存版】意外と知らないauスマホの性能比較まとめ!

投稿日:

auのスマートフォンといえば、3太郎と呼ばれる桃太郎、金太郎、浦島太郎のCMの印象が強いですよね。CMの好感度は、とても良いです。
しかしCMのみならず、auのスマートフォンはどんどん高性能に進化しています。最新のauのスマートフォンは、性能を比較してみるとどの端末がどのような点で優れているのでしょうか。2015年以降に発売されたauのスマホたち。軽さや画面の大きさなどを比較してみました。


重量を比較した場合一番軽く、約118グラムと軽量に作られているスマホが「AQUOS SERIE mini SHV31」です。軽くてコンパクトに作られているこのスマホ。小さいからと言って、画面が狭いわけではありません。EDGESTという極限までディスプレイを広げた狭額縁設計になっています。まるで画面そのものを持っているような感覚です。この約4.5インチのディスプレイ。省電力に進化したIGZO液晶ディスプレイになっています。2,120mAhの大容量電池、バッテリーの消費に関する項目をまとめて省エネに設定できる「エコ技」機能、省エネディスプレイ。タフなスマホは、電池の持ちを気にすることなく活躍してくれます。
もともと、コンパクトに作られているスマホですが、片手で使いやすいように「ワンハンドアシスト」が搭載されています。4.5インチの大画面でも簡単に片手で操作が出来るように、画面縮小モードなど多彩な工夫がされています。スマホの入力は、右手で持つ人もいれば左手で持つ人もいます。それぞれに入力しやすい位置にキーボードを移動できる「キーボード幅寄せ機能」も搭載されています。履歴やお気に入りなど良く使う機能は、アイコンのタップで表示される「クイッククランチャー」に集約出来ます。
他のスマホと比較して、手の小さい女性に嬉しい機能がたくさん搭載されています。

画面の大きさを比較した場合、一番大きな約5.1インチのディスプレイは「Galaxy S6 edge SCV31」です。大画面を搭載したボディは、サイドにメタル、リアとフロントパネルに強化ガラスが使われていて高級感溢れるデザインです。光学フィルムを配したガラスのリアパネルは、光の当たり方により豊かな色彩に変化をします。前面と背面ガラスに防指紋コーティングが施されています。指紋も気になりません。大きなディスプレイではより綺麗な映像を楽しむことが出来ます。577ppiのクアッドHD(2560×1440)のSuperAMOLEDディスプレイが採用されていて、細かな文字やディテールもはっきり見ることが出来ます。狭額縁効果で手のひらから映像が浮き出てくるような体験を実現しています。屋外でも屋内でも、環境に合わせて明るさの設定も自由自在に行えます。
また、カメラの画素数を比較した場合もこの端末がメインのカメラで約1,600万画素と最高です。撮影した写真を大画面で確認することも出来ます。手ブレにも強く、綺麗な写真を撮影し、大きな画面で加工など行えます。メインのカメラもサブカメラも、デュアルブライトレンズが採用されていて明るさが前モデルから大幅にアップしています。F値1.9と暗い所でも明るく撮影が出来ます。メインのカメラには光学+電子手ブレ補正機能が搭載されています。また撮影したい瞬間を逃さないよう、高速起動で素早く撮影を行えます。アプリを起動している場合や、どの画面からでもホームボタンを2度押すだけでカメラを起動することが出来ます。
またauのスマホを比較しても、見た目のオシャレさ。スタイリッシュさでは高い人気を誇っているのが「INFOBAR A03」シリーズです。見た目のオシャレさは、ファンが多いのも納得できます。伝統のNISHIKIGOIに加えて、POOL、MOCHABROWN、SAKURAIROとオシャレで洗練されたスマホです。見た目はもちろんですが、中身を比較してもとても優秀です。シンプルが一番使いやすいというのが、良く分かる設計になっています。シンプルなメニュー画面で、操作性も快適です。またauの高速通信である4GLTEとキャリアアグリゲーションにも対応していて、ネット環境も快適です。おサイフケータイ機能も搭載されているのでこのスマホだけでお出掛けできます。

また初めてスマホを持つ方にオススメなのが「BASIO」です。他のスマホと比較して圧倒的に操作がシンプルで分かりやすいのが特徴です。ホーム画面は、大きなアイコンや文字で見やすく表示されています。初めて使う際にも、戸惑うことなく使うことができそうです。スマホに慣れた今は、忘れてしまっているかもしれませんが初めてスマホで電話に出る際、戸惑った経験ありませんか。電話を受けたり、メールを確認するのは光っているボタンを押すだけで良いのです。従来の携帯電話と同じ感覚のボタン操作なので、初めてのスマホも安心です。防水・防塵機能が搭載されているので、日常生活のあらゆる場面に持ち歩くことができます。
また耐振機能も付いているので、カバンやポケットから不意に落としてしまった場合も安心です。通話の際には、耳をどこに当てても聞こえやすいようにスマートソニックレシーバーが搭載されています。受話部の位置を気にすることなく電話をすることが出来ます。また、相手の声の聞こえ方も自分の好みに合わせて設定をすることが可能です。相手の話の速度を落として聞くことも出来るので、電話をするときの不便が解消されそうなスマホです。
このようにauのスマホを比較してみても、それぞれに優れた面を持っていることが分かります。日々進化するスマホ。機種を変更したりする際は、自分がどの機能を重視するかはっきりしておくことが重要です。自分が必要としている機能が分かればその面を比較して、最適なスマホを選ぶことが出来るのではないでしょうか。
※タイトル画像:http://goo.gl/IxB6bT

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

関連記事

【完全保存版】2015年au春モデルのスマホ値段
auの歴代人気スマホからわかる、今後のauスマホ発売傾向
ついにiPhone6を超えると話題!auの最新人気スマホを紹介!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, スマホ, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.