app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au auの料金プラン 最新機種・人気機種

迷ったらau!これで納得!5つのポイントでスマホ徹底比較

投稿日:

スマホを購入する時何を重視しますか?
購入したい機種が特定のキャリアしか取り扱っていないのなら、欲しい機種を優先することになりますが、大半の機種は時期の差はあるものの、ドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアで共通に販売されます。
iPhoneやXperiaが良い例で、人気機種ほど前キャリアで販売されることが多いですから、機種よりもキャリア重視で選択することをお勧めします。
キャリアなんてどこを選んでも同じと考える方も多いでしょう。
しかし各キャリアにはそれぞれ他のキャリアにはないメリットがあります。
auの場合は他キャリアにはない大きなメリットがあります。
またスマホの機種もauでしか購入できない機種がありますから、スマホ購入・契約はauを考えてみることをおすすめします。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

auを選択するメリット

キャリアの選択でauを選ぶ最大の理由は、auのWiFiスポットにあります。ドコモとソフトバンクも公衆WiFiのサービスを行っていますが、auの場合は「データ定額プラン」で契約したauスマホのユーザーであれば、スマホの他に最大5台まで接続ができます。
auスマホ一台持っていれば、PC、タブレットなどその他のWiFi対応機器をauの WiFiスポットで使用できる訳です。
また各キャリアでサービスの提供がされているVoLTEにも独自の特徴があり、画面共有や画面を見たまま通話ができる「シンクコール」や最大で30人まで同時通話ができる「ボイスパーティー」など、ユーザーにうれしい機能が提供されています。
ハード(端末)面ではau独自ブランドのスマホが購入できます。「Infobar」、「isai」、「Qua phone」はauでなければ手に入れることができない製品です。
またauはデータ使用量を他人にプレゼントすることができる「データギフト」もありますからかなり特色のあるキャリアと言えるでしょう。ちょうど2016年の夏モデルが発売されたばかりですので、その中から5機種をご紹介します。

2016年夏モデル、1.Qua phone PX

03-01
Qua phone PXはauの独自ブランドスマホ、Qua phoneの第二弾です。
現時点での発売予定日は7月1日です。店頭には実機が展示してあるので実際に手に取って見られた方もいるかと思います。
カメラ機能に注力し、同時発売のタブレット端末、Qua Tabと写真の連動が図られており、Qua phoneで撮った写真をより大画面のQua Tabで見ることができます。
またデジカメのようにマニュアルでの写真撮影ができることも特徴の一つです。
auの推奨はQua phoneとQua Tabの同時持ちのようですが、Qua phone単独でもオリジナルブランドらしく、スマホ自体の機能も十分なものと言えます。
バッテリーは急速充電対応の容量3000mAhでスタミナ十分ですから、一日持ち歩いてもバッテリー切れの心配は少ないです。
本体サイズは5.2インチディスプレイですが薄さに拘った仕上がりで、手にフィットするモデルです。

2016年夏モデル、2.Galaxy S7 edge

03-02
スマホの両サイドが湾曲したディスプレイを採用したGalaxy s6 edgeの後継機です。
このモデルはドコモとの同時発売となります。
先代のGalaxy s6 edgeの弱点であったバッテリーの問題はバッテリー容量を約1.4倍の3600mAhとすることで解消されています。
s6 edgeでバッテリーの持続性に不満を持っていた方には、うれしい改善と言えます。ディスプレイサイズはs6 edgeより大型化され5.5インチになりました。
ディスプレイが大型化されると気になるサイズですが、縦に大きくなったデザインで更に本体背面にカーブがかかったデザインなので、手に持った感覚はs6 edgeよりも持ちやすく感じられます。
もう一つs7 edgeで改良されたのは、待望の防水・防塵機能が搭載され、国内メーカースマホと同等の使い方ができるようになりました。
Galaxyシリーズの特徴の有機ELディスプレイは非常に明るく見やすく、カメラ機能も秀逸です。ただ大容量バッテリーのためか重量感はかなりあります。

2016年夏モデル、3.Xperia X

03-03
こちらもドコモと同時発売になるXperiaシリーズの最新機種になります。
安心と信頼のXperiaシリーズですが、従来の角ばったデザインではなく四隅の角取りをしたラウンド形状になっており、ポケットに入れた時などに角が引っかかると言った弱点が解消されています。
前作のZ5シリーズと同等の2300万画素カメラを搭載しており、一眼デジカメと遜色のないカメラ性能です。
指紋認証センサーを搭載していますが、電源スイッチと一体化した構造なので、別個に指紋認証をする必要がありません。
このモデルはバッテリー充電の最適化が図られており、通常のスマホだと二年使用すれば著しくバッテリーが劣化するのが宿命なのですが、バッテリーの状況に応じて最適の充電を行う技術を搭載して二年を超えてもバッテリー劣化がおきにくい仕様となっています。

2016年夏モデル、4.htc 10

03-04
台湾のスマホ専業メーカーHTCの製品はSIMフリースマホが先に登場しましたが、SIMフリーと言っても、高価格、高性能の製品でした。
Auから登場したキャリア版のhtc10はHTC史上最強カメラの宣伝文句の通りカメラ機能に注力し、手ぶれ補正+オートフォーカスで簡単に高画質の写真撮影が可能です。
従来からHTC製品では定評のあったオーディオ機能も健在で、オーディオ機能のチューニングの設定ができ、付属のヘッドフォンはハイレゾオーディオ対応仕様になっています。
バッテリー容量はこちらも3000mAhとスタミナは十分です。

2016年夏モデル、5.AQUOS Serie

03-05
シャープ製スマホAQUOS Serieは従来のSHARP製スマホ同様にIGZO液晶搭載で高画質と少ない電力消費を同時に実現したSHARPらしさ満載の機種です。
こちらの機種もバッテリーのスタミナは十分なレベルで更に、省エネならぬ「長エネ」機能が搭載されており、この機能を使用すれば電池残量が20%あれば一日稼働が可能な機能を搭載されています。
またカメラ機能は画素数2260万画素でXperiaと遜色のない高機能カメラを搭載しています。
従来のSHARP製スマホにも搭載されていた「エモパー」などの便利機能も引き続き搭載されており、その機能も更に進化しています。

まとめ

今回ご紹介した5機種の内、Qua phone以外の4機種は今後auが展開していく高速通信サービスの4GLTE+WiMaxのキャリアアグリゲーションに対応しています。
今の時点では本格サービス開始には程遠い状況ですが今年度中にはサービスエリアの充実、拡大が見込まれている本格的な4G通信サービスですから、今の段階で対応する機器を購入しておけば、今後の高速通信サービス開始時にあわてて機種変更をする必要もありません。

関連記事

【比較検討】3分で決められる!auスマホのおすすめはコレだ!
やっぱりauがすごい!1分で納得!よくわかるスマホの比較
auのスマホを機種別で比較!ウワサの機能もご紹介します

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, auの料金プラン, 最新機種・人気機種

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.