app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au auの最新スマホ・人気スマホ iPhone iPhone6s 新着

auでiPhone6sの機種変更は高い!?価格/料金を抑える秘訣

投稿日:

いまauを使っていてiPhone6sに機種変更を考えているけど、毎月の料金が高くなりそうで心配、と思っていませんか。
今回新しく発売されるiPhone6sは、本体の端末価格も高くなりそうです。
機種変更で新しくした場合は特に割引もなく、この夏から適用される新料金プランの通話とデータが定額の「カケホとデジラ」になるので、すごくたくさん通話するという方でない限りは毎月の料金も今までより?くなってしまいそうです。
でも待ちに待ったiPhone6sは絶対手に入れたい方に、価格や料金を抑えて賢く使う方法を今回はご紹介します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone6sの本体端末価格

iPhone6sの販売価格はまだ正式発表されておらず、前回のiPhone6やiPhone6Plusから予測するのが一般的です。
前回までの価格は以下の通りです。
・iPhone5
16GB 51,360円
32GB 61,680円
64GB 72,000円
・iPhone5S
16GB 700,80円
32GB 80,400円
64GB 90,720円
iPhone5からiPhone5Sになるときも値上がりしていますが、今回もAppleが各携帯会社に1万円前後の値上げ交渉をしていると言われています。
Appleの交渉力を考えると値上げは適用されると考えiPhone5Sの発売当時の価格から予測するとこうなります。
・この秋発売のiPhone6s
16GB 発売なし
32GB 90,400円
64GB 100,720円
(単純に一万円足した金額です。)
本体端末価格はほとんどの方が分割で購入し、月々の料金に上乗せする形になっている方が多いので、あまり実感はないかもしれませんが、こう見るとかなり高額な支払いをしています。
今回のiPhone6sで値上がりすることを考えると、これはかなりお財布が痛いですね。
iPhone6sの価格や料金について詳しく書かれた記事はこちらの【完全保存版】iPhone6の価格・料金プランを3社徹底比較!を御覧ください。

auでiPhone6sにした場合の月々の料金

新しい料金プラン「カケホとデジラ」は、通話はどこのかけても定額の4,200円、そこにデータの容量によって値段が変わるプランになっています。
容量はたくさんあって難しく感じるかもしれませんが、今回は一般的な10GBを比較の対象とします。
下の図を参照して頂くと、10GBプランの場合、月々の基本料金は11,000円となります。
au-iphone6-kishuhen
ここに更にiPhone6sの本体端末価格が毎月に乗ってきます。
前回のiPhone5Sのときは、毎月割という端末代金をauが負担してくれる割引が2,520円/月ついていたので、同じ額がつくと想定します。
32GB 3,760円/(端末価格÷2年)ー2,520円/毎月割 =1,240円/月々の負担額
64GB 4,190円/(端末価格÷2年)ー2,520円/毎月割 =1,670円/月々の負担額
このことからauでiPhone6sに機種変更すると、毎月の料金は(容量は10GBと想定)
32GB 12,240円/月
64GB 12,670円/月
となります。
基本でこの金額なので、結構高くなったなという印象を受けるのではないでしょうか。

MNPで月々の料金を安く契約する

機種変更では高くなってしまうiPhone6sの料金、ならばどうしたら良いのでしょうか。
それはMNPでソフトバンクかドコモに乗り換えてしまうのが1番お得にiPhone6sを使う方法だと言えます。
MNPでauから乗り換えた場合、何も割り引きをつけないで10GBプランを契約した場合、ソフトバンク、ドコモとも、auと同じく月々の料金は11,000円となります。
しかしMNPのみ適用のキャンペーンが存在します。
ソフトバンクならば家族で2台以上契約すると一人あたり25,920円〜割り引いてくれる「家族オトク割」や、ドコモなら家族同時契約で最大10,800円引きになる「ファミリー特割」があります。
その他、本体端末価格も通常の機種変更よりも、MNPで乗り換えた場合は携帯会社が負担してくれる毎月の端末割引の料金が高くなることは間違いありません。
携帯会社は、自社ユーザーを増やすべく必死で競争していますから、MNPで他社から乗り換えてくるユーザーを優遇する傾向があります。
そういったことから、機種変更よりも月々の料金が安くなるのは当然のことなのです。

MNPでキャッシュバックを受け取る

MNPで乗り換えと言うとキャッシュバックが貰えるイメージがありますが、例年のiPhone発売の時を振り返ってみると発売当初はキャッシュバックがつかないことがほとんどです。
何故なら、お店側からするとiPhoneはキャッシュバックなどをつけなくても、在庫がなくなるほどよく売れるからです。
今年のiPhone6s発売時もきっとほとんどのお店が発売時にはキャッシュバックをつけそうにありませんが、その中でもキャッシュバックがつくお店があります。
それがWEB系の携帯販売店の存在です。
WEB販売店はあえて店舗を持たないことで、お店を運営するためにかかる高額の店舗家賃や光熱費、スタッフの人件費などをカットし販売経費を抑えることで、その分キャッシュバックにまわすことが出来るのです。
おすすめWEB販売店について詳しく書かれた記事はこちらのiPhone6買うならここ!話題のスマホweb販売店TOP3をご覧ください。

おさらい

auで賢くiPhone6sを手に入れる方法
・MNPでソフトバンクかドコモに乗り換える
・WEB販売店で予約購入し、キャッシュバックを受け取る
iPhone6sの発売はもうまもなくです。
また今年も発売と同時に在庫切れになり、入手困難になることが予想されます。
是非、お得にiPhone6sを手に出来るお店で、早めの予約をすることをお勧めします。
iPhone6機種変更する時オンラインが選ばれている3つの理由なども、是非活用して下さい。
当ブログの人気記事です。

人気ブログランキングへ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, auの最新スマホ・人気スマホ, iPhone, iPhone6s, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.