app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

Android au iPhone6s

機種が多くて迷ってしまうあなたへ。今季auのベスト3!

投稿日:

4月に入り新生活がスタートしたことに伴い、新しくスマホの購入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、契約更新のタイミングで新機種の購入を検討している方もいらっしゃるかもしれませんね。
auでは2015-2016冬春モデルが発表になって以降、順次新製品が発売されています。
そのためauでスマホを購入しようとすると沢山ある機種の中から選ぶ必要があるため、どのスマホに決めてよいのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは今季auから発売になったスマホの中から人気のある機種3つを厳選して紹介しています。auのスマホ選びで悩んでいる方や、他社からauのスマホへの乗り換えを検討中の方は是非一度ここで紹介している内容を参考にしていただけたらと思います。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

auの人気機種ベスト1  iPhone 6s 64GB


メーカー:Apple
OS:iOS9
auのスマホ人気機種ベスト1はAppleから発売されているナンバーリングのついたiPhoneシリーズの中では最新となるモデルになります。
2014年に発売になったiPhone6とサイズなど外観上は大きな変更が無いようにえますが、CPUやGPUをはじめとして筐体を構成する材質に至るまで多くの変更が加えられています。
iPhone6sはデータ等の保存領域により16GB、64GB、128GBの3モデル準備されており64GBが中でも人気です。
実際に使ってみると16GBではアプリを入れて音楽、写真を同期すると全て入りきらない可能性がでてきます。
使い方にもよる部分がありますがiPhoneの場合には外部メモリの増設用のスロットが非搭載となっているため、購入後の容量アップは不可となっています。
そのため、購入時には少し余裕をもった容量のモデルを購入しておいたほうが良いでしょう。
また、液晶画面には3D Touchと呼ばれる感圧センサーが搭載されています。
これにより、液晶画面をタップした後に更に押し込むことによる操作が可能になっています。
例えば、キーボードを押し込むことで文字入力状態からトラックパッドに切り替わりカーソルの操作が可能になってきます。
iPhoneシリーズでもこれまでにない操作方法を搭載することで、これまで以上に便利に使いこなすことができるようになりました。

主なスペック

サイズ:高さ138.3mm×幅67.1mm×厚さ7.1mm
重量:143g
チップセット:64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ組み込み型M9モーションコプロセッサ
メモリRAM:-
メモリROM:16GB、64GB、128GB
バッテリー容量;
連続待受時間:最大10日間
連続通話時間:3Gで最大14時間

カメラ性能

◇メインカメラ
12メガピクセルiSightカメラ
Live Photos、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、True Toneフラッシュ、
パノラマ(最大63メガピクセル)、写真の自動HDR、露出コントロール、
バーストモード、タイマーモード、ƒ/2.2の開口部、5枚構成のレンズ、
ハイブリッド赤外線フィルタ、裏面照射型センサー、サファイアクリスタル製レンズカバー、
自動手ぶれ補正、強化されたローカルトーンマッピング、強化されたノイズリダクション、
顔検出、写真へのジオタグ添付
◇インカメラ
5メガピクセル
720p HDビデオ撮影、Retina Flash、ƒ/2.2の開口部、
写真とビデオの自動HDR、裏面照射型センサー、露出コントロール、
バーストモード、タイマーモード、顔検出

その他機能

ワンセグ/フルセグ:-
おサイフケータイ:-
防水:-
防塵:-

カラーバリエーション

シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド

auの人気機種ベスト2

Xperia Z5 SOV32

06-02
メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS: Androi 5.1
auのスマホ人気機種ベスト2は、ソニーモバイルコミュニケーションズの人気シリーズの最新機種Xperia Z5になります。
Xperiaシリーズは従来からカメラの性能が他の機種に比較して高い性能を誇っていましたが、今回のZ5では更に高精細になり2300万画素のメインカメラを搭載しています。
また、雨の日やバスルームでも利用可能な防水機能を搭載していることに加えて、液晶画面が濡れていても操作がしやすい高感度なタッチパネルを採用していることもあり、雨天時などでも気にすることなくスマホを使うことができます。

主なスペック

サイズ:高さ146mm×幅72mm×厚さ7.3mm
重量:154g
CPU:MSM8994/2.0GHz×4コア+1.5GHz×4コア
メモリRAM:3GB
メモリROM:32GB
バッテリー容量;2900mAh
連続待受時間:約1250分(VoLTE)
連続通話時間:約500時間(4G LTE/WiMAX 2+)

カメラ性能

◇メインカメラ
約2300万画素 裏面照射積層型CMOSセンサー Exmor RS for mobile
世界最速0.03秒オートフォーカス、デジタル5倍ズーム、プレミアムおまかせオート、進化したHDR
◇インカメラ
約510万画素 裏面照射型CMOSセンサー Exmor R for mobile
進化したHDR、広角25㎜、

その他機能

ワンセグ/フルセグ:○/○
おサイフケータイ:○
防水:防水(IPX5/IPX8)
防塵:防塵(IP6X)

カラーバリエーション

ピンク、ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーン

auの人気機種ベスト3

iPhone 16ギガバイト


メーカー:Apple
OS:iOS9
auのスマホ人気機種ベスト3は、iPhoneシリーズとしては最近の機種となるiPhoneSEになります。
ナンバーリングのないiPhoneということで特殊な位置付けとなるiPhoneです。
今回のiPhoneSEの販売の背景として考えらえることは、iPhone6以降液晶画面が4.7インチまたは5.5インチと大型化しましたが、すべてのユーザーが液晶画面の大型化を歓迎していなかったということがいえるでしょう。
iPhone6発売以降も液晶画面が4インチのiPhone5sの需要はあり、あえて5sを選択しているユーザーもいたほどです。
今回のiPhoneSEの外観はiPhone5sと同様でありながらも、チップセットなどはiPhone6sと同じものが採用されているため性能面ではiPhone6sと同等になっています。
サイズ感が気に入っていてiPhone5sやiPhone4sを使い続けてきたという方にとっては嬉しいモデル展開といえるのではないでしょうか。本体の価格も控えめであることからスマホ初心者の方にもおススメの機種になります。

主なスペック

サイズ:高さ123.8mm×幅58.6mm×厚さ7.6mm
重量:113g
チップセット:64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ組み込み型M9モーションコプロセッサ
メモリRAM:-
メモリROM:16GB、64GB
バッテリー容量:-
連続待受時間:最大10日間
連続通話時間:3Gで最大14時間

カメラ性能

◇メインカメラ
12メガピクセルiSightカメラ
Live Photos、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、True Toneフラッシュ、
パノラマ(最大63メガピクセル)、写真の自動HDR、露出コントロール、
バーストモード、タイマーモード、ƒ/2.2の開口部、5枚構成のレンズ、
ハイブリッド赤外線フィルタ、裏面照射型センサー、サファイアクリスタル製レンズカバー、
自動手ぶれ補正、強化されたローカルトーンマッピング、強化されたノイズリダクション、
顔検出、写真へのジオタグ添付
◇インカメラ
1.2メガピクセル
720p HDビデオ撮影、Retina Flash、ƒ/2.4の開口部、
写真とビデオの自動HDR、裏面照射型センサー、露出コントロール、
強化されたローカルトーンマッピング、バーストモード、タイマーモード、顔検出

その他機能

ワンセグ/フルセグ:-
おサイフケータイ:-
防水:-
防塵:-

カラーバリエーション

シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド

まとめ

ここまでauから発売された今季の人気機種3つを紹介してきましたがいかがでしょうか。
先日発売されたばかりのiPhoneSEもかなりの人気かあり、最も人気のあるiPhone6sも合わせると相変わらずのiPhoneの人気の高さが伺えます。
AndroidスマホではXperiaの最新機種Xperia Z5が最も人気を集めています。基本的には気に入ったデザインやサイズ感の機種を選択で良いと思いますが、Androidならではのおサイフケータイ機能やワンセグ等の機能が必須である場合にはXperia Z5がおススメです。

関連記事

au機種変更するときの5つの注意点【iPhone6s編】
6段階!けど意外と簡単?iPhoneをauに機種変更した体験談
機種変更でキャリアはどうする?au長期ユーザーの本音5つ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-Android, au, iPhone6s

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.